« 早いもので・・・。 | トップページ | 一人店主への道(花の下北沢編4) »

2006年11月 5日 (日)

一人店主への道(花の下北沢編3)

 2002年12月5日。無事に下北沢店のオープン初日を迎えるコトが出来た。

先行予約とオープン割引などの効果もあり、サロンは連日大盛況だった。毎日がバタバタと過ぎていき、とにかく必死に日々を過ごしていた。そして、必死ながらも、充足感でいっぱいに満たされていた。

 

 私は会社側からしてみたら、会社が大好きとする、とてもやる気のある、前向きな新人スタッフだったと思う。比較的早い段階で指名して下さるお客様もついたし、コースの延長も積極的にお声掛けし、延長もどんどん取っていた。

けれども、その会社で上に上り詰めたいとか、成功したいとか、そんな野望はちっとも持っていなかった。

ただ、指名や延長を取ることは、自分が認められたようで、とても嬉しかった。お客様が喜んで下さるコトも嬉しかったけど、それ以上に、自分が嬉しかったのだと思う。

技術に関しては、他人よりも時間が掛かって習得したし、1度目のプロトレでは「全然、出来てない!」と言われ続けてきたから、やっと認めてもらえたという気持ちが強かったのだと思う。

 

 お客様に「気持ちよかったです」とおっしゃって頂く度に、本当に嬉しかったし、あの辛かった日々が報われたようで、毎日が本当に楽しかった。このお仕事に就くコトが出来て、本当にヨカッタ!と心から思った。

 

 今思えば、当時の私には、自分のリフレスタイルというモノがしっかりと定まっていなかったのだと思う。「こんな風にお客様と向き合いたい」と言うような、自分のリフレ道。

ただソコにあるのは、「お客様を癒して差し上げるコトで、自分が癒されたい」という気持ち。そして何よりも、「お客様に“気持ちよい”と思ってもらいたい」という気持ち。

なんだか・・・、とても自分本位。でもその当時の私は、紛れもなく、そう言った気持ちでお客様と向き合っていたのだ。

 

 バタバタと忙しく年末を迎え、そして年が明けた。

年が明けると、オープン記念の割引キャンペーンも終了し、それと共に、お客様の客足が徐々に遠のいて行った。正に、冬の時代の到来。

今でもはっきりと記憶しているが、その年は例年になく寒い冬で、東京でも珍しく、何度か雪が積もった。路面店の客足は、悲しいくらい、天候に左右される。

 

 週末には、たくさんのお客様がご来店になるが、平日の昼間ともなると、なかなか施術に入れないという状況が続いた。年内は、あんなに目が回るほど忙しかったのに・・・。

施術に入れない平日の昼間は、自動的に、寒空の下でのチラシ配り、そしてポスティングの日々となる。施術に入りたいのに入れないと言う状況は、かなりのフラストレーションになった。そして、相変わらず、街行く人々は冷たい・・・。でも、そこで腐っている訳にはいかなかった。

「今はきっと種蒔きの時期で、暖かい春の訪れと共に、たくさんのお客様が必ず足を運んで下さる!」

スタッフみんな、そんな思いだったと思う。

 

 そして、それと同時にほぼ毎日のように、人手の足りない他店へのヘルプ(お手伝い)にも誰かしら向かわされた。

私にとって、ヘルプは精神的に苦痛であった。ヘルプでは優先的に施術に入れるので、たくさんのお客様の足に触れられるというメリットもあるし、勉強にもなる。けれども、異なる環境での施術や接客は、いつも以上に気を遣うし、とにかく疲れた。

毎朝、スタッフと顔を合わせると、「今日は誰が売りに出されるのかなぁ・・・。」とビクビク脅えていた。正に、ドナドナの子牛の気分である。

 

 私にとって、苦痛でしかなかったヘルプだけれど、一度だけ、働きたいサロンのド本命、本郷店へのヘルプに行く機会があった。このときばかりは、自ら「私が行きます!」と張り切って名乗り出た。だって、たった一日とは言え、憧れの本郷店で働ける、またとないチャンスなのだから。

本郷と言う土地は、秀才たちの学び舎・東大があると言うだけでなく、ビジネス街でもある。そのため、平日はたくさんの人々が行き交う街だけれど、週末や祝日ともなると、街行く人の数がまばらになる。平日と週末では、街の顔が全然違うのだ。

 

 私がヘルプに行った日は祝日と言うコトもあり、店内はとても落ち着いていて、ゆったりとした時間が流れていた。施術する側がとても心地よいペースで接客出来るので、お客様もとてもリラックスされている感じ。週末や祝日となると、人が溢れ返る街・下北沢にあるサロンに流れる慌しい空気感とは、全く別モノであった。

そして、スタッフの皆さんがとても気さくで温かかった。私が初めてお客様として来店したときと同じように、温かく迎えて下さった。本郷店に流れる空気は、街自体の特性もあるけれど、それだけではなく、スタッフの方たちの温かさからでもあったのだ。

 

 今まで一度も楽しいと思えるコトがなかったヘルプだけれど、このときばかりは、心から楽しいと思えた。そして、本郷で働きたいと言う気持ちにも拍車が掛かった。

 

