« 気分転換。 | トップページ | 一人店主への道(花の下北沢編2) »

2006年10月 2日 (月)

一人店主への道(花の下北沢編1)

 2002年12月3日。吉祥寺での3日間の勤務を経て、下北沢店初日の朝を迎えた。

せっかく少し慣れた吉祥寺店から、新店の下北沢店に異動となったため、また緊張感いっぱいの新たなスタートとなった。

と言っても、今回は、吉祥寺で一緒に働いていた先輩スタッフ2人と共に異動になったり、何と言っても、私を含めた同期7人も一緒に異動になったのだ。宍戸開似のおじさん(一人店主への道~花の吉祥寺編~参照)も心強かったけど、今回はそれ以上にもっと心強い!!ちょっとした同窓会気分~♪(なんて思っていられるのも、最初の内だけだったのだけど・・・。)

 

 初めてのスタッフ同士の顔合わせでは、全員が揃っていた訳ではないけれど、半数近くは知った顔ぶれ。おぉ、友よ!先輩よ!なんて心強いんだ~!!

このメンバーで下北沢店のスタートを迎えた。

 

 正式なオープン日は12月5日。それまでは、オープンまでの準備期間として、備品の準備や先行予約ゲットのためのチラシ配り・ポスティングが主な業務となる。と言うことは、2日間は、お客様の足に一切触れることは出来ない。不安・・・。たった3日間だけ、お客様の足に触れただけなのに、2日も空いてしまうなんて・・・。まぁ、でも、しょうがない。とにかく今は、たくさんのお客様にご予約して頂けるよう、頑張らなくてはいけないのだ。

 

 先行予約に関しては、このサロンではこれだけと言う目標件数がある。オープン前に、いかに多くのご予約を頂けるかどうかは、その後のサロンの鍵となる。多くの方にご来店頂き、そこで気に入って下されば、今度は引き続き、リピーターとして通って頂けるからだ。だから、何としても目標は達成したい所である。と言うか、しなくてはならないと会社からもプレッシャーを掛けられていた。

そんな中で、新人が7人もいたことは結構きつかったんじゃないかと、今になってみると身に染みて思う。まとめる上の人たちは本当に大変だったろうと、今更ながら思う。3日くらいしかサロン勤務の経験がない人たちが、やっぱりそんなに動ける訳はない。そのときは必死で言われたことをこなしていたのだと思うけど、それ以上のことは出来なかっただろうから。

 

 街頭でのチラシ配りも、最初の内はどうしても恥ずかしさが抜け切れず、街行く人たちに大きな声で呼び掛けることがなかなか出来ずに、足を止めてもらえる所か、チラシを受け取ってもらうことすら難しかった。

そうでなくても、冬のチラシ配りはなかなか厳しいものがある。寒さのせいか、皆、脇目もふらず、目的に向かって黙々と歩いて行くし、夕方になると、そそくさと家路を急ぐ。コートのポケットに突っ込んだ手をなかなか出してはくれない。寒い季節は、暖かい季節に比べて、チラシを受け取ってくれる確率がグッと減るのだ。

 

 そして、寒くて、長い一日が終わった。

初日は、目標の半分にも満たないような予約しか頂けなかった。そして、この件に関して、会社側からかなり厳しいことを言われた。とても切なくなるような、それでいて、悔しくなるような・・・。

帰りのミーティングでは、あんなに、リフレって楽しい!と思った自分は、何処かに行ってしまっていた。

でも、その会社側からの苦言により、見返してやりたい!と言う気持ちが芽生えた。それは私だけでなく、恐らく、スタッフ全員に。じゃあ、予約取ってやろうじゃないの!的な。

 

 残り一日の猶予で、どれだけの予約を頂けるかはわからないけど、とにかく、やるしかないのだ。後はとにかく、明日の空模様を祈るばかり。どうか神様、明日は晴れますように・・・☆ 

 

