« 続・一人店主への道。~①サロンで働く、というコト。~ | トップページ | 鹿、飛び出し注意。 »

2009年11月 4日 (水)

宿題。

 先日、お客さまより、「メニュー表の表記がわかりにくい!」というご指摘を受けました。

そのご指摘をスルーするコトも出来たのですが・・・、

(一人でやってますから、スルーしても、誰からもとがめられませんからね。)

思い切って、「具体的に、わかりにくいのはどんなところですか?」と、お聞きしてみました。

 

 そのお客さまは50代の男性で、恐らく、自営業の方だと思われます。

関西の方というコトもあって、はっきりしていらっしゃる。(←関西の方の私的イメージです。違ってたら、ゴメンなさい。)

とっても具体的に、ズバリ!とご指摘頂きました。

 

 私のサロンは旅館内で営業しているというコトもあり、比較的、年齢層も高いですし、男性のお客さまもご案内していますので、セラピーというモノを初めて受ける、という方も多いです。

 

 旅館のお客さまの一番の目的は、観光しかり、温泉に浸かり、のんびり過ごすことしかり。

“セラピーを受ける”というコトを、一番の目的にしているワケではありません。

お客さまにとっては、あくまでも、おまけのようなモノ。

「あるから、受けてみようかな~。」というくらいのライトな感覚の方がほとんどで、

旅に出て、“セラピーを受ける”というコトは、絶対的に必要なモノではないのです。

 

 旅館で営業する上で、この部分が、通常のサロンとの違いだと、私自身も自覚しています。

 

 だから・・・、セラピーを全く受けたコトがない方にでも、ちゃんと伝わるような文章や表現で、販促物を作るコトは絶対なのです。

(ちなみに、館内に置かせて頂いている全ての販促物は、自作なのであります。)

 

 なんですが・・・、

「わかりにくい!」というご指摘を受けてしまいました(汗)

お客さまからの具体的なご指摘に耳を傾けながら、「確かに・・・、その通り!」とうなずかざるを得ませんでした。。。反省。

 

 どんなにしっかりとした技術を提供出来ても、そのよさをきちんと伝えられなければ、お客さまは受けてみよう!とは思ってくださらない。

(実際に、わかりにくい!と思いつつも、ありがたいコトにご予約してくださったこのお客さま、施術後は「キモチよかった~!」と満足してくださいました♪)

わかっているつもりだったけど、ただの“つもり”でした(苦笑)

 

 わかりやすい表現って、ホントに難しいです。。。

でも、これからもセラピストとしてお仕事していく以上、この課題はずーっと付いてまわるモノ。

目をそらさずに、しっかりと向き合っていきます!

 

 そんなワケで、お客さまより宿題を頂きました(笑)

ちょっとずつですが、もっと皆さんにわかりやすく、販促物を手直ししていきます。

Fさま!ご指摘くださいまして、ありがとうございます♪

たくさんの愛と感謝を込めて!

 

 ♪本日のBGM・・・小谷美紗子/明日からではなく

|
|

« 続・一人店主への道。~①サロンで働く、というコト。~ | トップページ | 鹿、飛び出し注意。 »