« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の6件の記事

2010年9月27日 (月)

自宅サロン ののはなへの道④

 『そもそも、どうして、契約した物件をキャンセルしたのか。①』の巻。

Kyatatsu_5↑ののはなで、恐らく、1番お高いインテリア。それは、ステップ台(すなわち、脚立)。製造元はハセガワ工業という日本のメーカーさんです。元々私物ですが、たかが脚立でそんなにするの!?なプライスレスな逸品(笑)ちなみに、掛かっている布は相撲の取り組みが描かれた手拭い(友人からの頂きモノ)。ののはなのインテリアは、頂きモノも多々あり。これこそ正に、プライスレス!

 

 2010年春からの活動は、宇都宮に拠点を移し、自宅サロン&産婦人科への出張リフレの二本立てで行っていくコトが決まりました。

(→前回までの内容はコチラ。)

 

 さて、今度はとっても重要な物件探しです。

と言っても・・・、宇都宮に関してはあまり土地勘がない、ワタクシ(汗)

それでも、以前から、もし宇都宮で開業するならば、鶴田付近で、というコトはなんとなく決めていました。

 

 鶴田は、今市・日光や鹿沼からのアクセスもよく、中心部より少し離れてはいますが、交通の便もよいので人気のエリアなのです。(←不動産屋さん情報。)

それに、鶴田辺りですと、こいけLCさんに通うにも程よい距離ですし(車で15分くらい?)、何と言っても、土地勘のない私ではありますが、この辺までは頭の中でなんとなく把握しているエリアなのでした。

あまり知らない土地ですと、お客様にサロンまでの道のりを案内するにも不安が残ります。。。

でも、多少馴染みのある土地ならば、自信を持って、ガイドするコトが出来ますので。

曖昧な説明で、お客様を道に迷わせるワケにはいきませんモノね。

 

 というワケで、エリアは鶴田を中心にもう少し範囲を広げて、宇都宮でも西エリア=駒生~鶴田付近に決定。

更に交通の便を考慮して、宇都宮環状線(幹線道路)の内側&バス通り、というコトも条件に付け加えました。

 

 ちなみに、栃木は車社会です。

なので、“駅から近い”という条件は、あまり重要視しませんでした。

逆に、駅から近い場所ですと、駐車場の確保が難しくなります。

なので、駐車場の確保と車での来やすさを目安にしました。

(あ、もちろん、家賃の相場もです!(笑)戸祭近辺も候補だったのですが、自分の希望と相場が全然合いませんでした(汗)八幡山近辺って、何気に、都心並みのお家賃なんですよね。。。)

 

 大体のエリアは決まりましたので、いよいよ、今度は物件探し。

間取りは自宅とサロンをきっちり分けて使うのに十分な広さを考えると、3DK以上を希望しました。

(コレも地方ならでは??都会の方にしてみたら、贅沢かもしれませんね。)

 

 賃貸物件を借りるとなると、今度は、一軒家かアパートやマンションなどの集合住宅か?という選択を迫られます。

リラクゼーションサロンを営むワケですから、やっぱり、“音”の問題はクリアーしたいところです。

そうすると、構造上、一戸建てかマンションがベターでしょうか。

アパートなら、メゾネットタイプってのも手かもしれません。

 

 しかーし、栃木は、戸建て文化の地です。

栃木っ子は所帯を持ったら、大抵、庭付き一戸建てをマイホームとするのがセオリー。

そんな感じで、生粋の栃木っ子は木造住宅に慣れっこだからか、集合住宅でも、マンション派よりアパート派の方が断然多いように思います。

だから、大袈裟でもなんでもなく、マンションにはあんまり馴染みがない、という方も多いんです。

 

 周りにもいろいろとリサーチしてみると、栃木の人をマンションの一室に呼び込むというのは、結構至難の技だよ、と諭されました。

これには、私も同感でした。

 

 それに、集合住宅でサロンを営むとなると、不特定多数の方が出入りするので、大家さん側でNGを出す場合がとっても多いとのコト。

以前、不動産屋さん勤務していた心友Mちゃんも自らの経験の上、一戸建ての方が可能性が高いよね、と教えてくれました。

 

 とにかく、契約出来なかったら、元も子もありません。

そして、例え契約出来たとしても、お客様にとって足を運びにくい環境だったら、お仕事として成り立ちません。

ここはもう、栃木という土地柄を考え、一戸建てに絞って物件を探そう!と腹をくくりました。

 

 実は前々からの私の理想は・・・、縁側からお庭の見える、平屋の日本家屋でサロンを営むコト、でした。

心地よい自然光が差し込み、風が自然に吹き抜けていく空間で、リフレが出来たら、サイコー!!

