« 一人店主への道(花の下北沢編1) | トップページ | 2歳になりました。 »

2006年10月 3日 (火)

一人店主への道(花の下北沢編2)

 2002年12月4日、下北沢店2日目。そして、明日がオープン日。

残り一日で、どれだけ先行予約を頂けるか、とにかくやるしかない状況。

お天気は願いも空しく、生憎の空模様。更に追い討ちを掛けるように、午後からは冷たく、激しい雨が・・・。雨の日なんて、皆傘さしているから両手がふさがるので、益々チラシを受け取ってくれない。

神様のイジワル・・・。

 

 神様は味方してくれなかったけど、冷たい雨の中、とにかく必死でチラシを配った。前の日はあまり出せなかった声も、2日目ともなると、だいぶ恥ずかしさも消え、大きく出せるようになってきた。とにかく、ちょっとでも目標に近付けたい、見返してやりたい一心で。

チラシ配りとポスティング、そして企業回りと、皆一丸となって頑張ったけれど、生憎のお天気のせいか、思ったような成果を得られなかった。

「また、会社からいろいろ言われるんだろうなぁ・・・。」なんて思いながら、トボトボ店に戻ると・・・、アレ!?電話がジャンジャン鳴っている!

そう、前日から必死に行ったチラシ配りやポスティングの成果が、今ここで初めて実ったのだ!

 

 残念ながら、目標件数には届かなかったけど、前の日の寂しい予約状況に比べたら、見違えるようなご予約の嵐!!ウレシイじゃないですか!!寒空の下で頑張ったことが、とっても報われたような気分になった。

下北沢店はオープンを前にして、会社側からは悲しいくらい期待されてなかったのだけど、これでちょっとだけ見返してやったような気分になった。

やっぱり、神様は味方してくれたのね☆

 

 そんなこんなで、なんとか沢山のご予約を頂き、晴れて、オープン日を無事に迎えることが出来たのだ。感謝、感謝!

 

 12月5日、下北沢店、オープン初日。

昨日とは打って変わって、お天気良好の小春日和!何とも清々しい朝を迎えた。

 

 で、オープン当日の記憶と言えば・・・。実は、ほとんど何も覚えていない・・・。とにかく、忙しかった!という、ただそれだけ。

下北沢店は商店街に面した路面店で、外階段のある2フロアーのサロン。吉祥寺店は駅ビルの中の1フロアーのサロンだったため、お客様の導線やご案内の仕方、バックヤードの使い方など全く異なった。それは私に限らず、新店に異動してきたスタッフ全員に言えることで、とにかく何が何だか訳がわからずに、お客様をこなしていったと言う感じ。クレームもなく、よく一日が無事に過ぎたなと、今でも思う。

ホントに、その日のコトは、ほとんど覚えていないのだ。

 

 たった一つ、覚えているコトと言えば・・・、リラックス プラスの店主である、同期の赤尾さんが残してくれた武勇伝だけ。

本人の名誉に関わる(?)ので、多くは語らないでおくが、とても素晴らしい(笑える)伝説を残してくれた。担当したお客様に、あんなコトしちゃって・・・!!でも、お客様はとーっても気持ち良さそうに、眠っていらっしゃった♪そして、その後もずっーと、下北のリピーターさんでいて下さった。

気持ちよかったから、結果オーライだけど、赤尾さん、見られた相手が悪かったね!私はこれからも、赤尾伝説を語り継いでいくつもり!その気、マンマン!!

 

 そんな赤尾さんも、今では従業員を抱える、立派な店主である。あのときの伝説があったからこそ!なのか!?果たして・・・。でも、今ではいい思い出。皆で集まれば、必ずその話題で盛り上がる。

下北沢店の立ち上げスタッフは、もう皆、それぞれの道を歩んでいるけど、今現在も、同志なのである。仲間がいるって、やっぱり素晴らしいと、つくづく思う。皆の存在があるから、私は一人でも頑張れる。本当に出会えたコトに感謝!である。

 

 こうして、オープン初日は、赤尾伝説以外は何にも記憶に残ることなく、何とか無事に終わっていった。

 

 オープン当初の私は、とにかく必死に日々を過ごしていた。業務を覚えるコト、お客様をこなすコト。とにかく、必死な日々。

そんな中で、お客様から施術後に掛けて頂ける「気持ちよかったです!」の一言は、本当にありがたく、嬉しかった。その一言があるから、頑張れた。忙しく、必死ながらも、充実した日々だった。

 

 今改めて思うのは、サロンスタッフとして、新店の立ち上げに関われたコトはとてもラッキーだったと思う。この経験は、私が一人店主としてスタートしたときにも、きっと活かされていたはずだと思う。履歴書に「新店の立ち上げに興味あります!」と書いていなかったら、と言うより、友人からの入れ知恵がなければ、経験するコトは出来なかった。

改めて、友人に感謝である。

 

 それと、これはあくまでも、私個人の考えなのだけど、個人で開業する場合、その時期をいつにするかは結構重要。冬の時期は、避けた方がベスト。この業界は、夏場が稼ぎ時で、冬場は客足が遠のくと言われている。私の考えるベストシーズンは、4~5月にかけての春。開業して、少し落ち着いてきた頃に忙しい夏を迎え、ある程度、固定のリピーターさんが付いた頃に、厳しい冬を迎えるのがベストじゃないかと。

 

 そして後に、下北沢店も厳しい冬の時代を迎えるコトになる。

やっぱり、寒い冬の時期のオープンは厳しかったっす!

