« 2009年の目標について、語ってみる。 | トップページ | 見~つけた! »

2009年1月16日 (金)

完結する。

 とっても珍しく、連日投稿です。こんな日も、あるんです。 

 

 さて、今日の日記の内容は昨日の続きのようなモノ。

今年の目標の一つには『中途半端になっているコトを完結させる』、という目標もございます。

その“中途半端になってるコト”の中には、このブログもあります。

実は、きちんと書き終えてない、中途半端にしてしまっている記事が2件ほどあります(汗)

 

 一つは、布ナプキンの話。(→記事はコチラ。)

布ナプキンについてはその後も使用を続けてまして、布ナプ歴も1年を過ぎました。

使用感についてや、使用後の生理時の変化など、また日を改めて、ちゃんとご報告したいと思います。(ホントに書きます。)

しばし、待て!

 

 そして、もう一つは、一人店主への道のりの話。(→記事はコチラ。)

この記事、一体何年寝かせてるんでしょ(汗)

今読むと、なんだか内容も恥ずかしいし(汗恥)

 

 この空白の時間の間は、自分の中で、一人店主としての自覚の足りなさをひしひしと感じたりして過ごしてました(→記事はコチラ。)

そんな私が『一人店主への道』なんてタイトルで日記を書くなんて、どうにもおこがましく感じられ・・・、やっぱりどうしても続きを書くコトが出来ませんでした。

じゃあ、今このタイミングで書くってコトは、一人店主としての自覚をしっかりと抱くコトが出来たからなのか??と聞かれると、それは正直、わかりません。

足りない部分は、まだまだいっぱいですから。

 

 でも、一つだけわかったコト。

それは、私が人として成長していく過程の中で、“フリーのセラピスト=一人店主”として活動する必要があったのだろう、というコトです。

フリーになったからこそ、今まで経験出来なかったコトもたくさん経験させて頂いたし、たくさんの方とも出逢えました。

その中で、学んできたコトは計り知れず・・・。

笑ったり、泣いたり、喜んだり、苦しんだり。

そんな感じで、ちょっとずつ、ちょっとずつ、成長してきたのだと思っています。

 

 足りない部分はいっぱいあります。

時には間違えるコトもあります。(ゴメンなさい。)

でも、そんな私だからこそ、伝えられるコトもあるんじゃないかな、と思います。

 

 そもそも、この記事を書こうと思ったのも、mixiをやっていたときに、「どうやって、旅館や産院に営業したのですか?」という質問を頂くコトが多かったから。

その都度お返事させて頂くのもちょっと大変になってきていたので、どうせならブログで書いちゃえ!と思いました(笑)

それに、サロンを持つコトだけが開業の術ではないし、今こうして実際に委託開業&出張開業している私が経験したコトを書くコトで、これから開業を考えている方の何かヒントになれば、とも思いました。

 

 それと、こんな経緯もありました。

私自身が開業する前に、同じように旅館で委託開業されている、同じスクールの卒業生に、営業方法や備品の管理などについての質問をしたところ、とっても冷たい(と、私には感じました。)返事が返ってきました。

なんだか、とっても、切ない気分になったのを今でも覚えています(苦笑)

まぁ、気持ちもわからないコトもないんですけどね。

あんまり、手の内、教えたくないですよね、きっと。

 

 もちろん、私は、開業コンサルタントでもアドバイザーでもありません。

個人的に「こうするとよい!こうするべき!」などとは、とてもとても言える立場ではございません!

でも、自分の経験くらいなら、語るコトは出来ます。

何というか、こうやって、自分の経験を皆さんとシェアするコトも自分の役割なんじゃないかな?とも思っているので・・・。

私の文章や言葉から、何か感じて頂ければ幸いです。

 

 書き始めから随分と日が経ってしまいましたので、タイトルも『続・一人店主への道』にリニューアルして書いていこうと思います。

続編は、いろんな意味でもっとライトに書いていきます(笑)

 

 まぁ、私のコトですから、いつも通りのボチボチ更新になると思います。

というワケで・・・、再び、しばし、待て!

 

 ♪本日のBGM・・・斉藤和義/進め なまけもの(アルバム「ジレンマ」より)

 

 ☆追記☆

『続・一人店主への道』は→コチラからご覧くださいませ。

|
|

« 2009年の目標について、語ってみる。 | トップページ | 見~つけた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2009年の目標について、語ってみる。 | トップページ | 見~つけた! »