« 一人店主への道(花の下北沢編7) | トップページ | 業務連絡的、いろいろ日記。 »

2006年11月24日 (金)

大好きなアッコちゃんについて、熱く語ってみる。

 昨日・勤労感謝の日、私はお隣・茨城県の結城市に車を走らせ、大好きな矢野顕子さん↓(以下、アッコちゃん)の『さとがえるコンサート』に足を運んできました。

Yano_akiko_050922  Yano_photo

 

 今年はアッコちゃんにとって、プロデビューして30周年、そして、この『さとがえるコンサート』も10周年という、なんともめでたい、節目の年でもあります。アッコちゃんライヴに足を運ぶのは今回が初めてで、以前からずーっとずーっと、この日が来るコトを心待ちにしていました。

そして、結論からお話してしまいますが・・・、本当に本当に素晴らしいライヴでしたっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!その感動の度合いは、ビックリマーク20個でも足りないくらいです!

「生きててよかった!」大袈裟かもしれないけど、そんな風に思えるライヴでありました。

 

 今回の『さとがえるコンサート』は一部構成で、その中でも、アッコちゃん(ピアノ、vo)、アンソニー・ジャクソン(ベース)、クリフ・アーモンド(ドラム)のトリオ編成のバンドバージョンと、アッコちゃんピアノ弾き語りバージョンに分かれていました。

 

 で、トリオ編成のメンバーがスゴイ!何がスゴイって、音の一体感が!迫力が!

『さとがえるコンサート』は10年間変わらず、同じメンバーでセッションしているそうで、その結束力の強さがそのまま音に表れているようでした。

私の表現力が乏しいのがもどかしいのですが、信頼し合ってるからこそ、ああいう音が出せるんだなって、しみじみ思いました。

 

 オープニング曲は「PRESTO」(私の大好きなバンド・くるりの岸田くんとの共作)。 

「あぁ、やっと会えたのね~!!」という感動で、まだ始まったばかりなのに、早くも、な、涙が・・・。あぁ、あど、感激!!

 

 アッコちゃんは、私にとって、憧れの女性でもあります。あのやわらか~い雰囲気の中にも、ピンと一本芯が通っていて、それでいて、軽やかで・・・。本当にステキな女性です。

 

 先程もお話ししましたが、今年はアッコちゃんデビュー30周年の年。30年て一言で言ってしまえば簡単ですが、30年間、第一線で活躍されてるって、ホントすっごいコトですよね!

アッコちゃんが素晴らしい歌い手さんだというコトはもちろんなんですが、何と言っても、音楽に対する姿勢が素晴らしいです!

 

 自分がイイ!と感じたモノは、世代やジャンルの垣根をヒョイヒョイと軽く乗り越えて、どんどん取り入れる。

くるりにしてもそうですが、今回はELLEGARDEN(若者に人気のインディーズロックバンド。って書いてる自分が、なんだか年老いた気分になりました。)の曲もカヴァーされてました。最近では、ジャズピアニストの上原ひろみさんとのコラボも話題です。

親子くらいの年の差なんて、アッコちゃんにとっては、きっと鼻クソみたいなモンです!(ホントか!?)

 

 “一発録り”でも有名です。アッコちゃんと言えば“一発録り”、って言ってもいいのでは、と。

今はどんどん技術が進歩してますから、大抵のミュージシャンの方は、レコーディング時のいいトコだけをピックアップして、繋いでって感じで曲が出来上がっていきます(多分)。

でも、アッコちゃんは違う。曲の頭からお尻まで、ずっーと通して、1曲を録音していくのです。ちょっとでも気に入らなければ、また頭からやり直し。だから、アルバムの曲、1曲1曲が“ライヴ”な訳ですね。魂こもってます!!この作業、相当ストイックですよね!正に、プロフェッショナル!!

 

 そして、曲のアレンジがスゴイ!先程もちょっと触れましたが、ライヴやアルバムでも、いろんな方の曲のカヴァーをされてます。普通、カヴァーって言うと、オリジナル曲の原形を留めたまま、歌い手さんが変わるだけって感じが多いと思うんですが、アッコちゃんは違う。いろんな意味で、全然違う!だって、ほぼ、原形を留めてないんですモノ!この曲、こんな感じになっちゃうの!?って言うくらい。天才です!

アンコールで、「小さい秋見つけた」をカヴァーされてましたが、「小さい秋見つけた♪」って歌詞を聴かなければ、全く気付きませんでした。あの切な~い、マイナーコードの曲が、アッコちゃんの手に掛かれば、とんでもなくハッピーでアップテンポな曲に変わってしまうんです!!アッコちゃんマジックです!!

 

 ホント、アッコちゃんて、スゴイ人なんですよ!!

 

 あぁ、どうしよう、ものスゴク熱く語ってますが・・・、もうちょっと語らせて下さいね!

 

 私はアッコちゃんの曲の中でも、「ひとつだけ」って曲が大好きなんです(ほんのちょこっと試聴はコチラから)。この曲を聴くと、とってもあったかい気持ちになり、そして、元気を貰えます。よく、車の中でも、大口開けて歌ってます。本当に大好きな曲なんですね。

で、ライヴでも、いつ演るのかな、いつ演るのかな??って、一人ソワソワしてた訳ですが、アンコールの最後の最後、歌って下さったんです!!そして、感動のあまり、感極まり過ぎて、ボロボロとな、涙が~(泣)

ライヴ後、帰りに寄ったトイレで自分の顔をまじまじと眺めたら、ものスゴイ“泣いた顔”になっていたので、そんな自分にちょっぴり引きました・・・。

でもね、そのくらい、感動してしまったんですよ。うまく言い表せないんですけど・・・。

 

 アッコちゃんの歌には、と言うか、アッコちゃんには、人をハッピーにさせる力がいっぱいあるんです。だって、歌っているその姿が、本当に幸せそのものなんですモノ!観ているこちらも、幸せな気分になってきます。音楽って、字のごとく、「音を楽しむ」コトなんだなぁ~、って思い出させてくれます。

 

 大感動、涙、涙のライヴ終了後、あったか~い気持ちになり、明日からまた頑張ろう!そんな気持ちにさせて頂きました。アッコちゃん、本当にありがとう!!

 

 そう、この感情は、私が愛するモノ全てにおいて、共通するモノ。

 

 アッコちゃんも、クラムボンも、潮音ちゃんも、みうらじゅんさんも、板尾さんの「板尾日記」も、千原ジュニアさんの詩集「少年」も、昇太さんの落語も、向田邦子さんの作品も、川上弘美さんの「センセイの鞄」も、映画「フライド・グリーン・トマト」も、「天空の城ラピュタ」も、岡本敏子さんの生き方も・・・。

全部上げるとキリがないので、この辺でやめておきますが、愛するモノに触れた後は、あったか~い気持ちになり、そして、元気になれる。

 

 私も・・・、そんなセラピストになりたい、そう思います。お客様があったか~い気持ちになり、元気になれる、そんなセラピストになりたいです。

 

 まだまだ今も、アッコちゃんライヴの余韻にどっぷり浸っております。アッコちゃんから貰ったパワーで、明日から、また頑張ります!!

私の暑苦しい思いに、最後までお付き合い下さった皆様、ありがとうございます!

感謝♪

 

 ♪本日のBGM・・・矢野顕子「ひとつだけ」with忌野清志郎

  (アルバム「はじめてのやのあきこ」より)

|
|

« 一人店主への道(花の下北沢編7) | トップページ | 業務連絡的、いろいろ日記。 »

コメント

充実した楽曲のライブだったようで、よかったですね。

小生、「春先小紅」を聞くと、
春の柔らかい日差しを思い浮かべます。
あと、久米宏の唄い出しまでの異様に速いハガキ読みも。

投稿: ヨン | 2006年11月25日 (土) 01時34分

>ヨン様
ホント、素晴らしいライヴでしたぁ~!
愛がいっぱいでしたよ。
残念ながら、「春咲小紅」は披露されませんでしたが、私も好きです!
ウキウキsongですよね♪
久米宏については・・・、ノーコメントで!

投稿: あど | 2006年11月25日 (土) 10時05分

あどさーん!
こんちわー。元気そうでなによりです(^0^)
アッコちゃんネタだったのでとびつきました(笑)
いいですよねー。ほんとに。
明日もがんばろう!そう思えるなんていいですよね。
アッコちゃんのコンサートは、独特な空気がなかったですか?
なんかここちいいのです。
ワタクシは昨年初めてコンサートに行きました。
ブログにも書いてます!よかったら見てね。では(^0^)/
http://gospelnet.exblog.jp/m2005-11-01/

投稿: ちゃびぃ | 2006年11月26日 (日) 22時52分

あっこちゃんライヴ、そりゃあ泣きますよ!
だって、あっこちゃんですもの!
いいんです、「泣いた顔」になるくらい!
でも、ほんとに素晴らしいライヴだったみたいで、
ものすごーくうらやましいです。
私も「ひとつだけ」好きです!
学生時代、
福岡の野外で初めてあっこちゃんを見たんですが、
ラストは出演者みんなで「ひとつだけ」大合唱でした。
出演者は、BOOM、オリジナルラブ、そして…イーストエンド+ユリ…
最後の方はともかく、変わってないのはあっこちゃんだけですね、よく考えたら。
30年、同じように活躍してるって、
それだけでもほんとすごいことですね。
ああっ、私もあっこちゃんに会いたい…

投稿: サマーK | 2006年11月26日 (日) 23時57分

じゃあ、久しぶりにトラバサメでライヴする?(笑)

ああっと!そうだった。VoとGの恋愛のモツレで自然消滅だった!復活はナイナ(爆)。

投稿: mittan | 2006年11月27日 (月) 12時13分

>ちゃびぃさん
こんばんは~☆
お忙しい中、コメントありがとうございます♪
ブログ、早速拝見しました。
そうです!私が言いたかったコト全てが、ちゃびぃさんブログに書かれてました!
ピアノが歌ってる、正にそうでした♪
そして、自分の文章能力のなさにウンザリ(苦笑)

 >アッコちゃんのコンサートは、独特な空気がなかったですか?
  なんかここちいいのです。
ホント、ここちよかったですぅ~。
そして、若干、年齢層高めだったので(ハイ、私含め。)、落ち着いた雰囲気でしたよ。

先日、セミナーでお知り合いになったセラピストさんもアッコちゃんファンで、別の会場の「さとがえる」に行かれたのですが、私と全く同じコト思われてました。
「生きててヨカッタ!」って!!
コレって、スゴクないですか!?
アッコちゃんパワーのでっかさを感じずにはいられません!!


>サマーKさん
こんばんは☆
野外で見る(聴く)アッコちゃんは、圧巻でしょうねぇ~!
しかも、2度も野外でだなんて、スゴイ!!
きっと、フジロックに爽やかな風を吹かせたコトでしょうねぇ~。
あぁ、ウラヤマシイ!!

 >そして…イーストエンド+ユリ…
ククク!(笑)
サマーさんのコメントって、こういうニヤッとしちゃうエッセンスが含まれてるので、毎回、楽しみです!
ありがとうございます。

いつか、MJ&アッコちゃんに一緒に会いに行きましょうね!


>mittan
こんばんは☆
ト、トラバサメ!!(笑)
 >VoとGの恋愛のモツレで自然消滅だった!
そうそう、G二人がVoを取り合って、殴り合いの末、解散。
↑だったよね(笑)

投稿: あど | 2006年11月28日 (火) 00時02分

こんばんは!アッコちゃん全部聴いて見ました。
やっぱ春先小町と、夢のひよこ好きです。
夢のひよこはみんなのうたで流れてるとき、
ぶたとひよこが手をつないであるいてたので
タイトルが「ブタとヒヨコ」だと思ってました!

ところで、ケンタロウさんはブログやってるって
知ってました?ブログ師匠の方がケンタロウ好きで
ブログ紹介してました。ケンタロウのファン多いんですね!

投稿: ジーン | 2006年11月28日 (火) 22時22分

>ジーンさん
こんばんは☆
おおぅ!全部試聴されたのですか!!
アッコちゃんに代わって、ありがとーございます♪

でね、ジーンさん、
 >やっぱ春先小町と、夢のひよこ好きです。
「春先小町」ならぬ、「春咲小紅」ですよ!(笑)
“小町”だと、by.山下久美子的なニオイが・・・。ドキッ!
「夢のヒヨコ」は私も大好きです♪
コレも、自然と顔がほころんでしまいますねぇ~。
 >タイトルが「ブタとヒヨコ」だと思ってました!
ククク(笑)
ミス・テキトー同士、これからもヨロシクお願いします!

 >ところで、ケンタロウさんはブログやってるって知ってました?
もちろん!
だから、ココログにしたんです!
そんな理由で選んでるので、機能とか全く把握してません。
ケンタロウさんと一緒のブログなら、それだけでうれしい♪なんです!

投稿: あど | 2006年11月28日 (火) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140865/4296000

この記事へのトラックバック一覧です: 大好きなアッコちゃんについて、熱く語ってみる。:

» 天空の城ラピュタ [映画の缶詰]
天空の城ラピュタ『天空の城ラピュタ』(てんくうのしろらぴゅた、英語表記:LAPUTA: Castle in the Sky)は、スタジオジブリの劇場用アニメ作品である。1986年7月26日公開、監督は宮崎駿。カラー作品で上映時間は124分。ディズニー翻訳版のタイトルは「Castle in the S...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 11時27分

» ELLEGARDEN・エルレガーデン・ElleGarden [ELLEGARDEN・エルレガーデン・ElleGarden]
インディーズロックバンド・エルレガーデン(ellegarden)の情報サイトです。 1998年12月31日結成、細美(Vo,Gt)生形(Gt)高田(Ba)高橋(Dr)の4人。2001年5月1stCD「ELLEGARDEN」をリリース!メロコアを基調とした、軽快なサウンドを主としインディーズデビュー!日本人離れした、アグレッシブなボーカルには驚きです!! 日本語より英詞の楽曲が多いので英語圏のバンドと誤認されることが多く、詞は後ろ向きなも�... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 04時33分

« 一人店主への道(花の下北沢編7) | トップページ | 業務連絡的、いろいろ日記。 »