« ぐるりのこと。 | トップページ | 続・一人店主への道(完)~⑤自分を知って、自分を信じる~ »

2009年11月27日 (金)

続・一人店主への道。~④出逢い~

 サロン勤務から、一人店主に至るまでの道のりを、自分の記憶を辿りながら、ポツポツと更新しています。

これから、開業しようとされている方やセラピストのお仕事をしようと考えていらっしゃる方の何かヒントになれれば・・・、私もウレシイです。

 

 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

 私は現在、フリーのセラピストとして、旅館(鶴亀大吉さん)での委託開業、そして、産婦人科(こいけレディスクリニックさん)での出張開業の2本立てで、活動しています。

 

 どちらに関しても、特に誰かのツテがあったワケでもなく、募集が掛かっていたワケでもなく、まるっきりの飛び込み営業でした。

ちなみに、OL時代は受注業務を専門にやっていましたから、営業に関してはド素人(汗)

そんな感じで営業に関する知識は全くありませんでしたが、ご縁があって、こうしてお仕事させて頂けるようになったコトは、本当にありがたいコトだと思っています。

 

 営業ド素人の私がどういう戦略で営業したのかと言うと・・・、

正直、あんまり戦略と言えるようなモノはなかったです(苦笑)

とにかく誠実に、熱意を持って、なるべくわかりやすい資料や企画書を作るコト、そして、自分の想いをきちんとしっかり伝えるコトくらいしか、私には出来ませんでした。

(技術に関しては、それなりに自信があったので、あまり心配していなかったです。というか、自信ない人には、受け入れ側も任せられないでしょうから(汗))

営業に関する知識を身に付けるコトなく、飛び込み営業しちゃったのだから、今思うと、随分と度胸があったなと、自分でも思います(笑)

 

 私が卒業したマキ・フジタヒーリングスクールでは、在校生&卒業生向けの『独立開業セミナー』が定期的に開かれているのと、在校中に『独立開業マニュアル』が配布されます。

でも、私の場合・・・、時期が合わなくて、セミナーに参加出来ないまま、栃木に戻ってきてしまいました(汗)

おまけに、私が卒業した頃は、開業マニュアルはセミナー参加者にしか配布されなかったので、手元にはそういった資料はないような状況。。。

はて、困りました。

 

 でも・・・、そんなときに、愛すべく、友がいる!

大手サロンの同期で、一足お先に個人サロンを開業した、リラックスプラスのオーナー赤尾氏に『独立開業マニュアル』をお借りし、自分に必要な情報を手に入れ、その中で、企画書や資料を作成しました。

それと、私が属しているリフレクソロジーの協会から季刊で発行される会報誌なども、大切な大切な資料となりました。

 

 そんな感じで、ごくごく少ない情報と資料、そして友の協力の中で、自分に出来るコトを模索しながら、営業した、というワケです。

 

 とにかく、まずは、ターゲットを絞るところから。

私は基本的に、誰かを雇ったりするコトなく、自分一人でお仕事するコトしか考えていなかったので、私一人で回せるくらいのこじんまりとした規模の旅館を探すコトに決めました。

次に場所ですが、“日光”というのは既に決まっていたので、日光でも、冬でも通える距離と場所を考え、日光市内に絞り込みました。

 

 そして、大切だったのは、お客さまの層と入り具合

リフレクソロジーは旅行中のお客さまにとって、絶対に必要なモノではありません。

(だって、旅の一番の目的ではないですからね。)

だからこそ、宿泊料金がある程度の設定の所でないと、リフレクソロジーのような余分なモノに金額を落としてはくれないと、私は思いました。

そして、もちろん、それなりに繁盛している旅館でないと、絶対数が少なくなるので、継続的に営業してはいけません。。。

 

 当時、日光市内に住んでいた姉夫婦にも聞き込みし、口コミでの評判のよい旅館を絞り込んでいったら、その中に鶴亀大吉さんがありました。

 

 コレ、オフレコですけど、

鶴亀大吉という名前を聞いた瞬間、「コレは・・・、ないな。」と直感的に思ったんです(笑)

だって、鶴亀大吉という和も和の名前の旅館で英国式リフレクソロジーって・・・、

全く想像がつかなったんですモノ!(笑)

なので、頭には入れていたけど、実は最初は他の旅館さんに営業していたのです(汗)

 

 でも、なんだか、鶴亀大吉が気になる。

だって、鶴亀大吉って!!縁起良過ぎでしょ!?

そんな感じで気になり具合がMAXに達した頃、営業していた旅館さんから「そういうのは必要ないです。」の返事を頂きまして、晴れて、どーにもこーにも気になっていた鶴亀大吉さんに営業させて頂いた、というワケです。

 

 私が取った営業の方法は、

①まずは、電話で営業。

 ↓

②資料を送付、検討して頂く。

 ↓

③アポ取って、企画書持参して、プレゼン。(もちろん、実際に施術も。)

 ↓

④めでたく、契約♪

という流れ。

旅館も産院も決まるまでに、何軒か営業させて頂きましたが、大体、資料を送らせて頂いた後に断られました(泣)

 

 でも、断られても、食い下がりませんでした。

それは、私の中の決め事として、

相思相愛、必要とされているところでお仕事させて頂きたい!

という想いがあったから。

私は営業のノウハウはありませんので、この基準が正しいのかどうかはわかりませんが、後々、お互いに気持ちよくお仕事していく、というコトを考えると、とにかくコレだけは譲れないと思ったのです。

 

 私は、本当にラッキーなコトに、鶴亀さんにしても、こいけLCさんにしても、

「そろそろ、そういったモノを導入してみようかな?」

と考えていらっしゃるタイミングで、営業させて頂けました。

この素晴らしく偶然のタイミングは、キセキ☆と言ってもいいくらいだと思います。

 

 「どうやって営業したのですか?」とご質問頂くコトもあるのですが、企画力や技術ももちろんでしょうが、やっぱりタイミングもあるのだと思います。

後々、どちらからも、ちょっとタイミングがずれていたら、他の方に決まっていたり、断っていたかも、と言われたくらいですから。

コレは、正に、神のみぞ知る、の世界ですよね。

でも、だからこそ、来るべきタイミングのときのために、しっかり準備をしておく必要があるのだと思います。

チャンスをしっかり自分の手で掴むためにも、自分の想いをきちんと伝える方法をシミュレーションしておくのは大切ですよね。

妄想、バンザイですよ!(笑)

 

 それと、営業するに当たって、私がこだわったコト。

企画書や資料はPCでキレイに作るコトが出来ます。

改めて言うまでもなく、一度作れば、何部でもプリントアウトするコトが出来るので、とっても便利です。

でも、自分の想いだけは、毎回、必ず手書きで添えました。

精神論かもしれないけど、その方がずっと気持ちが伝わると、私は思ったから。

 

 立派な企画書は作れないけれど・・・、せめて、真剣な想いだけはしっかり伝えたい。

だから、自分の想いを、気持ちを込めて、しっかりと自筆で書き記しました。

(実際にそれが決め手になったかは、わかりませんけどね。でも、そうせずにはいられなかったのです。)

 

 その後、私は運良く、プレゼンまで辿り着けましたので、後は自分の想いをアピールするのみ!

プレゼンまで辿り着けたら、絶対に大丈夫!と自分を信じてました。

一体、その自信は何処から来るのか??って感じですが(笑)

でも、信じてなきゃ、自信を持って、自分をオススメ出来ませんから!

 

 プレゼンて、そこで何が出来るのか?導入するコトでどんなメリットがもたらされるのか?というコトももちろんですが、

当然、私自身もプレゼンの対象になるワケです。

 

 だからと言って、私自身が素晴らしい人間だと言いたいのではありませんよ(笑)

自分が逆の立場になってみたとして、自信がなくて、不安そうな人には・・・、やっぱり任せられないですよね。

だから、自信を持って、挑む!のは、大切。

(私の場合、生活も掛かってたので、必死度が更に倍だったコトは言うまでもないですけど(汗笑)だから、大丈夫!と言い聞かせ、思い込んでたって話も・・・(汗)でも、それも大切なコト。うまくいくイメージを持つコトって、大切です。だって、想像=創造ですからね!)

 

 何処の馬の骨かもわからないような私のコトを、快く受け入れてくださった、鶴亀大吉さんとこいけLCさんには、本当に本当に感謝致します。

二つの場との出逢いがなければ、私が今でもこうしてセラピストとして活動しているコトはなかったですもの。。。

 

 ないな。と思っていたところが、実は、真実の出逢いだったなんて、なんだか今でもオモシロイなぁ~と思います(笑)

喰わず嫌いをせずに、実際に逢ってお話をしてみないと、やっぱりわからないモンなのだなぁ~と、改めて、しみじみ思います。 

まるで・・・、男女の恋愛の始まりみたいですよね(笑)

 

 実は、鶴亀さんに営業のお電話を掛けたとき、一番最初にお電話に出られたのが女将さんでした。

女将さんともよく思い出してお話しするのですが、あのとき、誰か他のスタッフの方が出ていたら・・・、

きっと、こうして、私がスペースをお借りして、今のようにお仕事するコトはなかったと思います。

(きっと、断られていたと思うのです。女将さんやスタッフの方たちもそうおっしゃってました!)

 

 こうして、改めて書き記すと・・・、

本当にいろんな偶然と素晴らしいタイミングが重なっての“今”なのだと、しみじみと感慨深くなる、ワタクシなのでした。 

 

 つづく。(次回は、“自分を知って、自分を信じる”について。)

 

 ♪本日のBGM・・・サニーデイ・サービス/旅の手帖(アルバム「サニーデイ・サービス」より)

|
|

« ぐるりのこと。 | トップページ | 続・一人店主への道(完)~⑤自分を知って、自分を信じる~ »