« まずはその前に、お引越し。 | トップページ | 一人店主への道(花の吉祥寺編) »

2006年9月21日 (木)

一人店主への道(はじめに)

 皆さん、こんばんは☆今日はとっても、いいお天気でしたね~♪と言うか、暑いくらいでした・・・!

この辺りでは、そろそろお米の収穫が始まっています。稲穂を刈る、あの何とも言えない青臭い香り、私は大好きなんです!「あ~、秋だなぁ。」としみじみしちゃいます。なんだかとっても、落ち着くのです。私にとって、稲穂を刈るあの香りは、ある意味アロマです♪

この時期は、金木犀の香りも漂い始めますね。金木犀の香りにも、ついついウットリしてしまいます♪

季節の移ろいを香りで感じられるなんて、なんだかとっても幸せですね♪日本人に生まれて、本当にヨカッタ!と思う瞬間でもあります。

 

 さて、タイトル通り、これから、私が一人店主へと辿り着いた道のりを、ちょっとずつちょっとずつ、お話ししていきたいと思います。

私が綴っていく事柄や思いは、「あくまでも私の主観である」というコトを踏まえて、読み進んで頂ければと思います。

どうか、よろしくお願い致します。

それでは、はじまりはじまり・・・。

 

 ☆追記☆

具体的な開業までのエピソードは、『続・一人店主への道』をご覧下さいませ。

     

    *******************************************************

 

 2002年11月、ちょっと遠回りをしながらも、念願叶って、私はとうとうプロのリフレクソロジストとしてデビューするコトになった(「リフレクソロジストへの道」参照)。

2年という期限付きで、都内のサロンで働くことは、いつか栃木に戻ってリフレをするための修行、と自分でも考えていた。けれども、この時点では、栃木でどんな形でリフレを続けていくかということに関しては、実はNO PLANだった。

その当時の私は、とにかく、仕事として経験してみたいという気持ちが強かった。仕事として好きになれるかどうかは、実際にやってみないとわからない、ということは、今までの自分の転職人生の中で既に実証済みだった。

だから、まずは経験したかった。

あの頃の私は、2年やってみて、その中で、その後のリフレ人生をどうするか考えていこうと、そんなことを思っていたように思う。思い切って上京はしてみたものの、その先のことはNO PLAN。

計画性があるのかないのか、よくわからない性格だ。

 

 まずは、サロンで働くためのトレーニング(プロトレ)終了後に、配属先が決定する。

基本的に配属先の希望は通らず、通勤1時間圏内であれば、何処にでも配属される。配属先は、プロトレのインストラクターがその人のキャラとお店のカラーを見て、決定する、と専らの噂であった。

希望は一切通らないというコトは重々承知していたけれど、私には働きたい土地があった。

それは、本郷と下北沢。

 

 元々、都会に強い憧れがあった訳でもないし、修行のための上京ではあったが、どうせなら、せっかくなんだから、自分が好きな土地で働きたい、と思っていた。どうせなら、ちょっとくらい、自分なりにステキ☆と思える東京ライフを満喫したい。

私は田舎者故に、人のたくさん行き交う街で働くのだけは絶対に勘弁!で、とにかく、それだけは回避したかった。ちょっとこじんまりした、小さい街で働くのが理想であり、希望。

 

 当時私は成増に住んでいたので、本郷は比較的近いし、こじんまりした街としても申し分なかった。雑貨好きな友人が紹介してくれた、雑貨好きな人には御馴染みの輸入文房具屋さんのSCOSがあるのも、魅力の一つ☆

何よりも本郷で働きたい一番の理由は、上京間もない頃、プロトレの前日に、本郷のサロンで施術を受けたのだが、スタッフの方たちの雰囲気がとってもよかったのだ。「あぁ、この雰囲気の中で働けたら、どんなにステキだろうな・・・。」と妄想癖のある私は、そこで働く自分をぼんやり想像してみては、ウットリした。危険人物である。

それから下北沢は、私にとって、とにかく好きな街だった。音楽や文化、とにかく私が好きなものがいっぱい詰まった街なのだ。そんな中好きなものに囲まれて、毎日働けたら・・・。またウットリしてしまった。完全に危険人物である。

 

 そんな完全に夢見がちな私に、先にサロンで働く友人から、とてもステキなアドバイス(入れ知恵とも言う)を頂いた。

下北沢のサロンは、私の配属時期の頃に新規オープンすることがわかっていた。

そして、社長を筆頭に、会社は前向きに頑張る人、やる気のある人がとっても大好きなのである。

だから、履歴書に「新店の立ち上げに興味あります!」とやる気マンマンに書くといいよ、とアドバイス(入れ知恵とも言う)してくれたのだ。

私は迷わず、速攻、やる気マンマン風に実行してみた。ついでに、本郷で働きたい!ともおまけで書いておいてみた。

 

 そして、配属先の発表当日。

ドキドキしながらも、受け取った書類には、『配属先 吉祥寺(3日間)→下北沢』の文字が!

なんと、やる気マンマン作戦が大成功してしまったのである!It's a ミラクル☆である!!友達のアドバイス(入れ知恵とも言う)大成功である!!入れ知恵バンザイ☆

吉祥寺(3日間)って何?と言う所だが、吉祥寺のサロンは、下北沢のサロンのオープン準備が始まるまでの3日間だけの勤務。3日間だけ吉祥寺で勤務した後、下北沢に異動になるとのこと。実は、私にとって吉祥寺も好きな街であり、上京してから足を運んでいたのだ!

ド本命の本郷ではなかったけれど、吉祥寺&下北沢と自分が好きな街で働くという願いが叶ってしまった。何とも幸先のよいスタートである。この時点で、私のテンションはかなり上がりまくっていた。アドのアドレナリン、出まくりである。

 

 そう言えば、プロトレ中にインストラクターから、「セキグチさんは、劇団員なの?」と質問されたことがあった。理由は全くわからないのだが。私がやることは、そんなにイチイチ、芝居染みていたのだろうか?もしや、劇団員ぽいから、下北沢に配属??だったのか!?まぁ、理由はどうあれ、この際、結果オーライ!である。

でも、しっかし、自分が望んだとは言え、成増→吉祥寺&下北沢、遠いなぁ~。喜びに包まれながらも、一抹の不安がよぎった・・・。

 

 そして、ド本命の本郷。この1年2ヶ月後にはその土地で働くことになるとは、その当時の私には知る由もなかったのだ。

 

 →次回へ続く。

 

 ♪本日のBGM・・・中村一義「1・2・3」

|
|

« まずはその前に、お引越し。 | トップページ | 一人店主への道(花の吉祥寺編) »

コメント

このシリーズ、いいですね。
時間の流れ方のペースがとても読みやすいです。

>「知る由もなかった・・・」 
石の森章太郎の「HOTEL」的で、この後のひと悶着に期待。

投稿: ヨンウエーブ | 2006年9月21日 (木) 02時19分

>ヨン様
おはようございます!
 >石の森章太郎の「HOTEL」的
ありがとうございまーす!!
姉さん、事件です!とまではいきませんが、それなりに、いろんな波が襲って来てたかなとは思うんです。
この先のお話も、高嶋政伸のように進めていけたらと思ってます!
でも、文才ないので、あそこまではオモシロく出来そうにないですぅ~。

投稿: アド | 2006年9月21日 (木) 09時25分

こちらの日記にはお初の書き込みになりますNack@です(汗)
おかしい...
mixiの最新日記に全然表示されてなかったもんで
訪問が遅れて申し訳ありません(汗)

投稿: Nack@ | 2006年9月22日 (金) 00時36分

>Nack@さん
こんばんは☆
ご訪問ありがとうございます♪
申し訳ないだなんて、いえいえ、そんないいんですよ!
元々日記二つ書いてて、サイトの日記をココログに切り替えたのを機に、mixiにリンクしちゃったんです。
あんまりオモシロイ日記ではないかと思いますが、時々こっそり覗いてやって下さい。
これからも、ヨロシクですぅ~☆

投稿: アド | 2006年9月22日 (金) 00時55分

こんばんは☆
ちょくちょく寄らせて頂いております♪
日記がとても面白いですね~~。
楽しく読ませてもらっております。

お伺いしたときに少し教えて頂きましたが、
いやいや、こんな歴史があったとは・・・。
そう、それと私も初めてお会いした時に、アドさんは少し下北を感じさせるような方だと思いました☆
理由はよくわかりませんが(笑)

読めば読むほどアドさんのとりこになっていく私・・・。
これからも楽しみにしてます!

投稿: カトウ | 2006年9月22日 (金) 18時32分

>カトウさん
こんばんは☆
度々ご訪問頂いてるようで、アド感激☆です!
しかも、とりこにまでなって頂いて・・・!!
ホントにありがとうございます♪

私的には、カトウさんと下北のサロンでニアミスしてたという事実に驚きです!
もしかして、担当させて頂いたコトもあったのでは!?と考えると、不思議なご縁ですよねぇ~。
カトウさんには、もういろんな意味で親近感が湧いておりますので!
共に、くだらない好きというコトで、これからもヨロシクお願い致します☆

投稿: アド | 2006年9月22日 (金) 23時21分

>「セキグチさんは、劇団員なの?」
 私がやることは、そんなにイチイチ、芝居染みていたのだろうか?

いやいやそんな意味ではないと思いますよ~。
でも、「アドさんって、劇団員っぽいんだ!」とへんなところに食いついてしまいました。
アドさんの歴史、これからも楽しみに読ませてもらいます!

投稿: サマーK | 2006年9月24日 (日) 13時27分

>サマーKさん
こんにちは!
恐らく、劇団員っぽいアドです!
真相は何なんでしょうね??
そう言えば、小学校時代の学芸会でも、担任はじめクラスメイトから、
「演技がクサイ!」と指摘されてましたよ!?
やっぱり、そういうコトなんでしょうかね。

投稿: アド | 2006年9月24日 (日) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140865/3494306

この記事へのトラックバック一覧です: 一人店主への道(はじめに):

» 美や癒し系の資格とは [就職・再就職案内]
女性に人気といいますか、女性ならではといってもいいでしょう。美や癒し系の資格に注目が集まっています。「癒し」という言葉が.... [続きを読む]

受信: 2006年10月 5日 (木) 00時59分

» 東京ライフ。いかがですか? [Beauty]
Sunday 限られたくつろぎのすべては 明日のためMonday 新聞も 読めずに 靴をはくTuesday 偶然にむかしの 友達をみかけてもWednesday 今はまだ 声をかけたくないI live up to a Tokyo Life雨が降っても 道を選べば 傘をささずに歩けるきずつかないで生きてくために... [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 (水) 15時59分

« まずはその前に、お引越し。 | トップページ | 一人店主への道(花の吉祥寺編) »