« 板室温泉 大黒屋さんへぶらり一人旅。 ~2008初秋~(前編) | トップページ | 板室温泉 大黒屋さんへぶらり一人旅。 ~2008初秋~(番外編) »

2008年9月23日 (火)

板室温泉 大黒屋さんへぶらり一人旅。 ~2008初秋~(後編)

 思い付きで、思い切って、板室温泉 大黒屋さんへ旅に出た、2008初秋。

同じ栃木県内ですから、距離的には日帰りでも十分帰って来れる場所ではありますが、敢えて一泊したかったのです。

お仕事も家事も、その日一日は何もしない、考えない!

ただただ、頭とからだとこころをゆるりと休める。そんな一日。

今回お世話になった大黒屋さんは、そんな私の目的に、とってもピッタリなお宿でした。

 

 大黒屋さんへチェックインする前に、那須の茶臼岳&温泉神社に行ってみたり、黒磯のアロマサロンCheerful Heartのオーナーmikaさんとランチ&お茶したりして、楽しい時を過ごさせて頂きました♪ありがとうございます!

那須で撮って来た風景は、番外編として後程UP致しまーす。(←って、まだ続くのか!?)

 

 実は、大黒屋さんへ宿泊するまで、板室という土地を訪れたコトがありませんでした。

那須や黒磯には時々出掛けるコトがあっても、板室まで足を伸ばすコトはなくって。

山道をズンズン車で進んで行くと、ひっそりとした板室の温泉街が現れるのですが、ホントに“ひっそりと”、という言葉がピッタリなくらいの静寂に包まれていました。

コンビニなんてもちろんないし、車や人の往来もそんなにあるワケでもない。

なんと言うか・・・、ノスタルジックな風景がそこには広がっていました。

そんな静寂とノスタルジックな風景の中に、とっても趣のあるお宿 大黒屋さんがありました。

 

 敷地内に最初に足を踏み入れたとき、庭園の手入れがとても行き届いているコトを感じて、その美しさに自然に笑みがこぼれてしまう私。(←和風庭園好き。)

大黒屋さんのコンセプトは、“保養とアートの宿”。

敷地内には様々な現代アートが至る所にオブジェとして置かれているのですが、それらと和風のお宿と、手入れの行き届いた美しいお庭と、板室のそのままの自然の美しさと・・・、全てが見事に調和していて、圧倒されました。

今までに観たコトのない風景が目の前に広がっている、そんな感覚。

私の持っている『温泉宿』のイメージが、ホントにいい意味で覆されました。

そこに足を一歩踏み入れたその瞬間から、もうワクワクが始まっている感じでした。

 

 ■手前が大黒屋さんの名前の由来である大黒橋

Imgp0306

 

 ■大黒屋さんのエントランス

Imgp0313

 

 ■お掃除の行き届いた清潔なお部屋とそこから眺められる風景

Imgp0304

 

 ■“こだま”という作品。実は、ボイラー室の壁面!こんな所までアートしてます。楽しい♪

Imgp0312

 

 ■離れにある「北の館」のギャラリーにて。この作品観て、美味しそう♪と思ったのは私だけ!?(←いくらの軍艦巻きに観えちゃった。発想が貧困過ぎ(汗))

Imgp0310  

 

 つーか、全体的に写真ヘタクソでゴメンなさい(汗)

実はですね、途中からデジカメの電池がなくなりかけてまして、あんまりよく写真が撮れなかったのです(泣)

でも、写真として記憶に残すより、自分の脳裏に焼き付けたい景色・空間だったんですよね~。

とか言いつつ、やっぱりGR欲しい。。。とか思ったりしてたのですが(苦笑)

 

 スタッフの方の対応や距離感も、私には心地よかったです。

実は、温泉宿への一人旅はお初なワタクシ。(←今までは、ホテル泊オンリー。)

過剰なサービスをされるコトはなく、皆さんが自然体に接して下さるので、必要以上に緊張するコトもなく、こころ穏やかに過ごせました。

敢えて一人で来ているにしても、誰とも会話がないというのは、それはそれでやっぱり寂しいモンなんです(笑)

でも、必要以上に話掛けられるのも、ちょっとね・・・。って、メンドクサイヤツだな(汗笑)

あぁ、やっぱり、私は孤独好きな寂しがり屋なのね。

 

 お食事も私好みの薄味で、量も程よく、盛り付けや器も大変美しかったです!

お料理の基本は『ごずこん=胡麻・豆・昆布』だそうで、この3つ、私の大好物ですの♪

「美味しい♪ハァ~、美味しい♪♪」とデッカイ独り言の連発。怖いよ(汗笑)

 

 ■“ごずこん”な美味しい夕食

Imgp0314

 

 ■ごはんに鯛の刺身を乗っけ、出汁かけて、鯛茶漬けにしていただきました、の図(←若干ピンボケ(汗))

Imgp0317

 

 ■おはようございます!のヘルシーな朝食

Imgp0321

  

 温泉はやはり湯治場というコトもあり、すんごくいいお湯でした。

お湯の温度がぬるめなので、お家でお風呂に入るように、かなりのんびり過ごしてしまいました。 

しかも、ラッキーなコトに、ちょうど私が入っている時間帯は他の宿泊客の方がいらっしゃらなかったので、大浴場も露天風呂も貸切状態!ウレシイ♪

大きい湯船の中でストレッチしたり、エコーを効かせて鼻唄歌ったりして(笑)、存分に自由に楽しく過ごさせて頂きました。ありがとーございます!

