« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年7月の5件の記事

2009年7月31日 (金)

今更ですが・・・(汗)

 そう言えば、シティボーイズミックス PRESENTS「そこで黄金のキッス」レポを書いておりませんでした。

そう言えばも何も、この公演を観に行ったのは、5月のGW明けでしたっけ(汗)(→チケ取れた!の日記は、コチラ。)

今更感たっぷりですが(汗)、自分の記憶の記録として、書いてみるコトにしました。

 

 還暦(!!)のおじさま方のバカバカしさは相変わらずでしたが(笑)、個人的には、2年前に観た「モーゴの人々」の方が、バカさ加減は勝っていたような気がします。(→そのときの記事はコチラ。)

とは言っても、今回もバカバカしさにシュール・・・、と言うよりか、テレビでは絶対に放送出来ないようなブラックなネタ満載で(汗笑)、とにかく笑いました!

とりあえず、きたろうさんの女装姿を何度も観れて、楽しかったです(笑)

 

 シティボーイズのライヴには、今の若手のお笑いの方たちのようなスピード感は全くないのですが(笑)、

(実際に、前日までの公演後のアンケートで“スピード感がない!”とのご指摘があったそうです(笑))

何というか、そこがよかったりするのです。

今回もきたろうさんのグダグダ感は相当ひどかったですが(笑)、でも、そこも味なんですよね~。

観客の皆さんにもミーハーな感じがないですし、落ち着いて、くだらなさを堪能出来るのがよいのです!

 

 ちなみに、e+のインタビューできたろうさんがみんなにいじられていた、首元に意味のないファスナーの付いた、あのセーター。(→画像はコチラから。)

コント中に実際に着て、出演されていました(笑)

やっぱり、あのセーターは私のツボでした!

 

 って、なんだか、きたろうさんについてのレポみたいになっちゃってますね(笑)

イヤ、好きなんですよ、きたろうさんが!

 

 それと、今回は音楽をカジくん(カジヒデキ氏)が担当していて、それだけで、萌えました。

相当カッコヨカッタです!!

前回もそうでしたが、コントの合間に、ステキな音楽と映像がうまい具合に挟まれていて、それも楽しみの一つだったりします。

くだらなさとカッコよさのバランスが絶妙で、ホント、ステキなおじさま方です♪憧れます☆

 

 私はまだシティボーイズライヴを2回しか観てませんので、そんなに多くを語るコトは出来ませんが(汗)、還暦を迎えても尚、毎年新しいネタでライヴをし続けるという姿勢に、リスペクト!

来年もまた是非観に行きたいな。

 

 ♪本日のBGM・・・カジヒデキ/SIESTA(アルバム「MINI SKIRT」より)

|
|

2009年7月19日 (日)

ゴッツリ。

 関東では梅雨も明け、毎日蒸し暑い日が続いております。

今日は世の中的には、3連休の中日ですね。

連休初日の昨日は、たくさんのお客さまにお越し頂きました!本当にありがとうございます♪

 

 本日の日光のお天気は時折晴れ間も見えますが、曇り空です。そして、やっぱり暑い(汗)

連休中は日光方面にお越しになる方もたくさんいらっしゃると思います。

水分補給をしっかりして、熱射病にならないように気をつけてお過ごしくださいね。

 

 今月に入り、サロン業務の方がなんだか緩やか~な感じになっています。(昨日を除いて。)

とは言っても、産婦人科でのお仕事の方はお産ラッシュ!というコトもあり、たくさんのお母さん方にお越し頂いています。ありがとうございます!

まぁ、コレもバランス!?なのでしょうか(笑)

サロン業務が緩やかなのは、もちろん私的にはあまり喜ばしいコトではございません。

でも、だからと言って、ただただ指をくわえて時が過ぎるのを待っていてもしょーがない。

こういうときは腰を据えて、ガッツリならぬ、ゴッツリPC作業をする時間に充ててしまいます。

 

 なかなか手を付けられずに放置状態だった(汗)、チラシやショップカード、カウンセリングシートを作り直したり、サイトの方も手を加えました。

PC作業に関しては、ついつい後回しになりがちで・・・、

でも、集中してやり出すと時間を忘れて、ついつい夜中までやり続けてしまいます(汗笑)

どうも極端な性格なようで。。。

一度気になりだすと、アレもコレも気になってきて(汗)、秋以降に検討しているメニューの入れ替えのためにも、これからは時間を見つけて、ちょこちょこPC作業を続けていこうと思いました。

日記の更新も・・・ですね(笑)

 

 とにもかくにも、こんなご時勢の中、リフレのお仕事一本でごはんが食べられるというのは、本当にありがたく、とんでもなく幸せなコトです。

改めまして、この場をお借りして、関わってくださる全ての方に感謝致します。

ありがとうございます!!

