« 明日の神話。 | トップページ | およそ2年ぶりに・・・。 »

2009年3月24日 (火)

疾走。

 クラムボンの郁ちゃん(Vo.)と大ちゃん(Dr.)が「泣ける!」と大絶賛の重松 清氏著の「疾走」をやっと手に入れました。

毎度のBOOKOFFで105円也。ありがたや~。↓

Photo

なかなかエグイ表紙です。

そして、かなり読み応えのあるボリュームです(汗)

 

 重松氏の著作で唯一手元にあるのは、最近映画化もされた「その日の前に」。

その日のまえに Book その日のまえに

著者:重松 清
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

死を目の前にした、ある家族の物語なのですが、購入してすぐ一気読みしてしまいました。

私の読書の進め方は、ほぼ“一気読み”です。

そして、胸をググッ!と鷲掴みされると、何度も繰り返して読んでしまいます。

そんで、まぁ~飽きもせずに、泣き所では何度でも泣きます(笑)

もちろん、↑の作品でも泣かせて頂きました。えぇ。

 

 基本的に泣ける作品が好きだし、中でも、家族を題材にしているモノが割りと多いです。

更に、胸をえぐられるような鋭い文章や表現が好きだったりします。(←コレは、私がM的な人だからなのか!?(汗))

リアリティーを感じられる作品でないと、どうしても途中で読む気が失せてしまうので、いろんな作品をたくさん読むというタイプではないようです。

ベタベタな恋愛小説とかは・・・、読まないですね(←やっぱり!という声が聞こえてきそうです(笑))

広く浅くというよりは、狭く深くという感じなのかな。

 

 今日のその他の収穫は、同じく重松氏の「ナイフ」。

そして、向田 邦子さんの「愛という字」。

(ちなみに、3冊合わせて、315円也!!BOOKOFF様さまです~。)

なんとなく、私の好きな作家さんの傾向がわかりますでしょうか?

 

 映画も好きですけど、自分の中でイマジネーションを膨らましていくという作業の本の方がどちらかというと好きだったりします。

最近は読書(物語)から少し離れていましたので、これから、この読み応えある「疾走」を疾走するかのように、読み進めたいと思います。

(でも、どうか、夜更かしになりませんように☆)

 

 それと、これは今日のおまけ映像。↓

Photo_2

軽めの夜ごはん用に炊飯器(3合炊き)とホットケーキミックスで豆腐ケーキを焼きました。

ケーキというよりは、蒸しパンみたいな食感かな。

炊飯器はちっともエコじゃないし、ホットケーキミックスもジャンクだし、全然ロハスな感じではございませんが(汗)、キレイに焼けたので~。自画自賛です。

ちなみに、レシピはコチラを参考に、分量を半分にして大好きなさつまいもと黒ゴマをINして焼いてみたのですが、甘さ控え目&モッチモチな食感で大変美味しゅうございました(by.岸 朝子)。

軽めの夜ごはんとか言いながら、半量をぺろりと完食!(汗)

ごちそうさまでした。

 

 我が家にはオーブンがないのでお菓子作りを断念してましたが、炊飯器で手軽に焼けるなんて、あど感激!です。

でも、エコでもロハスでもないんですけどね・・・(汗)

その内、オーブン購入も真剣に考えてみようと思う、今日この頃です。

 

 ♪本日のBGM・・・クラムボン/バイタルサイン(アルバム「てん、」より)

|
|

« 明日の神話。 | トップページ | およそ2年ぶりに・・・。 »