トリートメントの後は、縁側で庭の緑を眺めながら、お客様にのんびりとアフターティーを召し上がって頂く。

あぁ・・・、想像(妄想??)するだけでも、ステキ☆

 

 こんなステキな持ち家に家族と住むのが私のささやかな夢でして、そこで自宅サロンも営むコトが出来たらよいなぁ~、と、そんなコトをずっとずっーと、頭に描いてきました。

とは言っても、これはあくまでも、私が家族を持った上で実現するコトで(多分笑)、そんな贅沢でステキな空間を持てるのは、まだまだ先のコトとして考えてました。

 

 でもでも、いろんなタイミングが重なり合って、一軒家で自宅サロンを営むと決めたのなら、少しでも自分の理想に近い環境でやってみたい!という欲が出てくるのが人の常というモノ。

今から家族を持つのは到底ムリだけど(笑)、どうせやるなら、人生前倒しで、自分の理想とする環境でやってみようじゃないの!と、あのときの私は鼻息荒くこころに決めたのでした。

 

 そして・・・、それから間もなく、以前から気になっていた昭和の香り漂う、ステキ☆物件を紹介して頂く機会に恵まれるのでした。

(でも、後々、キャンセルするんですけどね(汗)って、引っ張り気味で、スミマセン。。。)

→つづく。

 

 ♪本日のBGM・・・クラムボン/tourist on the 未来'n(アルバム「imagination」より) 

| | コメント (0)
|

2010年9月26日 (日)

自宅サロン ののはなへの道③

 『そもそも、どうして、宇都宮で自宅サロンという選択肢だったのか。』の巻。

Goro_toilet

↑ののはなのトイレ。なぜか、ここだけ「北の国から」の五郎さん家のような、ログハウス風(汗笑)建物が北海道仕様だから??謎です。

 

 サロン開業の選択肢として、おおまかに分けると、①店舗物件を借りる②住居用などの賃貸物件をまるまるサロンとして借りる③自宅の一室をサロンとして開放する、という方法があるかと思います。

私の場合、いろいろと頭の中でシミュレーションした結果、③の自宅の一室をサロンとして開放する=自宅サロンという方法が一番現実的でした。

 

 鶴亀さんは卒業するけれど、それと並行して行っていた宇都宮市内の産婦人科 こいけLCさんへの出張リフレのお仕事は引き続き、継続して行っていくと決めていました。

なので、2010年春以降の私のお仕事のスタイルは“サロン&産婦人科への出張リフレの二本立て”となります。

そこで、週3日の産婦人科でのお仕事と並行して、どうバランスをとりながらサロンを営業していくか?というテーマにぶつかるワケです。

 

 質のよいサービスを常にご提供していく、というコトを第一に考えると、サロンを開けられる日は多くても週に4日くらい。

からだは一つですからね。やっぱり、ムリは出来ません。

4日といっても、そのうちの1日は産婦人科でのお仕事が終わってから。つまり、夜からの営業。

だから、4日といっても、正確には3日半です。

 

 例えば、店舗を借りるとなると、改装費用や保証金が掛かります。

多くても、週4日営業のサロン。。。

(どこで営業するかによっては、3日というコトもあり得るワケで。)

計算苦手な私でも、それで採算が取れるのか??というのは、すぐに疑問に感じました。

更に、実家から独立して生活する、シングルの身としては、自宅(賃貸)の他に、店舗物件や賃貸物件を借りるというのはかなりのリスクがあります・・・。

家賃は毎月毎月、自分の意思とは関係なく(汗笑)、出ていくモノですからね。

 