 

 今日もお客さまとのどんな素晴らしい出逢いがあるか、楽しみです♪

それでは、引き続き、よい休日を!

 

 ♪本日のBGM・・・ハナレグミ/光と影(アルバム「あいのわ」より)

 

 栃木県日光市のリラクゼーション・サロン クローバー

|
|

2009年7月10日 (金)

笑顔の輪。

 本日は、こいけレディスクリニックさんで産後のお母さんへの出張リフレの日。

いつも通り、自宅から車を走らせていると、目の前には路線バスが。

信号待ちで止まっていたら、バスの後部座席に座っている小学生の男の子たちが、コチラに向かってとびっきりの笑顔で手を振ってきました。

普段はとってもマヌケ顔(汗笑)で運転している私も、少年たちに釣られ、ついつい笑顔がこぼれます。

私も笑顔で手を振り返すと、とっても嬉しそうに喜ぶ少年たち。

 

 私もこどもの頃は後ろの車に向かって、よく手を振ったモンです。(←もちろん、知らない大人の人に。)

時々、相手にしてもらえないコトもあったけど、ほとんどの大人の人は、笑顔で手を振り返してくれました。

そんな、懐かしくも嬉しい記憶がほんのりよみがえります。

 

 無邪気に、知らない大人(=私)に手を振る、純粋そのもの、キラッキラ☆の少年たち。

私もこどもの頃の気持ちに戻って、笑顔で手を振り返す。

知らない者同士の、言葉のない、温かいコミュニケーション。

それは、日常のなんてコトない風景ですが、笑顔って素晴らしいなぁ~、としみじみ思ってしまいました。

 

 ニコッ!と笑顔を向けられて、嫌な気分になる人はほとんどいないと思います。

相手が笑顔になれば、コチラも自然と笑顔がこぼれる。

逆に言えば・・・、コチラがニコッ!と笑顔を向ければ、相手もついつい笑顔になってしまう。

笑顔の輪の瞬間です。

笑顔は、人と人とを繋ぐ、世界一、イヤ、宇宙一温かくて、素晴らしいコミュニケーションツールだと、改めて思いました!

笑顔って、素晴らしい。

 

 そんなコトを思いつつ、純粋無垢な少年たちの笑顔を見ていたら、なんだか胸がジーンとしてきて、思わず、涙が溢れてきてしまいました。。。(←歳を重ねるごとに、益々涙もろいワタクシです。)

少年たちよ、ありがとう!!

きっときっと、キミたちはステキな大人になる!と、ちっちゃいおばちゃんは思ってますぞ。

 

 そんなワケで、今日は朝からとっても清々しい気分で過ごせました♪

今日もたくさんの笑顔と出逢えたコトに、感謝☆

また明日から、笑顔で楽しく、頑張ります!

 

 ♪本日のBGM・・・曽我部恵一/幻の季節(アルバム「LOVE CITY」より)

|
|

2009年7月 8日 (水)

魂を、揺さぶられる。

 昨日(7月7日・七夕の夜)の自由学園明日館の講堂で行われた、小谷美紗子×湯川潮音 2マンライヴ、本当に本当に素晴らしいライヴでした。

 

 潮音ちゃんファンのワタクシは、もちろん、潮音ちゃん目当てで参戦したワケですが・・・、

小谷さんの圧倒的な歌声と存在感にすっかりやられてしまいました。ハイ。

私のこころのベストテン ベスト3にランキングされるような、こころに響いてくる素晴らしい音と時空間。

忘れられない、七夕の夜となりました。

 

