« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月の4件の記事

2009年3月25日 (水)

およそ2年ぶりに・・・。

 更新しました。もう一つの日記を・・・(汗)↓

ぶらり、日光散歩。

(しかも、いつの間にか日記のタイトルも変えていたのでした(汗笑))

 

 いい加減更新しないと、と思いつつ、写真を整理するのがちょっと面倒だったりして(汗)、気付けば2年も経ってました(汗汗)

2年て・・・、我ながらスゴイな。(←って、感心してる場合じゃないのだけど。)

さすがに2年ぶりなので、更新の仕方に手こずってしまい、2件しかUP出来てません。

今のところ、メジャー処ばかりのご紹介になってしまっているので、またちょっとずつ時間を見ながら、ディープな日光もご紹介出来ればと思います。

 

 車でしか行けないような所のご紹介ばっかりで、電車&徒歩で観光したい方への情報量が少なくって、ホントにスミマセン!!

私も駅前~世界遺産の神橋までの道のりをぶらぶら散策したいのですが、私が気になるお店はどこも火曜定休のようなのです(涙)(←私も火曜定休なんですね。)

日光はこれから気持ちよい季節に突入します。

時間を見つけて、必ず、徒歩で散策出きる日光もご紹介したいと思います。

 

 よろしければ、どうぞ覗いてみて下さいね。(→ぶらり、日光散歩。

 

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

 昨日の記事の「疾走」についてですが(→記事はコチラ。)、さすがにボリュームもあり(←だって、原稿1100枚分ですって!)、それに加えて、ディープな内容だったりするので、疾走するようには読み進めておりません。。。

でも、久々に時間を忘れて読みふけってます。

時々、章を飛ばしてチラ読みするという反則技も出たりしてますが(汗)、何というか、それくらい先の展開が気になってしょーがない、おもしろさです。

読書って、ホント、素晴らしい!!

|
|

2009年3月24日 (火)

疾走。

 クラムボンの郁ちゃん(Vo.)と大ちゃん(Dr.)が「泣ける!」と大絶賛の重松 清氏著の「疾走」をやっと手に入れました。

毎度のBOOKOFFで105円也。ありがたや~。↓

Photo

なかなかエグイ表紙です。

そして、かなり読み応えのあるボリュームです(汗)

 

 重松氏の著作で唯一手元にあるのは、最近映画化もされた「その日の前に」。

その日のまえに Book その日のまえに

著者:重松 清
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

死を目の前にした、ある家族の物語なのですが、購入してすぐ一気読みしてしまいました。

私の読書の進め方は、ほぼ“一気読み”です。

そして、胸をググッ!と鷲掴みされると、何度も繰り返して読んでしまいます。

そんで、まぁ~飽きもせずに、泣き所では何度でも泣きます(笑)

もちろん、↑の作品でも泣かせて頂きました。えぇ。

 

 基本的に泣ける作品が好きだし、中でも、家族を題材にしているモノが割りと多いです。

更に、胸をえぐられるような鋭い文章や表現が好きだったりします。(←コレは、私がM的な人だからなのか!?(汗))

リアリティーを感じられる作品でないと、どうしても途中で読む気が失せてしまうので、いろんな作品をたくさん読むというタイプではないようです。

ベタベタな恋愛小説とかは・・・、読まないですね(←やっぱり!という声が聞こえてきそうです(笑))

広く浅くというよりは、狭く深くという感じなのかな。

 

 今日のその他の収穫は、同じく重松氏の「ナイフ」。

そして、向田 邦子さんの「愛という字」。

(ちなみに、3冊合わせて、315円也!!BOOKOFF様さまです~。)

なんとなく、私の好きな作家さんの傾向がわかりますでしょうか?

 

 映画も好きですけど、自分の中でイマジネーションを膨らましていくという作業の本の方がどちらかというと好きだったりします。

最近は読書(物語)から少し離れていましたので、これから、この読み応えある「疾走」を疾走するかのように、読み進めたいと思います。

(でも、どうか、夜更かしになりませんように☆)

 

 それと、これは今日のおまけ映像。↓

Photo_2

軽めの夜ごはん用に炊飯器(3合炊き)とホットケーキミックスで豆腐ケーキを焼きました。

ケーキというよりは、蒸しパンみたいな食感かな。

炊飯器はちっともエコじゃないし、ホットケーキミックスもジャンクだし、全然ロハスな感じではございませんが(汗)、キレイに焼けたので~。自画自賛です。

ちなみに、レシピはコチラを参考に、分量を半分にして大好きなさつまいもと黒ゴマをINして焼いてみたのですが、甘さ控え目&モッチモチな食感で大変美味しゅうございました(by.岸 朝子)。

軽めの夜ごはんとか言いながら、半量をぺろりと完食!(汗)

ごちそうさまでした。

 

 我が家にはオーブンがないのでお菓子作りを断念してましたが、炊飯器で手軽に焼けるなんて、あど感激!です。

でも、エコでもロハスでもないんですけどね・・・(汗)

その内、オーブン購入も真剣に考えてみようと思う、今日この頃です。

 

 ♪本日のBGM・・・クラムボン/バイタルサイン(アルバム「てん、」より)

|
|

2009年3月14日 (土)

明日の神話。

 先日、勝手に観光協会ショーの会場へ向かうのに、久々に渋谷駅を訪れました。

時間ギリギリだったので、井の頭線を降りて、いそいそと出口に向かっていると、目の前に故岡本太郎氏の『明日の神話』が飛び込んできました↓。

090305_18190002

そうでした!渋谷駅に恒久設置されたのでしたよね。

渋谷に出掛ける機会があるときには、必ずこの目で観ようと思っていたのですが、開演時間に気を取られ、すっかり忘れていたのです(汗)

