« ひっそりと。 | トップページ | 七夕の夜に。 »

2009年6月 3日 (水)

魂の花。

 先日、Atelier Angelica Sweet オーナーのまりさんから、ソウルフラワーアートが届きました。

まりさんのソウルフラワーアートは、私たち一人ひとりのをチャネリングにより“花”に例えられ(=ソウルフラワー)、そのソウルフラワー(つまり、私自身)をまりさんの豊かな感性でとってもやさしく、美しいタッチで描かれています。

そして、その人にとって、今必要なリーディングメッセージも受け取るコトが出来ます。

(→ソウルフラワーについて詳しくは、まりさんのサイトをご覧くださいませ!)

 

 私のソウルフラワー(魂の花)は一体なんだろう??

魂の花とのご対面まで、本当にワクワクした気持ちで、心待ちにしていました。

そして、手元に届いた魂の花は、“バターカップ”という、野山に自生する小さな黄色いお花でした。

(プロフィール写真のお花が、まりさんから受け取ったソウルフラワーアートです♪)

 

 バターカップ・・・。

そんなお花があるなんて、初めて知りました(汗)

まりさんによると、スイスなどの野山に自生する、キンポウゲ科の高山植物だそうな。(→バターカップについては、コチラコチラをどうぞ。)

 

 ネットで調べてみると、背丈は30cm以上になるようなのですが、花自体は2cm程で、本当に小さな小さなお花だそう。

太陽に向かって、精一杯背伸びして、小さな黄色い花びらをキラキラと輝かせている姿が目に浮かびます。

そう、このバターカップというお花は、とにかくその花びらの輝きがツヤツヤと素晴らしいそう!

バターカップという名前の由来もココにあるようです。

(要するに、バターを塗ったようなツヤツヤ加減てコト、らしい。)

まりさん曰く、フラワーエッセンスにもあるようで、“自分の内側の光を輝かせて生きるコト”をサポートしてくれるお花だそうです。

なんだか、ステキ☆じゃないですか!

 

 バターカップちゃんが手元に届くまで、自分でもいろいろと想像はしていたのですが、きっと、バラやユリなどの高貴で美しいお花ではないだろうなと思ってました(笑)

というか、むしろ、そういう美しいお花であって欲しくないような・・・。

だって、私のイメージとは真逆な気がするんですモノ!(←自虐的!?(汗))

なんというか、もっと、田舎のニホイのするような、道端にひっそり、ちょこんと咲いている、素朴なお花。

なんとなく、そんなお花かな?イヤ、そうであって欲しい!とすら、思ってました(笑)

 

 というのも、以前の日記でも書いてますが、私はイワユル“雑草”と呼ばれる草花が好きなのです。(→そのときの記事はコチラ。)

雑草の「可愛くて、たくましく、自由。」という生き方は、私の生き方の理想そのもの。

(バターカップちゃんも、人によっては雑草と見なされていたりするようです。)

ですから、野山に自生するバターカップちゃんが私の“魂の花”だと知ったとき、本当に本当にこころから嬉しく思い、そして、私自身もちゃーんとしっかり感じ取っていたんだな、となんだか晴れ晴れしい気持ちにもなりました。

 

 まりさんの温かく、力強いリーディングメッセージはシンクロ&驚きの連続!

鳥肌モノでした。

私が今向き合っているテーマ「自分を愛する」という内容もしっかり盛り込まれていて、改めて、身が引き締まる思いです。

 

 私は今、やさしく寄り添ってくれるまりさんのソウルアートと言葉たちに、本当に励まされています。

そして、私の人生のミッションをまりさんを通して示して頂いたのではないかと、そんな風に感じています。

まりさん!本当にありがとうございます。感謝☆

 

 Atelier Angelica Sweetさんのサイト内で、私のソウルフラワーアートの感想がUPされています。

よろしければ、覗いてみてくださいね。(→コチラからどうぞ。)

 

 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

 私とソウルフラワーアートとの出逢いは、昨年秋に参加した逗子ハーモニーさんでの「宇宙貯金」セミナーでご一緒した、チャクラセラピスト科の講師、齋藤真理さんから頂いた名刺でした。(→セミナー参加の記事は、コチラ。)

真理さんの名刺に描かれた、麗しい“マドンナリリー”を一目見たとき、自分の魂の花はなんだろう??と、とっても興味が沸きました。

そして、今、私とバターカップちゃんを引き合わせてくれた、真理さんの下で、私はチャクラセラピストになるために学んでいます。

なんだか、すごいご縁です。

 

 チャクラを学ぶきっかけは、もちろんチャクラセラピストになるためでもあるのですが、自分自身をもっと知りたいと思ったから。

そして、セラピストとして、人として、エネルギーのコトを深く理解するコトが必要に感じたからです。

この先、1年掛けて、ゆっくり学ぶ予定です。

来年の春には、どんな自分と出逢えるのか、今から楽しみです。ムフ♪

 

 ♪本日のBGM・・・tico moon/初恋(アルバム「Raspberry」より)

|
|

« ひっそりと。 | トップページ | 七夕の夜に。 »