« クローバーが完全個室制の理由(05年7月20日記) | トップページ | リフレクソロジストへの道①(05年7月28日記) »

2006年9月16日 (土)

私が好きなこと ~読書~(05年7月21日記)

「趣味は読書です。」←なんだか、知的で素敵な響きです♪ 読書が趣味ということを公言したいばかりに、今年の冬頃から、暇さえあれば本を貪り読むという生活が始まりました。私の本探しの場所は、大抵、BOOK・OFF(しかも、1冊105円のコーナー専門)。読むペースが早いときには、一ヶ月で5冊程度読破してしまうので、正規の値段で購入するのでは財布が悲鳴あげちゃいます。だからと言って、図書館なら借りるのは無料だけど、返却日迄に読み終えないといけないというプレッシャーに負けそうなので、借りる勇気が出ません・・・。そんな訳で、専らBOOK・OFFのお世話になってます。

読むジャンルとしては、小説・エッセイが主。その中でも特に好きな作家さんは、故向田邦子さんと、山本文緒さんです。お二人の共通点は、人間観察の視点がとってもシビアなこと、そして、登場人物の台詞がとってもリアル。お二人の作品は、いつも時間を忘れて一気読みしてしまいます。特に、向田邦子さんに関しては、昭和初期生まれの方であるのに、その思想がとても現代的で、物語の時代背景こそ違えど、登場人物の想いに共感させられることがしばしばなのです。

読書の素晴らしい所は、目で文章を読み、自分の頭の中で風景や場面の映像を自由に想像できること。テレビ等、直接目に映像が入ってくるものとは異なり、読み手によって受け取り方が様々なのが面白い所です。想像力が豊かなことは、自分の人生も豊かになることだと思います。自分がどう生きたいか、そしてどう在りたいか、日々なりたい自分を想像・イメージすることで、理想の自分に近付けるのだと思うのです(もちろん、そこに努力も必要なのでしょうが)。

なんだか、テーマが大きくなってしまいましたが、最近はやっと少しだけ胸を張って、「趣味は読書です。」と公言出来るくらいになりました。私の読書道は、これからも末永く続いていきます。


☆クローバー・あどのお気に入り作品☆

・「大根の月」―「思い出トランプ」より 向田邦子著
・「パイナップルの彼方」 山本文緒著
・「夏の庭」 湯本香樹実著

|
|

« クローバーが完全個室制の理由(05年7月20日記) | トップページ | リフレクソロジストへの道①(05年7月28日記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140865/4615707

この記事へのトラックバック一覧です: 私が好きなこと ~読書~(05年7月21日記):

« クローバーが完全個室制の理由(05年7月20日記) | トップページ | リフレクソロジストへの道①(05年7月28日記) »