 

 実は、渋谷に訪れる前に立ち寄った、下北のSawaya Cafe 空のたねさんで、太郎さんの「強く生きる言葉」を手にしていたのでした↓。

強く生きる言葉 Book 強く生きる言葉

著者:岡本 太郎,岡本 敏子
販売元:イーストプレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんとも、太郎さんからの事前のメッセージをスルーしてしまうとは(苦笑)

今回はたまたま下北⇒渋谷ルートでしたので、スルーしたにも関わらず、しっかり目にするコトが出来ました。

神様、ありがとう。

 

 一目観た瞬間、その存在感と力強さに圧倒され、立ち尽くしてしまいました。

あまりにも感動的な光景に、自然と涙も溢れてきちゃいました。。。

私のように、立ち止まり、見上げ、眺めている人はほんの数えるくらい。

ほとんどの皆さんは、いつも通りの日常の風景として、『明日の神話』の前を忙しそうに行き交っている。

でも、その風景もまた、一つの作品のようでした。

『明日の神話』が日常に溶け込んで、太郎さんの魂がそこに存在している。

そんな風に感じつつ、渋谷駅を後にしました。

 

 そして、開演ギリギリで滑り込んだ勝手に観光協会ショーも、圧倒的なくだらなさでした(笑)

 

 ♪本日のBGM・・・キセル/チャーリー(アルバム「旅」より)

|
|

2009年3月 3日 (火)

そこで黄金のキッス。

 今年もなんとかチケ取れました!

シティボーイズ(大竹まことさん、きたろうさん、斉木しげるさん)のコントライヴ♪

今年のタイトルは、『そこで黄金のキッス』。

このタイトルからして、絶対にオモシロくないワケありません。

私的に“キス”ではなく、“キッス”なのがよいです。

大体、“そこ”ってどこだよ!?って話だし、“黄金のキッス”ってどんなだよ!?って話です(笑)

ツッコミどころ満載ですが、一体どんなキッス??と想像力を駆り立てられます。

 

 2年前に念願叶って、初めてライヴに足を運んだのですが、私がうっかりさんなばっかりに、取れたチケは大阪公演のモノでした(笑)(→記事はコチラ。)

昨年は日程が合わなかったのと、会場が日帰りで帰るにはちょっと不便な場所だったので、断念。

そして、今年は(日程的に)どうしようかなぁ。。。と迷っている内に、プレオーダーの期間が過ぎてしまいました(汗)

でも、ずーっと『そこで黄金のキッス』というタイトルが頭から離れず(だって、キッスですから(笑))、そんな風に過ごしていたら、追加プレオーダーのお知らせが!

コレはもはや、神様からのお告げ!と勝手に解釈し、申し込んだら、取れちゃいました。

ちなみに、今回取れたチケはちゃんと東京公演ですので(笑)

 

 e+のサイト内で、毎年恒例のインタビューがUPされています。(→コチラ。)

相変わらずの三人の絶妙な掛け合いに、ニヤニヤさせて頂きました(笑)

特に、きたろうさんの着ているセーターのくだりがたまらないです。

このくだらなさ、わかる方だけ、どうぞ笑ってください(笑)

 

 今年もおじさま方のどうしようもないくだらなさに、お腹いっぱい笑わせて頂こうと思います!

あぁ、今から楽しみ♪

 

 こんな感じで、昨年からチケ運がとってもよろしいです。

昨年は音楽のライヴが中心でしたが、今年はなんとなく気分的に笑いのライヴが中心になりそう。

明後日は、みうらじゅん氏&安齋はじめ氏の勝手に観光協会ショーに参戦してきます。

そして、今後行きたいのは柳家花緑さんの高座です。

以前、落語についてこんな記事を書いてまして、昇太兄さんの高座も拝見致しました。

ワタクシ、昇太兄さんの生き方やスタイルはとってもスキなのですが、落語に関しては、花緑さんの方が好みである、と気付いてしまいました。(←昇太兄さん、ゴメンなさい!)

花緑さんの何がよいって、噺の間や、表現も素晴らしいのですが、声がよいです。

昇太兄さんと違って、滑舌もよいです。(←兄さん、ホント、ゴメンなさい!(笑))

花緑ごのみ、いつか必ず行かせて頂きます。

 

 って、ホント、興味ない方には、どうでもよいネタのオンパレードです(笑)

きたろうさんも言ってますが、こんな時代だからこそ、いっぱい笑って、いっぱい元気になりたいです。

笑いは私にとって、生きる活力。

笑いのない人生なんて、考えられません!

そしていつか、ステキなパートナーとシティボーイズのライヴで共に笑い合えるような、そんな人生が送れますように・・・☆

 

 さて、今日はひな祭りでしたね。

ひな祭りというコトで、私も乙女代表として、ちらし寿司など作ってみました。

更に、誕生日の前祝も兼ねて、チョコケーキも焼いてみました(炊飯器で)。↓

Imgp0459

そう、あと1時間くらいで、ワタクシ、34歳になります。

34歳も、楽しく笑って過ごせますように・・・。

今日まで出逢えた皆さんにありがとう!そして、明日から出逢う皆さんにもありがとう!

ステキな34歳の日々を送れるコトを夢見て、眠りにつきます。

おやすみなさいませ☆

 

 ♪本日のBGM・・・サニーデイ・サービス/青春狂走曲(アルバム「東京」より)

| | コメント (6)
|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »