« 完結する。 | トップページ | 突然ですが・・・、サイトのTOPページ変えました。(1/22追記。) »

2009年1月17日 (土)

見~つけた!

 リフレクソロジストの必需品、それは、爪やすり

手の爪のケアは爪切りではなく、爪やすりで行う。

コレ、リフレクソロジストのじょーしき。

 

 特に、英国式(RAJA式)リフレクソロジーの場合は、指先を使ってトリートメントするコトが多いです。

爪切りでパチンと切った爪の断面は滑らかではないため、お客様にしてみたら、足裏に爪がグサッと刺さった感じがして、とっても不快です。

なので、爪やすりを使って、常に爪先を滑らか~な状態に保って、お客様をお迎えしてます。

 

 そういえば、リフレのスクールで一番最初に習ったのも、爪やすりの使い方でした。

それくらい、爪やすりは私たちリフレクソロジストにとって、必需品というワケです。

 

 私の場合、①ガラス製、②紙製、③スポンジ製の3つの爪やすりを使い分けています。

(私に限らず、大概のリフレクソロジストさんはそうしてるんじゃないかな、と思います。)

①のガラス製はしっかり深く削りたいとき用に。

②の紙製はちょっと削りたいとき用に。

③のスポンジ製は主に角質ケア用に。

といった感じです。

 

 ちなみに、ガラス製の爪やすりですが、主にチェコで作られているようで、やすり部分は“半永久的に使える”なんて言われてます。

 

 この半永久的なガラス製爪やすり。

私の性格が大雑把故に、扱いが雑なため(汗)、そこら中に落としまくり、今までに一体何本折ってしまったり、無くしてしまったコトか(汗汗)

私に限っては、この爪やすり、全く“半永久的”ではございません。

(ま、ガラスですから、そりゃ、落とせば割れますよね。半永久的じゃないのは、全く持って、使う人間の問題です(汗))

 

 折れちゃった爪やすりのその後ですが、処分して新しいモノを購入してもよかったのですが、折れちゃったとしても「爪を削る」という機能はしっかり残っていますので、折れて短くなった爪やすりをそのまま使ってました。

でも、さすがにそろそろ新しいモノに買い換えようかな、という気分になってきました。

 

 んで、コチラのサイトで見つけました!こんなモノ♪↓

Imgp0358

もうちょっと寄ってみます。↓

Imgp0367

って、寄り過ぎて、若干ピンボケです(汗笑)

 

 そうなんです!

クローバーモチーフの爪やすりclover

しっかり、てんとう虫くんも描かれています。

こういう、主張し過ぎない、さりげないこだわりって、大好きです♪

乙女心を完全にくすぐられました(笑)

このステキな出逢いがうれしくって、3日も連続して投稿しちゃいました~(笑)

 

 今回こそは、割ったり、無くしたりせずに、大切に使うコトを誓います☆

 

 そうそう、新品の爪やすりの使用感は、ビックリする程、キレがヨカッタです!

ガラス製の爪やすりって、こんなにキレ味ヨカッタんですね。驚きました。

明らかに、昨日までの短い爪やすりとは使用感が違います。

やすり部分は、半永久的なはずなのに(汗)

新品ピカピカ、キレ味鋭い爪やすりで爪を削りながら、“ガラス製の爪やすりは半永久的”の歌い文句に、一人疑念を抱く、あどなのでした。

 

 ♪本日のBGM・・・タテタカコ/雪と月と君と僕(アルバム「裏回線」より)

|
|

« 完結する。 | トップページ | 突然ですが・・・、サイトのTOPページ変えました。(1/22追記。) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 完結する。 | トップページ | 突然ですが・・・、サイトのTOPページ変えました。(1/22追記。) »