 そうやって考えていくと、“自宅(賃貸)サロン”という選択肢が、一番自然に感じました。

 

 じゃあ、どこでサロンを開業するのか??というテーマが次にやってきます。

 

 私としては、生まれ育った地元の日光(今市地区)でやりたいな、というキモチは少なからずありました。

でも、地元でやるなら、それこそ、店舗を借りて営業する形でないと、サロンを運営しながら生計を立てるのは難しいのではないかと、5年間の経験から薄々感じていました。

まだまだセラピー自体が浸透していない片田舎で、いくらネットやチラシなどの媒体を使って宣伝しても、自宅、しかも、アパートなり、マンションなりの賃貸物件=中で何が行われているかわからないような空間にお客様を呼び込むって、かなり難しいのでは、と・・・。

(あ、でも、コレ↑、あくまでも私見ですので。)

だから、“自宅(賃貸)サロン”という選択をした以上、Not 地元であったワケです。

 

 それに、日光⇔宇都宮間の車での往復2時間の移動時間を、どうにか有意義に使いたい!というキモチもあったので、宇都宮でのお仕事を継続するとなると、その近辺で開業するのが、私にとって一番よい方法でもあると思いました。

(実は、2時間の移動時間中に結構眠気が襲ってきたりで(汗)、体力的にも、少々キツく感じていたのです。。。)

 

 だから、選択肢として、“宇都宮”で“自宅サロン”という方法は、考えに考えて、出した結論でもあったし、また、自然の流れでもあったのです。

 

 まぁ、そうは言っても、やっぱり周りからは難色を示されました(苦笑)

わざわざ競争の激しい宇都宮でやらずに、地元に残った方がいいんじゃないの?とか、

サロンを開けるなら、きちんと店舗物件を借りた方がいいんじゃないの?とか、

営業日数が少な過ぎるんじゃないの?とか。

 

 確かに、その通りです。

私も↑の質問を自分自身に何度も何度も問い掛けましたし、周りから投げ掛けられる度に、かなり揺れました。

こういう場面に出逢えば出逢うほど、神は試すね~(←私の本気度を。)、と思うワタクシなのでした(笑)

 

 自分にとってのベストな働き方って、人それぞれです。

何が正しくて、正解かなんて、ありません。

“宇都宮で自宅(賃貸)サロン”は、私自身が、責任を持って、自分で選択した答えです。

決断した以上、自分を信頼して、前に進んでいくしかありません。

やるっきゃない!のです(笑)

 

 と、こんなワケで、宇都宮で自宅サロンという選択肢に至ったのでした。

そして、この後、自分の理想とする物件に巡り逢ってしまうのです!

(そして、後に、キャンセルするのでした(汗))

→つづく。

 

 ♪本日のBGM・・・クラムボン/imagination(アルバム「imagination」より)

| | コメント (0)
|

2010年9月24日 (金)

24(金)本日の営業時間&ご予約について。

 こんにちは!

宇都宮は昨日から気温がグッと下がって、秋を通り越し、初冬のような寒さです。

寒暖の差が激し過ぎるので、この変化におからだが着いていかない、という方もたくさんいらっしゃるかと思います。

なるべく冷やさないように、湯船にゆっくり浸かったり、ソックスをしっかり履いたり、温かいお飲み物を召し上がるなど、冷え対策をしてお過ごしくださいね。

もちろん!リフレクソロジーを受けて頂くのも◎

おからだの末端を刺激して、血液循環を促してあげましょう♪

 

 さて、本日24日は金曜日ですが、16時30分よりご予約を承らせて頂きます

通常より早めのスタートが可能ですので、週末にお疲れを残したくない!という方など、是非是非、ご予約お待ちしておりますね♪

 

 ご予約は→028-678-2877/info★nonohana8.com(★を@に変えて、送信くださいませ!)

 

 それでは、どうぞよろしくお願い致します!

 

 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

 昨日はポッカリとご予約が空いてしまいました。

まぁ、そんな日もございます!

