« 2008 夏、そして初秋。 | トップページ | 日々を楽しむ。 »

2008年9月15日 (月)

クラムボンライヴ@雨の日比谷野音 ~2008夏~

 今年の夏は、なんだかあっという間に過ぎ去っていきました。

この辺は、梅雨が明けてもスッキリとしない天気が続いたのもあったし、併せて、この夏はおかげ様でホントにたくさんのお客様にご来店頂きまして、忙しい日々を過ごさせて頂きました。

改めまして、出会えた皆さま、ありがとうございます!

というワケで、気付いたら、♪夏の終~わ~り~(by.直太朗)を迎えておりました。

 

 こんな感じで、いつも以上に短く感じる夏でしたが、私の33度目の夏の締めくくりに、日比谷野音で行われたクラムボンライヴに足を運んでまいりました。

クラムボンライヴに足を運ぶのは、2005年に青山円形劇場で行われたライヴ以来だから、実に3年ぶり。

クラムボン@夏の野音ライヴは毎年恒例になりつつあるのですが、私が参戦したのは2003年に一度だけ。

この年の野音ライヴはDVD化されているのですが、メンバーやファンにとっても、とにかく感動的なライヴでした。

すんごい一体感と愛溢れるエネルギーに満たされていた感じ、と言ったらいいかな。

「Foklore」という曲の途中で流れ星が流れる、という奇跡も起きたりして、今でもあの感動は覚えています。

実は、私にとっても特別なライヴでした。

まだ成増に住んでた頃、翌月には栃木に戻り、新たなスタートを切ろうとこころに決めていたときで、「あぁ、これが東京ライフでの最後のライヴなんだぁ。。。」と思ったら、妙にセンチメンタルな気分になり、東京ライフでのいろんな思い出が走馬灯のように蘇り・・・。

と、ライヴ中、時々涙しつつ、感慨深く音に身を委ねていたのでした。

あれから4年・・・、また同じ場所でクラムボンに会えるなんて!

 

 そう、この野音ライヴ、なかなかチケットが取れないんですよ。

毎年毎年、チケ争奪戦が繰り広げられてまして、去年は惨敗。

今年も無理かもね、と思いつつ、プレオーダーにエントリーしてみたところ、あら、取れちゃいました。奇跡です☆

というワケで、相変わらず、イントロダクション長過ぎですが、みんなのいろんな思いが詰まっている特別な野音ライヴに、満を持して参戦して来たワケなのです。

 

 今年の夏は、各地でゲリラ豪雨による被害がたくさんありましたが、ライヴの前もなんだかそんな空模様。

正直、雨の中での野外ライヴなんて、テンション下がります↓。

ライヴ前に下北サロン時代の友人と久々に会っていたので、このまま激しい雨が降って来たら、ライヴをバックれてしまうかも・・・、と少々弱気になってみたりもしたのですが、イヤイヤ、やっぱりここまで来たのですから、雨の中でも楽しみます!

友人に付き合ってもらい、やっとの思いで雨ガッパを購入し(←レインコートではなく、雨ガッパです。半透明なヤツね。コレがなかなか売ってなくて、すんごい探し回りました。やっぱり銀座じゃ雨ガッパは売ってないんですねー。)、準備万端、野音に乗り込みました。

 

 弱い雨が降る中で、ほぼ時間ピッタリに始まったライヴ。

雨ガッパを探し回ったおかげで、ギリギリ滑り込みセーフです。

1曲目は「GOOD TIME MUSIC」。

久々に耳にする3人が奏でる生音に、それだけで感動(涙)

この曲、とってもアップテンポな曲なのに、ワケもなく、どんどん涙が溢れ出てくるワタクシ、あど33歳。

2曲目の「シカゴ」(←コチラもアップテンポな曲。)まで、ほぼ泣きっぱなしでした(汗)

8曲目の「コントラスト」でも、♪でも、平気、平気だよ というフレーズが、なんだかジーンと胸に響き、また涙。

なんでしょうかねー、今まで溜め込んでた思いや気持ちが一気に吹き出てきてしまった感じでした。

またこの空間に来れた喜びだけでなく、ライヴ前に会った友人が掛けてくれたあったかい言葉とか、いろんなコトが作用して、私の涙腺はどうなっちゃってんの!?ってくらい、泣きました。えぇ、泣きましたとも!

初めは雨の野音なんて、サイアクー!と思っていたのですが、私の中のいろんな思いをクラムボンと雨が洗い流してくれたみたいでした。

 

 郁ちゃんのやさしくて、芯の強さを感じる歌声、ミトくんの力強く、揺るぎないベース、大ちゃんの伸びやかで、心地よいドラム。

あぁ、私はホントにこの人たちの音楽が好きなんだなぁ、と改めて思いました。

そして、たくさんの元気をもらいました。

使われていた映像やキャンドル、みんなのシャボン玉もとっても美しかったし、曲の合間に聞こえてくる鈴虫の音色も風情があって、都会にいるコトを忘れました。

ホントに素晴らしい空間でしたよ。

ライヴ終わった後は、“ありがとう”の気持ちでいっぱいになって、なんだかまたジーンときました(苦笑)

 

 そうそう、弱い雨の中で始まったライヴでしたが、途中随分と激しくなってきたのですが、私は奇跡的に足元しか濡れずに済みました!

ちょうど、木の真下だったので♪

自然の恩恵をバッチリ受けて、風邪を引くコトもなく、最後までライヴを堪能出来たのは奇跡です☆

野音の神様、ありがとー!!

 

 野音から帰る道すがら、あぁ、33度目の夏が終わったなぁ。。。と、しみじみ実感しました。

特に夏が大好きなワケではないけれど、なんかちょっとだけ寂しくなったりしてみました。

ライヴの余韻に浸りつつ、ちょっぴりセンチメンタルな気分も引きずって、家路に着きました。

そして、また明日から頑張ろう!と思う、あどなのでした。

 

 と、興味ない方にはなんのこっちゃ??な話ですが、私の夏の特別な思い出語りでした。

長々とお付き合い下さって、ありがとーございます♪

こんな感じで、大好きな音楽や空間、大切なひとたちに支えらながら、私はこうして元気に過ごしています。

改めまして、いつもありがとう!感謝☆

 

 実は明日もライヴです。(←ライヴ行き過ぎ!って突っ込まないで(汗))

大好きなケンタロウさん属するスカンク兄弟のライヴに行って来まーす♪ウヒヒ!

ではでは、おやすみなさいませ☆

 

 ♪本日のBGM・・・クラムボン/コントラスト(アルバム「id」より)

|
|

« 2008 夏、そして初秋。 | トップページ | 日々を楽しむ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2008 夏、そして初秋。 | トップページ | 日々を楽しむ。 »