« 自宅サロン ののはなへの道⑤ | トップページ | あど、お礼参りの旅。①日光編 »

2010年10月 4日 (月)

自宅サロン ののはなへの道⑥

『そもそも、どうして、駐車場のオーナーさんに忠告されたのか。』の巻。

Imaichisaigonohinosora  

↑4年半住んでいた今市の物件を引き払う、当日の空。午前中まで雪が降っていたのですが、午後からスコーンと晴れました。冬には超・超寒い部屋だったけど(汗笑)、ここから眺める景色はサイコーでした。

 

 引越し2週間前にして、一旦契約した物件を解約するに至った、ワタクシ。

(→前回までの内容はコチラ。)

 

 解約するまでは、普段は布団に入ればおやすみ3秒のワタクシ(笑)も、さすがに寝付けない不安な日々が続きました。

本来なら、この状況を目の前にしたら、更に不安なキモチに押し潰されそうになるモノですけど、そんなキモチとは裏腹になんだか晴れ晴れ、スッキリとしていました。

そのときのキモチを日記に綴っております。(→コチラ。)

 

 その日記でも書いてますが、こんなコトになろうとは、ホントに微塵も思ってませんでしたよ(苦笑)

でも、解約して、ちょっと冷静になってみたら、正直、サロンとしてはあまり機能しそうになかったかもね・・・、と思ったりしてたのでした(汗笑)

 

 というのも、昭和の古い物件だったので、やたらとコンセントが少なかったり、洗濯機置き場に排水溝がなかったり、洗濯機用の蛇口もなかったり。。。

庭が広いのは嬉しいけれど、夏場は草刈りが絶対に大変(汗)

築年数から言ったら、冬場はきっと隙間風が入り、寒かったでしょう。。。

一番のネックは、やっぱり、迷路のような、わかりにくいサロンまでの道のり&狭過ぎる道幅。

 

 どう転んだって、サロンにふさわしくない条件だらけですよね(汗)

それでも、あのときはそういう条件をひっくるめて、ここしかない!と思い、契約した自分がいた。

元不動産屋スタッフの心友まみちゃんも、「それだけ、物件の魅力にとりつかれちゃったんだね。」と冷静にポツリと言ってました(苦笑)

コレこそ正に、恋は盲目、状態ですね。恐ろしい。。。

 

 後日、駐車場の解約に行ったら、オーナーさんがあんなにも「気をつけて!」と言っていたワケがわかりました。

実は、解約した物件の近くで、数年前によく痴漢被害があったそうなのです。。。(恐)

そのとき、あぁ、やっぱり、契約すべき物件じゃなかったんだな、と心底思いました。

 

 物件の契約が決まるかどうかの瀬戸際で、高熱を出したのも、もしかすると、少しは頭を冷やしなさい!という神からの忠告だったのかもしれません。

でも、それを無視して契約してしまった、ワタクシ。

その後の駐車場のオーナーさんからの「とにかく、気をつけて!」という忠告は、神からの最後通告だったのかもしれません。

 

 実は駐車場も、もう少し近い、別の場所に目星を付けていたんですよ。

でも、そこが満車だったため、解約した駐車場を借りるコトになったのです。

 

 もし・・・、当初目星を付けていた駐車場を借りていたら、今頃私は、どうなっていたんでしょうか。。。

お客様はサロンまでなかなか辿り着けない。→行きにくいサロン。→そのうち、予約も入らなくなる。。。

私自身はお客様が安全&安心に通えるのだろうか?私も安全に暮らせるのだろうか??と不安に脅えながら、生活する日々。

考えるだけでも、ゾッとします。。。

 

 そのときに思いました。

自分の理想は、縁側のある、平屋の日本家屋で自宅サロンを開くコトだけど、

そこに辿り着くにはまだちょっと早いんじゃないですか?ちゃんと段階を踏みなさいよ。と神に言われているのだな、と。

やっぱりね、物事には順番てのがあるんだな、ってイタイ程に感じました。

 

 そして、何より、こんなステキ物件でサロンを営みたい!という想いと、サロンとして使用出来る物件をとにかく押さえるコトを優先に考えていた私に、

一番大切なコト=お客様はもちろん、自分にとっても安全&安心にサロンを営める環境作り。

がすっぽり抜けてしまっているのではないですか?と、気付かせるきっかけを与えて頂いたのだとも。

 

 自分にとってベストな選択が出来てないってときは、何かしらの障害やサインなりが目の前に現れて、一旦立ち止まってよーく考えるように、この世はうまく出来てるんですね。

そのサインに気付けるかどうかは、自分次第。

ま、気付いてても、突き進んじゃうときもありますけどね。そんで、大抵、失敗しますが(汗)

でも、どんな結果になろうとも、その全てを丸ごと引き受けて、覚悟を持って、自分自身が選択している、というコトを自覚するのが大切なコトだと思うのです。

 

 そして同時に、こういうトラブルが起きるときは、神が私の本気度を試しているのだ、と思うのです。

それでも、あなたはセラピストを続けますか?自宅サロンを開きますか?と。

こんな感じで、神からのお試し期間はずっと続いております~(笑)

 

 一軒目の物件解約までを、まぁ~長々と書いてきましたが(汗笑)、なかなかのストーリーですよね、我ながら。(←もちろん、ノンフィクションです笑)

でも、ホント、いい経験が出来ました。

自分の想いが先行し過ぎて失敗してしまいましたが、さすがに次は失敗出来ません(汗)

 

 新たな物件探しは、今までの失敗を踏まえて、慎重に進めるコトにしました。

一軒家しか頭になかったワタクシも、ここは方向転換して、安全&安心を最優先して、集合住宅に目を向けるコトにしました。

不動産屋の営業さんにも「正直、厳しいですよ。」と釘を刺されましたが、それも重々承知しております。

でも、もう、不安を抱えながらサロンを営むなんて、考えられません!

 

 ひとまず、マンションは絶対にない!と思っていましたが、音問題をクリアーにするには、やっぱりマンションしかないでしょう。

ただし、比較的、お客様が抵抗なく入りやすいであろう、低層で戸数の少ないマンションに絞って探すコトにしました。

幸いにも、宇都宮には低層マンションが多いのです。

 

 こうして、再び、不動産屋さん通い&PCで物件検索の日々が始まったのでした。

→つづく。

 

 ♪本日のBGM・・・BEN FOLDS/hiroshima(アルバム「WAY to NORMAL」より)

|
|

« 自宅サロン ののはなへの道⑤ | トップページ | あど、お礼参りの旅。①日光編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自宅サロン ののはなへの道⑤ | トップページ | あど、お礼参りの旅。①日光編 »