でも、そんな貴重な時間を使わせて頂き、しばらく放置していた、自宅サロンOPEN時に諸々掛かった経費などの計算や、調べモノをして過ごしました。

 

 お金の計算は日が経つとどんどん面倒になってくるので、溜め込まないのがワタクシなりのポリシー。

・・・なんですが、OPEN時の諸経費はあとちょっとのところまで計算しておきながら、放置プレイ状態に。

というのも、この日記でも何度か書いてますが、一度契約した物件をキャンセルして、新しい物件を再契約したために、二重に支払った物件の契約金がきちんと戻ってきたのが5月も後半だったため。

(ちなみに、現在の物件の契約は2月下旬に済んでました。)

 

 すったもんだありながらの物件契約でしたが、キレイさっぱり、一段落着くまで、結構時間が掛かってしまいました。。。

ま、それも、自分自身で決めたコト故、なんですけどね。

 

 払い過ぎた契約金が戻ってきて、なんだかホッとしたら、ついついお金の管理は後回しになり、今に至った、という感じです。

 

 そんなワケで、昨日は電卓と格闘していたワケですが、諸々掛かった経費の領収書を眺めながら、改めていろんな想いが蘇り、なんだか感慨深くなりました・・・。 

元々開業してましたから、使っていた備品などはそのまま活かし、足りないモノを買い足して、サロンをスタートさせました。

少しでもお安くてカワイイ備品を手に入れるため、自宅とホームセンターを何度も何度も往復したり、夜中までPCに貼り付いて、あぁでもない、こうでもない、と一人格闘したり。。。

 

 そして、家族の協力がなかったら、絶対にこうして自宅でサロンをOPENするコトはあり得ませんでした。

そんな一つひとつを想い出したら、こうして無事にサロンを営んでいられるコトがとてもありがたくって、感謝のキモチがひしひしとこみ上げてきました。

 

 いろんな意味で、少しだけ周りを見る余裕が出来てきたこの頃。

これからは今もしっかりと支えてくれる家族に、少しずつ、私なりに、感謝のキモチを返していけたらと思っています。

改めて、本当にありがとう!!

(なかなか面と向かって感謝のキモチを伝えるのは恥ずかしいので、こうして文章で綴ってます(笑)多分、父も読んでくれているはずなので。)

 

 ではでは、これから産婦人科でのお仕事です!

張り切って、行って参りまーす。

 

 宇都宮市砥上町(鶴田・西川田・鹿沼)のリラクゼーションサロン ののはな

| | コメント (0)
|

2010年9月17日 (金)

自宅サロン ののはなへの道②

 『そもそも、どうして、鶴亀さんを卒業したのか。』の巻。

 

 2004年10月から2010年1月半ばまで、私は日光市内の旅館 鶴亀大吉さんの空きスペースを利用して、ベッドと備品を自ら移動しながら営業する、というかなり斬新なスタイル(笑)で、リフレサロン クローバーを一人こじんまりと営んできました。

そして、鶴亀さんが改装休業されるのを機に、その場を卒業するコトを決めました。

(→そのときのキモチを綴った日記は、コチラ。)

 

 この日記でも書いてあるように、私が自分の場を持とう!と思い立った理由の一つには、旅館という場で求められるコトと、自分が追求していきたいコトの差が、徐々に開いてしまったからです。

まぁ、出来る内容が限られてくるのは、旅館という場で営業する以上、ある程度しょうがないと言いますか・・・。

一人のお客様に掛けられる時間も決まってきますし、何というか、あくまでもリフレなどのセラピーは付加価値のようなモノであり、お客様もライトな感覚で受けたいと思っていらっしゃるでしょうから。

(もちろん、その中でも、私なりにポリシーを持って、しっかりとやらせて頂きました!)