 彼女の曲は今まであんまり聴いたコトがなく、持っているアルバムはたった1枚だけ。

そのアルバムを買うきっかけになったのは、いつだったか、某国営放送で放映された京都のお寺でのイベントで、そのときに出演していた彼女の弾き語りライヴをたまたま観たコトから。

彼女の存在は知っていたけど、初めて彼女の歌声を聴き、ものすごい衝撃を受けたのでした。

(そう言えば、遠い昔にMステで歌っている姿を観たコトあったかも(汗)でも、あまり印象に残ってないのです。。。)

ブラウン管の向こう側からでもグワァーンと度直球で胸に迫ってくる、とても迫力ある歌声。

彼女とピアノと・・・そこだけポッカリ異空間のような、そんな独特の世界観にグイグイ惹きこまれてしまいました。

放映時間は深夜だったにも関わらず、なんか、スゴイモノ観ちゃった・・・!!!!!というような、でっかい衝撃を受け、その夜は興奮状態でベッドに入ったのでした(笑)

 

 その後、彼女の曲をちゃんと聴いてみたくって、中古CD屋さんで2ndアルバム「i」をたまたま見つけ、手にしました。

i Music i

アーティスト:小谷美紗子
販売元:MCAビクター
発売日:1997/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アルバムで聴く彼女の歌声も素晴らしかったのですが、あの弾き語りライヴでの歌声の印象があまりにも強過ぎて、その後はあんまりアルバムを聴くコトはありませんでした。

彼女の書く詩や曲も、どちらかというと、“陰”な印象が強かったのもあるかもしれません。

(当時の私の勝手なイメージでいうと、中島みゆき的なダークな感じ。♪うらみ・ます~)

機会があれば、ライヴで聴いてみたいなぁ~、とぼんやりと思いながら、いつの間にか時が過ぎ、そして、そんな思いを忘れた頃の今回の2マンライヴとなったワケです。

 

 小谷さんのこだわりで、弾き語りライヴはお寺や教会のような、特別で静かな空間でしかやらないそう。

弾き語りライヴは特に、1曲1曲、集中してやりたいんだそうです。

曲と曲の合間に、スッーと自分の中に入り、精神を集中させる、静寂の時間。

その一瞬、観ているコチラ側も心地よい緊張感に包まれます。 

その心地よい緊張感の中でグワァーンと響き渡る彼女の歌声は、本当に凄まじかったです。(そして、声量もスゴカッタ!)

なんか、もう、神がかっているとか、そんな領域。

それに加えて、講堂の外から時折聞こえてくる、木々のざわめきや風の音もとっても幻想的で(←まるで、グリム童話の世界のよう。)、やっぱり今回もここが池袋だというコトを一瞬で忘れました(笑)

 

 ちなみに、私はたった1枚しかアルバム持ってないっていうのに、その中から2曲も歌ってくれました!キ・セ・キ☆

 

 多分・・・、あまり得意ではなさそうなMC。

一つひとつ、言葉を選びながら、歌声とは比べモノにならないくらいの小さめの声で話すその姿がとても印象的でした。

ラストの曲の前に、彼女なりの七夕への想いを話してくれたのですが、彼女にとって、七夕はとても特別な日だそう。

ライヴ前に自宅でピアノを弾きながら歌っているときも、自然と涙が溢れてきてしまったと、そんなエピソードも話してくれました。

 

 そんな彼女が七夕に、こどもの頃からずっとずっと、シンプルに祈り続けているコト。

それは、“家族がずっと仲良く暮らしていけますように。”という願い。

 

 実は・・・、私も毎年、彼女と同じように、“家族みんながこれからも幸せに過ごせますように。”と願っているのです。

“ステキな男性と出逢いたい!”とか、“幸せな結婚をしたい!”とか、“縁側のある一軒家で自宅サロンを開きたい!”とか・・・、自分自身が幸せになるための願いは、欲張りなくらい、いくらでもあるのですが(汗笑)、

でも、短冊に願い事を一つだけ書くとなると、とてもシンプルに、家族の幸せを願い、祈っている私がいます。

 

 そんな彼女と私の想いが重なったとき、涙がとめどなく溢れ出てきました。

 

 ラストの曲までは、彼女の影の部分を切り取ったような曲がほとんどだったのですが(←自らの失恋をそのまま歌にした、という曲も歌ってましたし。)、ラストの曲は彼女の光の部分を見たように感じました。

 

 私を信じてる。あなたを信じてる。

 

 そのフレーズが、私の魂を大きく揺さぶりました。

なかなか自分自身を愛して、信じてあげられなかった私のこころに、やさしく、強く、響きました。

彼女のやさしく微笑みながら歌う姿に、希望の光を見た、そんな素晴らしい瞬間でした。

 

 あぁ、私はこの瞬間を味わいたいから、ライヴに足を運ぶんだな・・・。きっと。

 

 小谷さんがステージを去った後も、しばらく放心状態で、実は、その後の潮音ちゃんのライヴも、最初のうちはなんだかフワフワした気持ちで聴いてました(苦笑)

あ!もちろん、潮音ちゃんも素晴らしかったです♪

放心状態の私のこころに、じんわりと染み渡る、やさしい歌声でした。

潮音ちゃんのふんわりとした空気感のおかげで、ちょっとずつ、自分を取り戻して、無事に家路に着くコトが出来ました(笑)

(途中、足元のスティールペダルを踏み忘れ、コーラスを付けずに1曲最後まで歌ってしまい、また同じ曲をコーラスを付けて歌い直すという、なんともお茶目な一面を見せたりしてくれたのでした(笑)和むわぁ~。)

潮音ちゃん、ありがとー!

 

 都会の空では満点の星もまんまるの満月も観るコトが出来ませんでしたが、栃木に戻ってきたら、雲の切れ間から満月をチラ観するコトが出来、また幸せ気分に浸れました♪

 

 7月7日、七夕の夜。

みなさんそれぞれが思い思いの特別な夜を過ごされたと思いますが、小谷さん、潮音ちゃん、そして、あの空間にいたみんなにとっても、とても特別で大切な夜になったコトは間違いありません。

あんなにこころが震えるようなライヴに身を置けるという幸運は、そうそうありませんからね。

やっぱり、このライヴ見逃してたら、一生後悔してたなぁ~(笑)

小谷さん、潮音ちゃん、本当にステキな七夕の夜をありがとう。Love!

 

 ♪本日のBGM・・・小谷美紗子/Gnu(アルバム「i」より)

|
|

2009年7月 7日 (火)

七夕の夜に。

 相変わらず、日記の更新が滞っておりますが、私は元気です!

*こんな感じで更新が滞りがちなので、一旦、コメント欄を閉じちゃいました。迷惑コメントがひどいので。。。この日記を通してお知り合いになった方もいらっしゃるので、心苦しくもあるのですが・・・、いつもあなたのコトを想っておりますので♪これからもよろしくお願い致します! 

あっという間に1年の半分が終わり、いよいよ後半戦ですね。

前半戦を振り返ってみると、歩みはゆっくりではありますが、今年の初めに立てた目標に向かって、ボチボチ進んでおります。

ちなみに、今年は屋号を変える!と決めていましたが、来年以降に延期しました。

ま、やっぱり、変えるコトには変わらないのですが。

自分自身のいろんな想いの変化に沿って、ピッタリくる屋号やロゴのイメージにしていきたいと思います。

 

 さて、今日は七夕ですね☆しかも、満月!

皆さんは、どんな七夕の夜を過ごされるのでしょうか?

私は、これからお上りしまして、潮音ちゃん小谷美紗子さんの2マンライブに参戦して参ります!

この組み合わせ、ちょっと鳥肌モノですよ~。

このライヴ見逃したら、多分、一生後悔しちゃいそう、と思ってるくらいです(汗笑)

どちらも独特の世界観を持った二人だから、魂にドーンと響いてくるような、きっとすんごい素晴らしいライヴになるコトは間違いないでしょう。

しかも、会場は昨年も潮音ちゃんライヴが行われた、自由学園明日館の講堂。(→そのときの記事はコチラ。)

あのステキな空間で、どんな音が鳴り響くのか、今からドキドキ☆ワクワクです♪

 

 お天気が心配なところですが、どうか、満点のお星様とまんまるお月様が見られますように☆

 ではでは、皆様もステキな七夕の夜を☆

 

 ♪本日のBGM・・・湯川潮音/恋は月をめざして(アルバム「灰色とわたし」より)

|
|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »