« 女の厄年・33歳(←数えでね!)。 前編 | トップページ | 女の厄年・33歳(←数えでね!)。 番外編 »

2007年1月29日 (月)

女の厄年・33歳(←数えでね!)。 後編

 先日から、ブログのタイトルを「私的日記」→「あどのデッカイ独り言」に変えました。特に大した理由はないんですけどね。

ブログをココログに切り替えてから、益々、独り言的要素が強くなり、なんとなくコチラの方がしっくりくるような気がしたので。タイトル通り、プライベートでもデッカイ独り言は割とよく言ってますし(←怖いよ!?)。

そんな、もうじき32歳のあどです。

 

 さて、前回から引き続いての、厄払い&初詣&冬の日光一人散策レポです。

 

 実は、日光山内を一人で散策するのは、今回が初めて。普段は、都内から遊びに来てくれる友人たちを案内がてら、一緒に散策するコトがほとんど。そういうときは、どうしても、ここもあそこも見せたいなぁ、なんて思ってしまうので、ちょっと欲張りな行程になってしまいがちなんです。

だから、この日はせっかくなので、自分が見たい所だけ、ちょっと時間を掛けながら回るコトにしました。

 

 まずは、厄払い&初詣を行った、二荒山神社から。

ちょっと暖を取りたいなぁ、と思い、境内のあづまや(休憩所)へ。ココに入るのも、実は初めて。日本人らしく、お抹茶を頂きました↓。

Imgp0113_4お抹茶の芳しい香りにホッと心も和みます。

この瞬間、たまりませんな!!

日本人に生まれて、ホントによかったなぁ~、としみじみ感じる瞬間です。

一人、幸せを噛みしめつつ、お抹茶を飲み干しました。

 

 心も体も温まった所で、私が好きな場所、二荒山神社の御神木の下へ。

ココに来ると、とっても心安らぐんです。ずっーと、その佇まいを眺めていたいと思ってしまうんですよねぇ~。

Imgp0115  Imgp0114_2

樹齢約700年ですから、とにかく幹が太く、どっしりとしています。地に足着いてるって、正にこんな感じなのでしょうね。

ホントは全体像をカメラにおさめたかったのですが、デッカ過ぎておさまるはずもなく、なので、御神木からチラリと覗く青空をパチリとおさめて来ました。

Imgp0117_4   

二荒山神社は縁結び神社としても、知られています。男女のご縁だけでなく、お客様とのご縁も結んで下さる、所謂、人と人とのご縁を結ぶ神様が祀られているのです。

公私共に、今年も素晴らしいご縁に恵まれますように・・・☆

わたくし、しっかりお祈りして参りました!

 

 時間を気にするコトなく、二荒山神社でのんびり過ごし、ふと気付けば既に15時。後30分で大猷院が閉門してしまうではないですか!!ちょっとだけ急ぎ足で、徳川家光公が祀られている、大猷院へ向かいました。(冬季は、15時30分が最終入場です。)

 

 閉門間近の大猷院は、さすがに人気が少なくて、途中まで誰一人と会うコトもなく、このステキな空間を独り占め♪の気分でした。そう、大猷院はこのひっそり感がよいのですよねぇ~!

Imgp0118_1

         (↑展望所から見下ろした風景)        

Imgp0119_2

             (↑世界遺産・夜叉門)

 

 石段を上って行く度に目にする景色が変わっていく様は、圧巻です!!

Imgp0122_1この時代に生きた方たちのエネルギーって、ホントにスゴイと思います!!

だって、こうした彫刻一つ一つ、手作業なワケですから。

全てが完成するまでに、一体どのくらいの労力、時間が費やされたのでしょうね。気が遠くなりそう。。。

 

 大猷院を一通り散策し終えた頃には、さっきよりもだいぶ空気が冷たく感じられるようになってきました。本格的に冷え込んでくる前に、二荒山神社の参道↓をザクザクと進み、帰路に着くコトに。

Imgp0132

二荒山神社の参道は、御神木と同じくらい、私が好きな場所です。ココを歩くと、気持ちがスーッと落ち着いてくるんです。

この日はお天気も良かったので、杉並木からチラ見する空がとっても青くて、それだけで幸せな気分になりました♪

 

 こうして、私の厄払い&初詣&冬の日光一人散策は終了しました。

目的は厄払いでしたが、大好きな場所に身を置く、それだけでも厄払いになった気がしました。何て言うか、エネルギーがチャージされたって感じ。

ホント、充実した休日だったなぁ~。

ちょっと足を伸ばせば、こうして歴史ある世界遺産を目にするコトが出来て、自分は何て贅沢なんだ!と思っちゃいます。しかも、そのお膝元でお仕事させて頂いてるんですから!ホント、ありがたいコトです☆

 

 私は、日光の素晴らしさをお伝えするのも自分の役目だと、勝手に思っています。季節ごとに変わる、日光の色んな表情を少しでも知って頂けたらなぁ~、と。

私が一番好きな季節は、初夏です。緑が生い茂り、清々しくって、マイナスイオンいっぱい感溢れる日光の自然が大好きです。

でも、この凛とした佇まいの日光の冬も好きなのです。静寂に包まれた冬の日光を訪れると、自分と向き合える。そんな気がします。

 

 もし、この日記を目にされた方に、日光の素晴らしさを少しでもお伝えするコトが出来たなら、ウレシイです。

 

 そんな感じで、私の厄年(しかも、大厄)はまだ始まったばかり。

エネルギーをチャージしたくなったときは、また、日光山内に足を運びに行こうと思います。

 

 ♪本日のBGM・・・SINGER SONGER「初花凛々」

  (アルバム「ばらいろポップ」より)

|
|

« 女の厄年・33歳(←数えでね!)。 前編 | トップページ | 女の厄年・33歳(←数えでね!)。 番外編 »

コメント

こんばんみハコ姉

数えで33歳の意味がよくわからない俺だけど
俺もこの間一人江ノ島行ってきたす
近くてびびったす
ハコ姉も一人日光とはやりますな!
けど御飯何食べようかとか一人で決められるから
楽でいいよね!

ってこれさっきコメントしたんだけど
投稿されなくてもう一度書いてます
ダブルで投稿されたらメンゴ

投稿: AZ a go go | 2007年1月31日 (水) 23時09分

>わんばんこ☆ウラ兄ぃ
2度もカキコしてくれて、ありがと~♪
ちゃんとシングル投稿だったようだよ。
ご苦労様でした!

 >数えで33歳の意味がよくわからない俺だけど
数えってのは、生まれた歳を1歳に数えるから、実年齢+1歳ってコトだよね。
厄年は数え歳なのだよ。

で、兄さんは江ノ島ぶらり一人小旅行に行ってきたんだね!
私は、友達と4年前くらいのGWに行ったきりだなぁ。
江ノ電いいよねぇ~♪
普通電車に揺られながらの一人小旅行、理想だよ☆
 >楽でいいよね!
そうなの!コレって、一人旅の醍醐味だよね。
誰にも気を遣わず、自分の好きなように時間を使ったり、行動出来るのって、楽チンでよいよね~。
共に、独り上手の道を歩んで行こうぜぇ~!!

投稿: あど | 2007年2月 1日 (木) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140865/5109757

この記事へのトラックバック一覧です: 女の厄年・33歳(←数えでね!)。 後編:

» 縁結び神社情報 [縁結び神社情報]
諏訪神社(すわじんじゃ)は、長野県の諏訪湖の両岸にある諏訪大社より祭神の勧請を受けた神社である。諏訪神社を中心とする神道の信仰を諏訪信仰(すわしんこう)という。 [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 15時20分

» マイナスイオンと育毛 [薄毛の為の育毛対策]
マイナスイオンと髪の関係について! [続きを読む]

受信: 2007年1月31日 (水) 17時46分

« 女の厄年・33歳(←数えでね!)。 前編 | トップページ | 女の厄年・33歳(←数えでね!)。 番外編 »