それに、旅館という一期一会の場所で一人で営業している以上、トリートメントを受けたい!と思ってくださるお客様には、出来る限り、一人でも多くの方に体験して頂きたいというキモチがあったので、なるべく効率よく、回転よく、お迎えするのが私の役目でもあったと思っています。

 

 それは頭では重々わかっているけれど・・・、

5年強というときを経て、私自身、ガッツリと腰を据えて、じっくりと一人のお客様と向き合いたい!というキモチを、どうしても抑えるコトは出来なくなってしまいました。

 

 そうは言いつつも・・・、自分が鶴亀さんを卒業して、自分の場を持つのは、きっと嫁に行くときだと、勝手に想像してました(笑)

鶴亀さん側も残って欲しいと思ってくださっていたし、私も当初はリニューアル後には戻る予定でいたのです。

嫁に行くまではここでお世話になりながら、出来るコトを追求していこう!な~んて、思っていたのでした。

(*注釈1:嫁に行く予定は未だございません(汗笑))

 

 でも、どうして、今こうして自分の場を持っているかと言いますと、やっぱり、自分自身の探究心に後押しされたのもあります。

そして、それと同じくらい、もしかするとそれ以上に、自然のリズムに沿った、人間らしい生活を送りたい!!というキモチ(欲求)が抑えられなくなったからなのです。

 

 旅館のお客様はチェックインしてから就寝までの16時~23時(ときには、24時)くらいが、セラピーを受けられるタイミングです。

旅館という場を選んだ時点でわかっていたコトではあったけど、言ってしまえば、夜のお仕事ですよね。

忙しいときは、帰宅時間が午前様になるのは当たり前。

深夜にお風呂に浸かりながら、何度、寝てしまったコトか(笑)

更に私の場合、昼間は週に3日、産婦人科への出張リフレも行っていて、そのうち週に2日は産婦人科(昼)→旅館(夜)というお仕事のサイクルになっていたワケです。

 

 これも自ら選んで決めたコト。

覚悟を決めて、好きなコトでごはんが食べられる幸せに感謝しながら、日々を過ごしてきましたが、どこか日々に追われるような生活に不安を感じるようになってきてしまいました。

今はまだ体力と気力でこの状況を乗り切れているけれど、果たして、この生活を5年、10年続けていけるのだろうか??と。

それはいくら考えてみても、あまり現実的ではありませんでした。

 

 じゃあ、スタッフを雇えばいいんじゃない?という話もあるのですが、それは私が望んでいなかった。

あくまでも、“一人で営む”というスタイルは崩したくなかったのです。

そうしたら、もう、働き方を変えるしか方法がない、ですよね。

 

 私自身、これからもセラピストとして歩んでいきたいし、それには、自分自身のこころとからだが健康でなければ、続けていくコトは出来ません。

早寝早起きは人としての基本。

セラピストを長く続けていくならば、それは尚更のコトなのだと、30代折り返し手前にして、強く感じるようになっていたのでした。

(*注釈2:現在はすっかり、30代半ばを折り返しました(笑))

 

 そして、そこに訪れた、鶴亀さん改装休業のタイミング。

“鶴亀さん卒業”は、自分自身が本当に望んでいるコトは何なのか??よくよく考え、そこに訪れたタイミングで決断した答えなのでした。

 

 鶴亀さんの社長はじめ、女将さん、スタッフの皆さんには本当に本当にお世話になりました。

お礼を何度言っても、足りないくらいです。

まだ正式にはスタートしていないと思うのですが、新しいサロンさんも、館内にきちんと場を構えて営業されるようです。

何といいますか、ちょっとだけ、胸のつかえも取れ、ホッとしています。

(やっぱり、「また宿泊の際はお願いしますね!」と楽しみにされていたお客様をそのままにしてきたコトは、とってもとってもこころ残りでしたので。。。)

 

 こうして、いろんなタイミングと動機が重なり合い、たくさんの方の理解と協力の下、今現在、自分の場を持てています。

感謝せずにはいられません!ありがとうございます♪

 

 こんなワケで、私は鶴亀さんを卒業するに至ったのでした。

→つづく。

 

 ♪本日のBGM・・・くるり/さよならアメリカ(アルバム「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」) 

| | コメント (0)
|

2010年9月12日 (日)

メニューの名称が一部変わりました。

 今日の宇都宮は湿気は多いですが、いい風吹いてます!