そんな寒くて、厳しい下北沢で過ごす日々の中で、私の思いがいろいろと変化していく。私のリフレ道の基盤となるような変化、である・・・。

 

 →次回へつづく。

 

 ♪本日のBGM・・・荒井由実「12月の雨」

|
|

« 一人店主への道(花の下北沢編1) | トップページ | 2歳になりました。 »

コメント

ども、またまたおはるです。
今はお仕事休業中です。暇なもので(笑)
次回は10月後半から…。

アドさんが働いていたところは、
ポスティング&企業回りもされてたんですね~。

アドさんの思いが変化していく
次からがすご~く興味があります!!
楽しみっ。

来週、レイキ発祥の地、京都の鞍馬山に行ってきます。
エネルギースポットらしいですね。。
アドさんは既に行かれましたか?

投稿: おはる | 2006年10月 3日 (火) 14時24分

>おはるさん
こんばんは☆
あ、お休み中だったのですね。
心も体も、ゆっくり休めてあげて下さいね!

で、鞍馬山ですか!
私は行ったコトないです。
鞍馬山・・・。
そう言えば、今日行って来た表参道のスクールでも、鞍馬山に行くワークショップやってたな・・・。
んん??もしや、私も鞍馬山に呼ばれてるのかしら・・・!?
おはるさん、鞍馬山に行かれて感じたコトなど、是非、教えて下さい!
レポ、お待ちしてますね♪

投稿: アド | 2006年10月 3日 (火) 23時28分

実は私も他のレイキを身につけている方が行くというのを聞いたり、
京都関連の情報をよく見るようになって、
鞍馬山に行った方がいいのかなと勝手に思いこみました(笑)

最初は日光に行く予定だったんですよ!!
急変更しました。

そしたらまた伝染して、他のレイキヒーラーが
やたらと鞍馬山情報を聞くらしく…。
たぶんアドさんも呼ばれてマス。

どうした鞍馬!レイキヒーラーを呼んでいるのかあぁぁ。

投稿: おはる | 2006年10月 4日 (水) 00時44分

>おはるさん
こんにちは!
またのコメント、ありがとうございます♪

エッ!日光にいらっしゃる予定だったのですか!?
そうだったんですねぇ。
う~ん、お会い出来ないのは残念!
でも、きっと、おはるさんとは、いつかお会い出来そうな気がしてるので♪
鞍馬山、存分に楽しんで来て下さいね!
そうそう、日光東照宮や二荒山神社もエネルギースポットですよん☆

投稿: アド | 2006年10月 4日 (水) 17時01分

またまたご無沙汰してました~!
下北沢編、師走の街の中で、チラシをくばるアドさんの姿を思い浮かべながら読みました。寒かったでしょうね…
しかし、印象深いことがたくさんあったんですね。
こんなに詳しく一つ一つの出来事を覚えているなんて!!
そしてこれから訪れるらしいアドさんの思いの変化、楽しみにしております!

投稿: サマーK | 2006年10月 4日 (水) 23時46分

>サマーKさん
サマーさん、こんばんは☆
忙しいのかな~って思ってました。

 >こんなに詳しく一つ一つの出来事を覚えているなんて!!
私、記憶力だけはいいんですよ!
でも、受験には全く活かされませんでしたが。なんで!?
そうですねぇ~、リフレのお仕事は、全てが初めて経験するコトばっかりだったのでねぇ。

今後は、ペースアップして書いていきます!
あ、更新のペースではなく、時間の流れです。
だって、まだサロンデビューしてから1週間くらいまでしか話が進んでないですモン。
また、お時間あるときに、覗いてやって下さいませ☆

投稿: アド | 2006年10月 5日 (木) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140865/3634285

この記事へのトラックバック一覧です: 一人店主への道(花の下北沢編2):

» ベスト電器エアコンパソコン価格情報【ベスト電器価格コム】 [ベスト電器価格コム]
ベスト電器のエアコン、パソコン価格情報!ベスト電器のオススメ商品紹介! [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 01時22分

« 一人店主への道(花の下北沢編1) | トップページ | 2歳になりました。 »