« 板室温泉 大黒屋さんへぶらり一人旅。 ~2008初秋~(後編) | トップページ | 新メニューのご案内など、です。 »

2008年9月24日 (水)

板室温泉 大黒屋さんへぶらり一人旅。 ~2008初秋~(番外編)

 思い付きで思い切って、ぶらりと出掛けた板室温泉 大黒屋さんへの一人旅。

前編後編と書いて参りましたが、まだUPしていない写真や旅のこぼれ話などもありますので、引き続きしつこく書いてみよーと思います。

 

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

 

 旅の当日はいつもより頑張って早起きして、午前中は那須の茶臼岳へ。

朝からとってもよいお天気で、こころ踊ります♪

本当は山頂まで登ってみようと思ったのですが、足元がコンバースだったため、なんだか滑りそうだったので、ビビリな私は程なく途中で断念(汗)

一応ネットで調べたら、軽装でOKとのコトでしたが、やっぱり山は山。なめたらいけません。

(でも、サンダルでガンガン登っていく人もいましたが(汗)こわっ。)

 

 ■茶臼岳の山頂↓。稜線がくっきりで、お天気のよさを物語ってますね。よく見ると、奥の方に山肌をよじ登っている人が(汗)

Imgp0284

 

 ■山頂途中から眺める下界。ヤッホー!とは言ってません。独りですから(笑)

Imgp0285

 

 ■山道に咲いていたリンドウ↓。可憐です。

Imgp0286

 

 ■コチラは展望台から見える景色。空の青が素晴らしく美しい!!雲が一つもなーい。

Imgp0281

 

 標高が高いところからの眺めも最高でしたが、空気がとってもひんやりしていて、心地よかったです。

ただそこに身を置くだけで、なんだか気持ちがスーッとしてきます。

やっぱり、私は生粋の山派です(笑)

 

 お次は、気になっていた那須温泉神社へとプラッと立ち寄ってみる。

 

 ■鳥居の向こうに垣間見れる本殿の姿。このアングル↓がなんともグッとくるんですよね~♪写真じゃ、わかりづらいですけど(汗)

Imgp0303

 

 ■何故か、自販機式のおみくじが(汗)他力かよ!?とツッコミつつも引いてしまう、オレ。ボタン押したら、ブーっと言ってます。ニヤケます(笑)

Imgp0295

 

 ■ニヤケつつ引いてみたら、なんと!大吉でした♪縁起がよくて、ウレシイ♪♪

Imgp0299

 

 ■御神木。こころが洗われます。合掌。

Imgp0291

 

 ■御神木を別のアングルから。吸い込まれそう。

Imgp0292

 

 なんか、私って、つくづく独り遊びが得意な女子ですね(汗)

でも、ホント楽しかったのです♪

 

 お宿についてからは、お宿の下駄をお借りして、周辺をカランコロンとお散歩。

すると、コチラにも温泉神社が。

でも、夕刻で薄暗~くなりかけてたので、ビビリな私は断念しました(泣)

翌朝も行きそびれてしまったので、次回は必ずリベンジ!

17時くらいにチェックインしたので、次回はもっと早めにチェックインして、ゆっくり散策したいです。

(ちなみに、チェックインのお時間は13時!更に、チェックアウトは10時30分。のんびり過ごしたい方には、すごく良心的ですよね。ポイント高し。)

 

 ■温泉神社の入口を激写(右奥の方)。次回は必ず!

Imgp0307

 

 と、写真の方はカメラの電池切れにより、これにて終了~。

ここからは、旅のこぼれ話を。

 

 普段から、見知らぬ方に突然話し掛けられたり、道を聞かれる頻度が高い、ワタクシ。

それは多分、丸顔のせい??

今回の旅の中でも、やはりそんな機会が何度かありました。

その中でも、最も思い出深い出来事。

 

 大黒屋さんで入浴中に、ご婦人から突然話し掛けられたのですが、どうやら私のコトをものすごく若い女子と思っておられる模様。

その後、脱衣場でまじまじと見られ、「ところで、一体いくつなの??」とのご質問が。

ちょっと小さめな声で「33歳です。」と答えたところ、「えぇっ!?15、16歳かと思ったわよ!!33歳には見えないわね~。」ですって。

15、16歳って・・・。い、いくらなんでも、そりゃ若過ぎるぜ(汗)肌の質感違いますから!