 と言っても、本郷のサロンで働くコトは現実には難しく、そしてそれ以上に、その頃には、私自身、下北沢のサロンに愛着が湧いていたのだ。お客様との信頼関係、そしてスタッフとの絆がいつの間にか心地よいモノになっていたのだ。何だかんだ言っても、下北沢店が好きになっていたのだ。

 

 下北沢のサロンに戻ると、相変わらずのチラシ配り、ポスティング、ヘルプ三昧の日々。売上はなかなか上向きにはならない。

そんな中、慕っていた先輩方がサロンを去り、仲の良かった同期の内の何人かが他店へ異動になった。

気が付けば、スタッフ数は、オープン当初の約3分の2程度に減っていた。あの寒空の下、会社から苦言を言われながら、一丸となってチラシ配りを行った仲間たちが一人二人と減っていくのは、とても寂しいコトであった。

 

 そして、私自身の立場も、自分が望んでいないにも関わらず、いつの間にか、サロンを全体的に見るようなポジションに移り変わっていったのであった。

 

 →次回へ続く。

 

 ♪本日のBGM・・・エレファントカシマシ「風に吹かれて」

|
|

« 早いもので・・・。 | トップページ | 一人店主への道(花の下北沢編4) »

コメント

こんにちは!
ちょこちょこ拝見させてもらってマス!
日光は紅葉のいい時期でしょうね~。
行きたい、行きたい!!!!

一人店主への道、続きが読めてうれしいです。
段々と気持ちが変化していく様子が文章から伝わってきます♪

京都の鞍馬寺10月に行ってきましたよ☆
エネルギー感じました~。あそこに住みたいです(笑)
それ以来、お寺によく行くようになりました。
お寺が好きというより周りの自然が好きみたいですね。

投稿: おはる | 2006年11月 5日 (日) 19時27分

こんばんわ(^0^ゞ
段々と秋から冬へ季節も移りかわりそうな時期。。。
いかがお過ごしでしょうか??
お元気そうで何よりです。
日光の紅葉の具合はいかがでしょう??
こちらの方は、イチョウ並木を通勤途中で
ついつい見とれてしまい、たま~に事故りそうになっちゃいますよ(><)いかん、いかん!!
連休は萩の方へ、行ってまいりましたよ。
紅葉がまだでしたが、アドさんの好きな木漏れ日スポットが
たくさんありましたよ。

いまから冬本番に突入しますが、体調気をつけて
ほどほどにお仕事がんばってくださ~いねっ。
サロンのこれからを陰ながら見守っております。・゚゚・。。・゚゚・。

でわでわ…また。

投稿: みみずくりんこ♪ | 2006年11月 6日 (月) 21時16分

お久しぶりでございます!遂にアレを辞めたウメモトです 笑
待望の一人店主への道続編、楽しく読ませていただきました♪
うーん、またまた次が楽しみですわ♪

しっかしいきなり寒くなってきましたね!
アドさんも体調崩されませんよう、ぼちぼちがんばってくださいね!

投稿: ウメモトリエ | 2006年11月 6日 (月) 22時27分

>おはるさん
こんにちは!
私も鞍馬寺レポ、楽しみにお待ちしておりました♪
 >お寺が好きというより周りの自然が好きみたいですね。
わかります!
厳か(おごそか)で、そこだけポッカリ別世界って感じで、イイですよね~。
私は神社も好きですよ!
あぁ、京都行きたいなぁ・・・。

日光市内の紅葉は、今年はイマイチのようです。
紅と言うより、黄色ですね。
今週末あたりが見頃なのかな。
日光の紅葉の模様、UPしますね。


>みみずくりんこ♪姉さん
こんにちは!
姉さんもお元気そうで、何よりです♪
今日から、暦の上では“冬”ですね。
そちらも寒くなってきましたか?
しっかし、一年早いなぁ・・・。

連休中は、萩に行かれたのですね!
きっと、ステキな時間を過ごされたんでしょうね~。
イイ焼き物との出会いもありましたか?
こちらの紅葉は↑のコメントの通り、今年はイマイチのようです。
紅と言うより、黄色く色付いてます。
今度、写真UPしますね☆

寒くなってきましたから、姉さんも風邪など引かれぬよう、お気を付けて・・・。


>ウメモトさん
こんにちは!
お元気でしたか?
で、ウメモトさんも“アレ”辞めちゃったんですか!?
そうでしたか~。
でも、“アレ”のおかげで、こうして再会出来た訳ですしね。
これからも、ヨロシクです!

 >ぼちぼちがんばってくださいね!
ホント、程よく頑張りたいと思ってます。
ウメモトさんも風邪など引かれぬよう、ぼちぼち、程よく頑張って下さいね☆

投稿: あど | 2006年11月 7日 (火) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140865/3900629

この記事へのトラックバック一覧です: 一人店主への道(花の下北沢編3):

» 超簡単!施術サービス業でプチ成功する方法 [施術サービス業でプチ成功クラブ]
施術・整体・カイロ・マッサージ・リラクゼーション業、またはその他のサービス業でリピート率を確実に95%以上にする極意を公開! [続きを読む]

受信: 2006年11月10日 (金) 01時12分

« 早いもので・・・。 | トップページ | 一人店主への道(花の下北沢編4) »