 

 また、サウナとは異なる大黒屋さんオリジナルの「アタラクシア」という施設(→大黒屋さんによる施設の説明はコチラ)がホントに心地よかった!

実は、ワタクシ、サウナがとっても苦手なのですが(←大抵、気分が悪くなる。)、アタラクシアはサウナと異なり低温で湿度も低いので、サウナ苦手な私でも、気付けば1時間近くも入っていられました!奇跡☆

代謝がよろしくないようで、なかなか汗をかきにくかったんですよ~(汗)

冷えている部分は特に汗をかきにくいようで、お腹の辺りが一番冷えていたようです。これからは腹巻必須ですね。

久々に自分のからだの声にもじっくり耳を傾けるコトが出来た、一時でした。

 

 普段は、寝付きのよさはのび太並み、布団に入ったらおやすみ3秒のワタクシ。

意外にも、枕が変わると寝付けないようなデリケートさも持ち合わせているのですが(←自分でよく言うよ!?)、お風呂にゆっくり浸かり、アタラクシアでからだの芯までじんわりと温まったおかげで、夜は完全に熟睡でしたよ。つーか、爆睡(笑)

朝が来るのが早かった!

もちろん、朝風呂もしっかり入りましたよー。(←このときも貸切状態。ラッキー☆)

 

 PCもなく、テレビも極力付けず(←明日の天気予報のチェックだけ)、携帯電波の入りも悪いというような、機械音も情報もシャットアウトされた(した)状態での1日でしたが、私にはかえってそれがすごく心地よかったです。

(そう言えば、館内では、温泉宿によくある有線のBGMも流れていませんでした。)

自然音に包まれ、耳を傾け、ゆったりとしたときの流れの中に身を置き、こころもからだもすっかり浄化されました。

やっぱり普段は何かと情報に振り回されたりして、こころが乱されてるんですね。

あぁ、私が求めていたのはこんな空気感と静寂だったんだなぁ、と改めて実感。

本当に、贅沢で有意義なときを過ごすコトが出来ました。ありがとうございます。

 

 チェックアウトの際、あぁ、もう一泊したいぜ!とかなり後ろ髪を引かれる思いでしたが、また冬の頃に必ず来よう!とこころに決めました♪

 

 自宅に戻ってから、大黒屋さんのアートスタイル経営に関する本を読ませて頂きました↓。

客はアートでやって来る Book 客はアートでやって来る

著者:山下 柚実
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 実際に宿泊して感じた空気感と、大黒屋さんの経営理念やお仕事・お客様に対する意識を言葉として受け取るコトで、今まで自分の中でグルグルと渦巻いていたモノが、腹にストンと落ちました。

「楽しく働く。」

そのために自分には今何が出来るのか?今一度、考えるきっかけとなりました。

まだまだ出来るコトはたくさんあるはず。

まずは、今出来る足元のコトからコツコツと。

グダグダしてる場合では、ないのだ。

 

 大黒屋さんへの宿泊は、私にしたら、時間だけでなく、お値段的にもかなり思い切ったワケですが、でも、私にとってはそれ以上の価値を受け取るコトが出来た空間でした。

ホント、思い切って来れてヨカッタです。

紹介して下さったjunjunさん、そして、大黒屋のスタッフの皆さまに感謝致します。

ありがとうございます。

 

 私の2008夏~初秋の出来事は、立ち止まっていた私の背中をトンと押して、一歩踏み出すきっかけを与えてくれた、そんなかけがえのないひと時となりました。

また明日から、お客様との出会いを楽しみつつ、お仕事に励みたいと思います。

楽しく、程よく、頑張りまっす!

 

 ♪本日のBGM・・・クラムボン/ハレルヤ(アルバム「id」より)

|
|

« 板室温泉 大黒屋さんへぶらり一人旅。 ~2008初秋~(前編) | トップページ | 板室温泉 大黒屋さんへぶらり一人旅。 ~2008初秋~(番外編) »

コメント

大黒屋さんを気に入っていただけてよかったです。
ただの温泉宿にはないものがたくさんあって、
室井オーナーの想いや働く方達の心くばりが感じられて、
とってもい居心地がいいんですよね。


アタラクシアは岩盤浴やサウナとは違って
ゆっくりじんわり、清潔感とあの香りがいいですよね。

旅日記を読んでいたら行きたくなってきました。


PS.例の件、後ほどお返事しますね。
遅くなって失礼しました。

投稿: junjun | 2008年9月28日 (日) 02時22分

●junjunさん
こんにちは!コメントありがとうございます♪
なんだか随分寒くなってきましたね。
お風邪など引かれませんように。

大黒屋さん、ホントに素晴らしかったです!
どうせなら、もっと滞在したかったですぅ~(涙)
すぐには旅に出れないけど、ちょっと一息つきたいときは、日帰りでまたあの空間に身を置くのもありですよね。
私のこころのオアシスとなりました。
教えて下さって、本当にありがとうございます。

こうやって考えると、栃木っていいトコいっぱいありますね。

お返事の件はゆっくりどうぞ。
ではでは、引き続き、よい休日を!

投稿: あど | 2008年9月28日 (日) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 板室温泉 大黒屋さんへぶらり一人旅。 ~2008初秋~(前編) | トップページ | 板室温泉 大黒屋さんへぶらり一人旅。 ~2008初秋~(番外編) »