と、こころの中で突っ込んでおきました(笑)

つーか、15、16歳って・・・。

普段から若く見られるコトは多いですが、ここまで若く見られたのは初めて。

なんか、正直複雑な気分でした(苦笑)

だって、大人の女の色香はゼロってコトですよね!?セクスィーさのかけらもない??

(だからと言って、ソコ目指してるワケでもないですが。)

どうしたモンでしょうか。

ま、スッピンだったってコトで、肌年齢が若い!ってコトにしておこうと思います(笑)

 

 その後もこのご婦人とは偶然に何度も顔を合わせる機会がありまして、お帰りの際には、「また会いましょう!」と声を掛けて下さいました。

そして、私も「ハイ!」と元気に答えました。

でも、なんだかまた必ずお会い出来るような気がしてます。

きっと、また、お会いしましょう。

そのときには・・・、ちょっとはセクスィーさを漂わせていたいモノです(笑)

 

 最後に今回の旅のお供(=本と音楽)をご紹介。

まずは、コチラ↓。

再婚生活 Book 再婚生活

著者:山本 文緒
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大好きな作家・山本文緒さんの重度うつ闘病日記。

自宅に戻ってきてからも、実はまだ読み終えていません。

(新刊「アカペラ」も手元にあるのですが、そんなワケで↑、「アカペラ」を読む行為まで辿り着けてません(汗))

普段は文緒さんの文章は一気読みしてしまうのですが、この告白日記はなんか途中で胸がいっぱいになってきて、なかなか読み進められないのです。

日記形式でたんたんと短く綴られる文章の中に、闘病生活の中でのこころの葛藤がブワーッと見え隠れして、なんか胸がいっぱいになってしまうのです。

まだ結末まで読み終えてないのですが、幸福に向かって欲しいと願わずにはいられません。

そんな一冊。

 

 そして、旅のBGMはコチラ2枚↓。

7-seven-(DVD付) Music 7-seven-(DVD付)

アーティスト:キリンジ
販売元:Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)
発売日:2008/03/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 id id
販売元: iTunes Store(Japan)
iTunes Store(Japan)で詳細を確認する

行きには軽快に楽しく、キリンジを。

帰りにはちょっと切なく、クラムボンを。

という感じで選んでみました。

 

 そう、私の旅は、旅のお供に連れて行く本と音楽を選ぶところから始まるのです。 

この作業も旅の楽しみの一つ。

どんな風景の中でどんな曲が流れてくるのか、どんな言葉がジーンと胸に響いてくるのか、想像するだけでワクワクしちゃいます♪

そして、ワクワクし過ぎて、前日の夜はあまり眠れませんでした(汗笑)小学生か!

 

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

 

 という感じで、旅日記は終了です。

長々とお付き合い下さいまして、ありがとうございます♪

書き溜めていた日記を一気に書き上げましたが、これからはまたのんびり更新になると思います。

思い出したら、時々覗いてやって下さいませ。

それでは、おやすみなさいませ☆ステキな夢を・・・zzz

 

 ♪本日のBGM・・・キリンジ/タンデム・ラナウェイ(アルバム「7」より)

|
|

« 板室温泉 大黒屋さんへぶらり一人旅。 ~2008初秋~(後編) | トップページ | 新メニューのご案内など、です。 »

コメント

こんにちは。
素敵な旅をされたのですね!!
泊まられた旅館のお名前も縁起良いし、おみくじの大吉も偶然ではありませんよ。
私も来月、宮古島へ浄化の旅に行ってまいります。
私はきれいな海好き(泳ぐ派でなく、見る派です)ですが、山も素敵ですね~。
お店の方は相変わらずですが、あきらめませんよ~!
良いことがありますように~☆

投稿: naporita | 2008年9月24日 (水) 21時47分

●naporitaさん
naporitaさん、こんばんは☆
すっかりご無沙汰しております。
メールのお返事を・・・、と思いつつ、先にコメント頂いちゃいましたね(汗)
後でゆっくりお返事させて頂きますね!

大黒屋さん、ホントにサイコーのお宿でした。
いつか機会があれば、是非足を運んでみて下さいね。
そして、naporitaさんは宮古島ですか~♪
いいな、いいな♪♪
やっぱり、普段の生活から少し離れてみるというコトも大切だと、ホントにこころから感じました。
ステキな旅になるコトをお祈りしてますね☆
ではでは、いつもありがとうございます♪
明日もよい一日を~☆

投稿: あど | 2008年9月24日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 板室温泉 大黒屋さんへぶらり一人旅。 ~2008初秋~(後編) | トップページ | 新メニューのご案内など、です。 »