と思ったら、雨降ってきました。恵みの雨ですね♪

この涼しさ、ホントにホッとします。

朝晩もすっかり涼しくなって、あの寝苦しさから解放されたかと思うと、それだけで幸せです。

(とか言いつつ、猛暑の間も相も変わらず、ベッド入れば、おやすみ3秒のワタクシでしたが笑)

 

 さて、サイトのTOPページでもちょこっとお知らせしておりますが、一部、メニューの名称を変更させて頂きました。

と言っても、内容はそのままです。

 

 ★スリーピング・ボディ→スリーピータッチに変更。(→内容はコチラから。)

 ★たっぷり癒しのセットメニュー

 →ゆったり和みのセットメニュー(セレクトケア90分/トータルケア120分)に変更。(→内容はコチラから。)

 

 スリーピータッチは、スリーピー(眠りを催す)+タッチワークという意味合いです。

マッサージではなく、あくまでも“質の良い睡眠を促すタッチワーク”ということを前面に出してみました。(そのつもり。)

 

 そして、セットメニューに関しましては・・・、

実は、名付けたときから違和感を感じていたのです(汗笑)

あくまでも、ワタクシ個人的な考えとして、メニュー名やサイト中の本文になるべく“癒し”というキーワードを使わずに、お伝えするという決め事というか、そんな考えがありまして。。。

でも、お客様がイメージしやすく、わかりやすい名称というコトを考えていったら、違和感がありながらも、そう名付けてしまいました。

(なかなかしっくりくるのが思い付かなかった、という説も(汗)本来、“癒された”かどうかを感じ、決めるのはお客様ですモノね。セラピストの私自身が言うコトではないかなぁ~、と。)

せっかく「こころとからだの和みサロン」と銘打ってますし、ありがたく“和み”を使わせて頂きました。

 

 皆さまにも、どんどん浸透していきますように☆

 

 .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

 イヤ、でも、ホント、メニュー名を決めるのって、なかなか難しいところですね。

やっぱり、その響きや印象から内容をイメージされると思うので。

なるべく、そこに差がないようにと思いながら考えるのですが、なかなかに難しい。

日々、勉強です。

 

 リラクゼーションサロンで“ボディ”のメニューというと、やっぱり、全身オイルトリートメントをイメージされる方も少なくないと思います。

実際に、お問い合わせ頂くこともございます。

なので、今回は敢えて、メニュー名から“ボディ”を外したというワケです。

そして・・・申し訳ございませんが、ののはなでは全身オイルトリートメントは行っていませんし、今のところ、今後導入していくことも考えておりません。

 

 ののはなとしては、『お洋服を着たまま気軽に受けられる、リラクゼーショントリートメントのご提供』というコンセプトがあります。

まだまだ、お洋服を脱ぐのに抵抗がある、という方はいらっしゃると思います。

でも、整体やマッサージではなく、リラックスしながらトリートメントを受けたいという方も。

そういった方々のニーズに応えるサロンがあっても、いいんじゃないかと思ってます。 

 

 そして、何より、私自身がこれからもずっと、リフレクソロジーを軸に行っていきたい!という想いがそこにはあるのです。

 

 とか熱く語ってますが、そんな風に思えるようになったのも、結構最近です(笑)

全身オイルトリートメントを導入するかどうかは、一人店主となってからの5年間の間でかな~り揺れまくりました。

それは学びたい!という欲求よりも、その方が自分の幅や、何よりもお客様の幅が広がるんじゃないか??という思いが常に頭を過ぎっていたから。

 

 でも結局のところ、二つのお仕事を並行して行いながら、全身オイルマッサージを一から学ぶ余裕や覚悟はなかったですし、中途半端に身に付けた技術をご提供するより、それを専門に学んだ方に受けられるのがお客様にとってもベストだと思うので。

そして、今手にしている技術や知識を掘り下げて、統合していくコトが、今の私の課題であります・・・。

 

 なので、お問い合わせくださった皆さまには、大変申し訳ございません。

こんなミス・頑固が営む小さなサロンですが(笑)、何か感じるものがございましたら、どうぞお気軽にお越しくださいね。

こころよりお待ちしております♪

たくさんの愛と感謝を込めて☆

 

 宇都宮市砥上町(鶴田・西川田・鹿沼)のリラクゼーションサロン ののはな

| | コメント (2)
|

2010年9月 5日 (日)

なんだか、サロンぽい。

 3月末に「サロンOPENのお祝いに。」と、友人Mったん夫妻&妹さんから、とってもステキな苔の鉢植えを頂きました。

サロン名“ののはな”をイメージして、和風だけど、それはそれは可愛らしくアレンジされてました。そして、鉢も立派!