 ここからは、ちょっと余談。

自ら経験してみて、初めてわかること・気付くことがあると思う。

チラシ配りもその一つ。皆、結構、冷たいのね・・・。

今までは、ティッシュ配りやチラシ配りの方の呼び掛けに、知らんぷりしてしまうことも多々あった。でも、自分が経験してみて、受け取ってもらえない、あの何とも言えない切な~い感覚を味わって、初めて配る側の立場の大変さを知った。何よりも、知らんぷりされるのが一番キツイ。自分がまるでそこに存在していないかのように、目もくれずに、足早に通り過ぎて行く。うぅ、切ない・・・。

「そうかぁ、知らんぷりって、こんなに切ない気分なのね。」な瞬間である。

それから私は、チラシやティッシュをなるべく受け取るような習慣が付いてしまっている。もちろん、受け取れないときもあるので、そのときは「ゴメンなさい!」するけど。知らんぷりはせず、とりあえず、「ゴメンなさい!」する。

 

 確かに、受け取ったことにより、更に面倒臭い状況になってしまうこともある。しつこくされるのは、私も好きではない。と言うか、誰でもイヤに決まってる。でも、そのときは、「ゴメンなさい!」の一言さえ言えれば、面倒臭い状況は大抵回避される。まぁ、時には、それでもしつこくされるときもあるけれど・・・。

だから、逆に自分が配る側の立場のときは、しつこい感じにならないように気を付けた。

 

 そんな訳で、チラシ配りはあまり好きじゃない、と言うスタッフは結構いた。でも、私は何気に嫌いじゃなかった。

チラシを配って、お客様をゲットしたときの喜び・達成感からというような、決して仕事熱心な理由からではなく、外の空気を吸って気分転換出来るからと、人間観察出来るからという、残念ながら仕事とは全く無関係な理由から。

人間観察は、私の趣味の一つ♪

街行く人たちの表情や雰囲気を観察しながら行うチラシ配りは、とっても楽しい!老若男女問わず、自分が「素敵だなぁ~☆」と思った方がチラシを受け取って下さり、そのままご来店して下さったときは、それはそれで、とってもウレシイ瞬間!

 

 それから、ポスティングも率先して行っていた。これも、街並みや建物を見て回るのが好きだから故に。

そのときの私の気分は、すっかり渡辺篤史氏である。一人お宅訪問ごっこである。もちろん、渡辺篤史氏になりきって(つまり、モノマネ)、である。

「こんなステキなお家の住人は、どんな方なのかなぁ~?」と妄想を膨らませながらのポスティングは、とっても楽しい!ステキなお家のステキな住人の方が、ご来店して下さったら、これまたステキ☆と思いを馳せて、ポストにコトンと投函するのは、とっても楽しい瞬間!

やっぱり、楽しみながら、仕事しなくっちゃね!

Watanabe   

 

 と言う訳で、若かりし頃の渡辺篤史氏の画像で楽しんで頂きながら・・・、次回へつづく。

 

 ♪本日のBGM・・・ハナレグミ「きのみ」(アルバム「日々のあわ」より)

|
|

« 気分転換。 | トップページ | 一人店主への道(花の下北沢編2) »

コメント

うっ、チラシ配りの下り、耳が痛かったです 汗
私もあんまり受け取らないですね~一応会釈はしてるんですけど(アドさんの「ごめんなさい!」と同じ意味で)
今度から受け取ろうかな・・・

アドさんのなんともいえない優しげなオーラは、こういう大変な体験に裏付けられた積み重ねにあったんですね。納得。

大丸神戸店の入り口向かいのCAFEから、デパートに入る人たちの観察をするのがシュミのウメモトでした♪

投稿: ウメモトリエ | 2006年10月 2日 (月) 16時18分

>ウメモトさん
こんにちは!
チラシ配り、以前は、ちょっとうっとおしい!なんて思ってしまうこともありましたが、今では、ご苦労様です!と思ってしまいます。
 >一応会釈はしてるんですけど
これだけでも、十分ですよ!
必要ないものは、やっぱり受け取る必要ないと思いますので。

ウメモトさんも人間観察がご趣味なんですね♪
やっぱり、うお座のO型同士ですね~(笑)

投稿: アド | 2006年10月 2日 (月) 17時21分

はずかしい。
チラシ配りはその一言に始まり
無力感に終わるみたいな
そんなイメージです。
(まだ未経験)

似ているものに
募金を募った事があったこと。
あしながおじさん基金だったような…
交通遺児のための寄金だったのは覚えているけど・・・


最初は声を出すのが恥ずかしくて。
でも小さい声の方がもっと惨めで。
無視されるの。つらいっ!
でも逆に少しでも入れてくれた人には
もう感謝感激アメアラレでした。
幾らくれるかなんて全然関係ない。

募金する側だと小銭だからあげられるけど
小銭だから恥ずかしいって言うのもあって
募金したくない気持ちの方が上回っちゃうのもある。
今赤い羽根募金の真っ最中。
ボーイスカウトの子達が呼びかけてくるのに
挨拶だけして通り過ぎるのは
「大人って冷たい」って思われたくないことと
無関心だと思われたくないからとても居心地の悪い事だった。
シールタイプのものを貰ったのだが
出張の為に東京駅で山手線に乗り換えた時に既に紛失。
・・・
また嫌な、申し訳ない気持ちになる。

話しは反れましたが
アドさんのように配れない人もいるのは確かで
私は貰う人の雰囲気をみます。

きっと下北も喝が入ってみんなの心意気が道行く人に伝わって
たくさんのお客様がいらしたのでしょうね。

続きが楽しみです。

投稿: * Fiona * | 2006年10月 2日 (月) 19時51分

>* Fiona *さん
こんばんは☆
新しい活動の場は、いかがですか?
順調にスタート出来たのでしょうか?
レポ、楽しみにしてますね!

で、募金。
あぁ、募金もチラシ配りと似てますよね。
募金の方が、切ないかもしれないですね。
私、募金は毎度「ゴメンなさい!」してますねぇ・・・。
これからは、考え直します!

 >私は貰う人の雰囲気をみます。
そうそう、コレ大事です!
興味ありそうな方の手元目掛けて、チラシを配る。
コレ、チラシ配りの王道です!
でも、アスファルトの上で、ヒール履きながらのチラシ配りは、さすがに腰にきました・・・。
リフレって、いろんな意味で、肉体労働です。

投稿: アド | 2006年10月 2日 (月) 20時38分

アドさん、こんにちは!

私はボディショップで半年間働いていた時に、
ちょっとだけ配ったことがあります。
意外とはずかしくなかったような…。

でも、チラシ配りでなくても
それまでデスクワークで内にこもり系だった
私としては、この接客業は自分が開いていく
感覚があって、変わっていくようで、
それが良かったかな~。

今は派遣でデスクワーク系ですけど、
もくもくとただ打つだけの仕事だと
やっぱ、人間暗くなりますね(笑)

投稿: おはる | 2006年10月 2日 (月) 23時59分

ごめん、日記の内容より、このイラストに食いつきすぎてしまいました。ちょ~可愛い!!!
特に上の方の、左上からちょこっと顔覗かせる憎い奴!!
ヤバイね、ヤバすぎ。

ごめん、こんなコメントで・・・

投稿: JUNJUN | 2006年10月 3日 (火) 00時14分

>おはるさん
おはようございます!
今日は、めっさ早起きアドです。
おはるさんは、チラシ配り経験者なんですね。
自分が開いていく感覚、ですかぁ~!
私は、そういう感覚あったかなぁ・・・。
う~ん、思い出せない(笑)
あ!今思ったのですが、恥ずかしさは、きっとあの制服のせいだと思います!!
あんまり書くと、またネタバレになっちゃうので、この辺で・・・。

今日もお仕事ですね。
座りっぱなしは腰にきますから、時々ストレッチしながら、程よく頑張って下さいね!


>JUNJUNさん
おはよう!
ココログのテンプレート、カワイイでしょ!
気分転換に替えてみたの♪
 >ごめん、こんなコメントで・・・
いやいや、コメントしずらい日記へのコメント、ありがとう(笑)
まだまだ、カワイイのいっぱいあるから、これからも楽しみにしててね。
あ、内容じゃなく、テンプレートのイラストね(笑)

投稿: アド | 2006年10月 3日 (火) 05時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140865/3600283

この記事へのトラックバック一覧です: 一人店主への道(花の下北沢編1):

« 気分転換。 | トップページ | 一人店主への道(花の下北沢編2) »