« “恋愛映画観ない派”のあどがおススメする、恋愛映画。 | トップページ | 夏の匂い。 »

2007年7月19日 (木)

受け入れるコト、手放すコト、踏み出すコト。

 水曜日の夜は、鶴亀さんのお仕事がお休みになったので、明るい引きこもりの私は、TBSのドキュメンタリー番組『愛と生命と涙の全記録「余命1ヶ月の花嫁」~乳がんと闘った24歳最後のメッセージ~』を一人我が家で観てました。

皆さんは、この番組をご覧になられましたか?

内容に関しては、ここでは敢えて書くつもりはありません。きっとご覧になった方それぞれが、千恵さんの闘病生活や生き方を通して、それぞれの想いを抱き、“生きる”というコトを改めて考えさせられたのではないかと思います。

 

 私は・・・、千恵さんの“生きる”コトへのひたむきなを想い、それから、支えて下さっていたお父様や恋人、友人たちと最後までしっかりと向き合った姿を思い出すだけで、まだちょっと涙が出てきます。

それは決して、同情とか、そんなモノからではありません。

何と言うか、自分自身に対しての情けなさからですね。ホントに。。。私にはありがたいコトに、今の所、こうして健康なからだがあるというのに、自ら放棄してしまっているコトがたくさんあるなぁ~、と感じてならなかったです。

 

 私は、恋愛に関しては、相当後ろ向きな人間です。

(って、ホムペにくっ付いてる日記だって言うのに、一体何書いてんでしょうね(苦笑)でも、今日は敢えてそんなコトを書いてみようと思ってます。)

恋愛が全てなワケでは決してないけど、恋愛はここ何年かの私のテーマなんですね。恋愛というよりは、正確に言うと、自分自身を丸ごと受け入れて愛してあげるコトかな。。。

コレ↑がなかなか出来てないので、同じ所をグルグルしていて、前に進めてないって感じですかねぇ。やっぱり、自分自身を受け入れられなければ、自分以外の誰かを受け入れるコトなんて出来ないでしょうから。

恋愛に限らず、こんな感じで、人に対して壁を作ってしまうようなタイプなんですね、私。開いているようで、閉じている。つくづく、メンドーな人間です(苦笑)

 

 それと、恋愛には欠かせない、“女らしさ”というエッセンスですが、以前、元同僚から、「自分の女性性を否定していると、婦人科系の疾患や不調が出てくるよ!」とアドバイスしてもらったコトがあるのだけど、あぁ、確かにそんなトコありますね。(実際、生理痛もヒドイ。)

私は周りの男友達から「色気がない!!」と指摘されるコトが多々あるのですが(苦笑)、コレも意識してそんな風にしてるトコもあるかもな。このキャラで、今更、色気出すなんて、そんなの恥ずかしいよ!といった感じで。

せっかく女性に生まれてきたのに、その女性性を自ら否定してしまってるワケですね。

 

 両親に対しても、私は未だに親孝行らしいモノを何一つしてません。

コレも、親に対して“優しさ”を見せるのが恥ずかしい、という理由からですね。

私には姉がいるのですが、姉は小さい頃から本当に優しい人です。それに比べて私はひねくれた性格ですから、親に対する姉の優しさを目の当たりにしてしまうと、なんとなく、同じように優しくするコトが素直に出来なくて、そのまま今に至ってます。まぁ、過去に実際、「お前には優しさがない!」と言われたコトもあったり。。。(苦笑)

 

 最近は、私の中で、そろそろ手放さないといけない想いがあるなってコトをやんわり感じていました。

そして、今回こうして、千恵さんのドキュメンタリーを目にしたワケです。

それは、いろんな想いが一つに繋がった瞬間でした。私の心のどこかに触れて、涙が止まりませんでした。

私はやっぱり、変わりたい!と願っているのだと思いました。

 

 受け入れるコト、手放すコト、踏み出すコト。

文字にしてしまうと、とても簡単に見えますが、自分自身の意識が変わらなければ、実行するのはなかなか難しいコトです。

でも、変わりたいのならば、一歩踏み出さなければ何も変わりません。

がんと闘いながらひたむきに生きようとし、支えて下さる方たちを惜しみなく愛し続けた千恵さんが、素直になれない、後ろ向きな私に、そんなコトを教えてくれたような気がしました。

 

 しばらく本棚に眠っていて、最近ふと手にした、自らを親孝行の権威、「親孝行家(親コーラー)」と豪語して止まない、みうらじゅん氏著の『新「親孝行」術』でも、“まずは行動。これが親孝行の第一原則だ。”と語られています。

ちなみに、この本、“親孝行はプレイである”という、ホント、どうかしてるよ!?な語り口で、真の親孝行プレイのテクニックについて書かれた本なのですが、ニヤニヤしながらも、うなづける部分がたくさんあって、この本をこのタイミングで手にしたのも、きっと意味があるのだと思わずにはいられませんでした。

って、みうらじゅん氏ってチョイスが、女子として、やっぱりちょっとズレてますよねぇ(苦笑)

 

 まずは行動。ってコトで、両親にリフレをやってあげようと思います。恥ずかしながら、リフレをお仕事にしてから、一度くらいしかリフレをやってあげたコトないのです。ホント、親不孝娘です。

母は私には直接言わないけど、リフレをやって欲しいと望んでいるようなので。(まぁ、母がホントに望んでるコトは、私が早く嫁に行くコトなんですけどね~笑) 

それに、私にはリフレくらいしか出来るコトがありませんからね。まずは、そこからですね。

レッツ、親孝行プレイ!です(笑)

 

 それから、遅ればせながら、中越沖地震で被災に遭われた方々へ、気持ちばかりではありますが募金させて頂きました。

ある方のブログ拝見して、私にも出来るコトをという気持ちから、募金するに至りました。

yahoo!ボランティアのインターネット募金です。ご賛同頂いたなら、コチラ↓からワンクリック募金してみて下さいませ。

 

 あぁ、今日の日記、後から読んだら、きっと恥ずかしくなるような内容だなぁ~(苦笑)でも、そんな自分もひっくるめて、私ですから!

そんな私に「今日も一日ありがとう!」と言ってあげたいと思います。

ではでは、皆様、よい週末をお過ごし下さいませ~☆

 

 ♪本日のBGM・・・ARASHI「アオゾラペダル」(アルバム「Time」)

 ↑松原ねえさん、聴いてるよぉ~♪ありがとう!!

|
|

« “恋愛映画観ない派”のあどがおススメする、恋愛映画。 | トップページ | 夏の匂い。 »

コメント

おお~♪
ニューアルバム聴いてくれてるのねん(*^^)v
あどちゃんの恋愛感…あどちゃんらしいよね。
でもヒトって変わるのよ。私にもあどちゃんみたいな時期があったなーって思うし。
でもあどちゃんって否定しながら…時には相手の目を見て、時にはうつむいて真剣に答えている子だったなぁ~(^0_0^)
私もTBS見ていたの。これは5月にも一部放映されていたので、あーあの子…最期まで「笑顔」が印象的な素敵な子だったなぁ~って思い出しました。
笑顔を残せるって素敵な人生だと思うのよね。
嵐を聴いて、大野くんの歌声に涙するようになったらイケてる~っ(爆)ドンマイっ♪

投稿: 松原姉さん | 2007年7月20日 (金) 22時04分

●松原ねえさん
こんにちは!
嵐、只今、我が家でヘヴィロテ中ですよん♪
ちなみに、私はアップテンポな曲の方が好みのようです。

ねえさんから送って頂いた波動表を眺め、千恵さんの笑顔を眺め、なんだかいろいろ考えさせられちゃいました。
恋愛に関しては、この10年、ホント進歩がないのです(苦笑)
 
 >笑顔を残せるって素敵な人生だと思うのよね。
ホントですね。
私もどんなときでも、笑って過ごせたらって思いますもの。
まずは私は・・・、「We can make it!」聴きながら、歌って踊りたいと思います(笑)
あったかいコメント、ありがとございます☆

投稿: あど | 2007年7月21日 (土) 14時33分

>やっぱり、自分自身を受け入れられなければ、自分以外の誰かを受け入れるコトなんて出来ないでしょうから。
あぁ~・・・まさにまさに。
あどさんの一言一言が胸に突き刺さりますですよ。
自分を受け入れる、コレ私もテーマですねぇ。
ちょー自信ないです・・・
とてもじゃないけど今は自分のこと好きになれんとです。
誰やねん。ていうか、暗っ!!
あどさんくらい自分を見つめられればなあ~・・・(遠い眼)

投稿: うめちん | 2007年7月23日 (月) 22時59分

●ウメちん
こんばんは~☆
こんな思いっきり独り言な日記にコメント付けてくれて、ありがとー(笑)
 
 >あどさんくらい自分を見つめられればなあ~・・・(遠い眼)
イヤイヤイヤ、そんなコトない!
見つめてるばっかりで、踏み出せないのよ~。
踏み出さなかったら、結局、何も変わらないんだから。
ウメちんの前向きに頑張ってる姿見て、私はステキだと思ったよ!
大丈夫!自信持って!!
↑って、コレ、自分にも言い聞かせてるトコあるのだ(苦笑)
お互い、まずは、自分自身を愛してあげよーね。
今日も一日、ありがとう☆

投稿: あど | 2007年7月23日 (月) 23時19分

アドさん、おひさしぶりです☆
久々に訪れたら、なんとMJの話題が(笑)!

親孝行術、いいですよね!我々(?)のようなひねくれものの背中を押してくれるような本だと思います。
私もあの本を読んで以来、思いついた時には「親孝行プレイ」を実行していますよ♪  先日も、父の誕生日に妙に豪華なバラの花束を贈ってみましたよ(笑)!  無口な父は、ほかの家族には何も言わなかったようですが、ひとりでずっとバラを眺めていたそうです・・・ちょっと感動。

こっちが照れくさいと思うことも、「プレイ」だと思えばへっちゃらです!・・・って、変態みたいですけど(笑)、「照れくささ」の数値が高くなれば高くなるほど、こっちにも妙な達成感が生まれるので親孝行はくせになります♪

では、アドさんも「親孝行プレイ」で癒されてくださいね♪
素敵なプレイができることを願っております(笑)!

投稿: カトウ | 2007年7月26日 (木) 10時28分

●カトウさん
カトウさん、こんばんは~☆
お久しぶりです!
ウヒヒ!MJネタに喰い付いて下さって、ありがとうございます(笑)
『親孝行プレイ』の素晴らしさに賛同して下さる方がいらっしゃるコトは、私もすごくウレシイです♪

 >我々(?)のようなひねくれものの背中を押してくれるような本だと思います。
そうそう!ホントそうですね!!
心はともなわなくてもよい、って、ある意味名言ですよね。
カトウさんのお父様への親孝行プレイ、ステキですね☆
私も感動!
カトウさんはもう立派な“エナリスト”ですよ(笑)

 >変態みたいですけど(笑)
ある意味、MJ好きって事実が変態なんだと思いますよ、既に(笑)
肩書きはリリーさんとほぼ一緒なのに、いつまでも深夜枠がお似合い
で、リリーさんより認知度が低いのは、あの長髪&グラサンの売れないロッカーみたいな独特な風貌だからなんでしょうか??
でも、私はそんなポジションのMJがやっぱり好きです(笑)

 >素敵なプレイができることを願っております(笑)!
ハイ!エナリストなカトウさんのようにステキなプレイが出来るよう、まずは行動してみます!!
応援ありがとうございます♪(笑)

投稿: あど | 2007年7月26日 (木) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “恋愛映画観ない派”のあどがおススメする、恋愛映画。 | トップページ | 夏の匂い。 »