5月中までにお越し下さったお客様は、きっと目にされているはずです。

一番目に付く、玄関(外)に飾ってありましたから。

 

 そんなステキな鉢植えなら、んで、画像は??って話ですよね(汗)

スミマセン・・・、撮り損ねてました。。。

もしMったんがこの日記を読んでいるなら、「大体、“5月末までは目にされてた”、ってどういうコト??」と、思うコトでしょう。。。

そ、そうなんです。すっかり、苔を乾燥させてしまい、先日、役目を果たされました。

Mったん夫妻&妹さん!そして、苔ちゃん、本当にゴメンよ~(涙)

 

 私がちゃんと苔の育て方や管理の仕方を把握しておらず、こんな結末を迎えました。。。

それでも、一日3回、せっせと霧吹きで水遣りはやっていたんですけどね。

苔は元々強い植物なので、乾燥さえさせなければ上手に育てられるそうですが、一度乾燥させて茶色くなってしまったら、もうどうにもならないようです。

だからと言って、ビチャビチャとお水を与えすぎるのもよろしくない。

苔ちゃんたちにとっての、ちょうどよい塩梅を把握するコトは出来ませんでした。南無~。

 

 そんなこんなで、見るも無残な姿になった、苔ちゃんたち。

あまりにも可哀想で、しかも恥ずかしいので(汗)、そちらの画像もないですよ~。

 

 せっかく頂いた立派な鉢植え。

なんとか救済出来ないか??と思い、アレンジして下さった園芸屋さんに電話して、鉢を持ち込んで、新たに寄せ植えして頂けないか問い合わせてみました。

そしたら、快く、いいですよ~。のお返事。ありがたや~。

 

 頂いた際は和風なアレンジでしたが、お部屋のインテリアが洋風なので、寄せ植えのアレンジも洋風にして頂くコトに。

ののはなのイメージカラーは黄色ですから、黄色のお花などをアクセントに、全体的にグリーン多目で、とリクエスト致しました。

もちろん、まだ元気なグリーンはありがたく活かして頂きます。

それでですね、グリーン多目なのは、育てやすさからです。

とにかく、水をジャンジャンあげられて、ちょっとくらい雑に扱っても丈夫なモノ、を強くお願いしておきました(笑)私の性格が丸わかりですね~。

 

 そして、出来上がったアレンジはコチラ。↓↓↓

Gennkann2

ウェルカムボードも挿し込んで、あらあら、なんだかサロンぽいじゃないですか。

こんな感じで、とってもステキにアレンジして頂きました!

やっぱり、プロの仕事は違いますね~。そして、やっぱり、鉢がイイ!!

「この時期は、下から水が出てくるくらい、ジャンジャンお水をあげてくださいね!」とスタッフの方からアドバイスも頂き、毎朝、アドバイス通り、ジャンジャン、と言うより、ジャバジャバとかなり大胆に水遣りをしております(笑)

今のところ、元気に育ってくれているので、これからも大切に(そして、大胆に!笑)育てていこうと思います。

 

 Mったん夫妻&妹さん!

頂いた当初と全く姿形が変わりましたが(汗)、せっかく頂いたステキな立派な鉢を救済致しました。

これからも大切に大切に使わせて頂きますので!本当にありがとう。

 

 この日記をご覧くださってる、サロンにお越しになるお客様!

玄関には“ののはな”と表札を出しておりますが、鉢植えも目印にしてやってくださいね。

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

 それでは、引き続き、よい一日をお過ごしくださいませ!

たくさんの愛と感謝を込めて☆

 

 ■ステキなアレンジをしてくださった、近所の園芸屋さん

とちぎ園芸

宇都宮市鶴田町3087-14

tel:028-636-4619

 

 ♪本日のBGM・・・サニーデイ・サービス/まわる花(アルバム「本日は晴天なり」より)

| | コメント (2)
|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »