« 自宅サロン ののはなへの道⑧ | トップページ | 自宅サロン ののはなへの道⑩ »

2010年10月23日 (土)

自宅サロン ののはなへの道⑨

『キセキ☆のインテリア。』の巻。

Guranderukichisawa

↑4年半住んだ、今市のアパート。引渡し前のカラッポの状態です。築年数は多分10年以上は経っていたと思うけど、陽当たり、風通しもよく(←おかげで、冬は超寒かったけど笑)、なかなか住み心地のよいお部屋でした。今まで、本当にお世話になりました。ありがとう。

 

 引越し1週間前にして、やっと、自宅サロンとしてふさわしい物件に巡り逢えた、ワタクシ。

(→前回までの内容はコチラから。)

 

 なんたって、もしかすると、引越しが延期になるかもしれない、という状況でしたし、普通にお仕事や生活もしてるワケですから、引越しの準備はほとんど進んでおりません。。。

どうなるかはわからない中でも、一応、段ボールに詰め込んでも生活する上で支障のない、CDや本類、シーズンオフのお洋服、使っていない食器類はさっさと片付けてはおりました。

が、とは言っても、↑の状態になるまで、本当に大変でした(汗)

(義兄に手伝ってもらい、キレイにキレイに掃除して、お部屋をお返し致しました。お義兄さん!ありがとう。)

 

 元々あんまり多くのモノを所有しないワタクシではありますが、それでも、4年半生活した中で、住み始めた頃よりは随分と荷物も増えました。

鶴亀さんから撤収してきた、サロンの備品などもありますし。

なんか、こうなると、どこから手を付けてよいのやら・・・。

でも、焦ってもしょーがありません。

出来るコトから、コツコツやるだけ。

 

 そして、引越し当日。

足の踏み場がなくなる、ってこういうコトを言うんだね、な状況の中、時間ピッタリに引越し業者さんがやって来ました。

掃除もままならず、ホコリまみれの中(汗笑)、あっという間に荷物が運び出されていきました。。。

あの怒涛の荷造りの日々は、なんだったのか??というくらいのスピードで。

 

 今市の部屋の引渡しも無事に終わり、住み慣れた今市を離れ、宇都宮での生活が始まる、3月2日の早朝。

ちょっとの間、お世話になっていた実家から、砥上物件に向かいました。

姉と甥っ子(弟・コウキ)が送り出してくれたのですが、不覚にも、ボロボロと泣いてしまいました(苦笑)

別にこの世の別れでもないのに、なんだか変な話ですが、急に心細くなったのと、多くを語らず、温かく見守り、応援してくれている家族のやさしさに触れて、35歳(当時)の私の目からは涙が溢れて、止まらない状態に。

そんな私を見た甥っ子は、少々困惑しておりました(苦笑)

まぁ、私、家族の前で泣くコトなんて、滅多にありませんので。。。 

 

 姉と甥っ子から「大丈夫、大丈夫!ガンバレー!!」と大きな声で送り出され、益々オイオイ泣きながら、新しい私のお城に向かい、車を走らせたのでした(笑)

 

 家族のサポートもあり、こうして、無事に砥上での生活がスタートした、ワタクシ。

ここからは、再び、怒涛の片付け三昧の日々です。

何故か、その当時の私のテーマ曲は“嵐”(笑)

嵐を聴いて、テンション上げて、ノリノリで片付けてました。

 

 引越しまでがドタバタだったので、必要なモノを前もって準備出来ず、カーテンもしばらくはサイズが合ってないモノをぶら下げてたような状態でした(苦笑)

ちょうど引越シーズンとガッチリぶつかってしまい、サロンの備品も生活雑貨も発注してから手元に届くまで、まぁ~、時間が掛かったコト(汗)

 

 そんなワケで、当初は4月1日をサロンのオープン予定日にしていたのですが、当然、間に合わず、16日となったワケです。

 

 さて、実は、キャンセルした物件で使うつもりで、勇み足で購入していた、家具がございます(汗)

(必要な家具やインテリア、備品類も、物件をキャンセルしたコトにより、最初から見直しになってしまったので。。。)

返品するような余裕もなかったので、どうにか、そのまま使うコトに致しました。

 

 それが、まず、このテーブル。↓↓↓

Table

当初は自宅用のダイニングテーブルとして、ヤフオクで落札しました。

なんでも、デザイナーズブランドなんだとか。

ここで、フットバスに入って頂いたり、お茶を召し上がって頂いてます。

元々お客様用として購入していた、ドイツ製のUSEDチェアーと、なんだかうまい具合に色味や木目がマッチしちゃってます(汗笑)

元はダイニングテーブルなので、奥行きがあり過ぎるのですが(汗)、そのおかげで細々したモノを乗せても、あんまり圧迫感がありません。

キセキです☆

 

 そして、このテーブルもです。↓↓↓

Table2

どうやら、日本の有名な木工メーカー製らしく、こちらも同じくヤフオクで格安で落札。

実は、思いっきり、“和”なシロモノ。

縁側のある和室で、お客様にお茶をお出しする際に使用するつもりでした。

使い道がなくなってしまったので、飾り棚として活躍中。

かぎ針編みのテーブルマットを乗せてしまえば、なんとなく、洋な雰囲気に(笑)

ちょうど下部にワイン箱もスッポリ入るので、更に洋な雰囲気を醸し出せてます。

キセキです☆

 

 こんな感じで、勇み足で用意してしまったモノ、更に、引越しに際して、自宅用として必要なくなってしまったモノも、何一つ無駄にするコトなく、ありがたく活用させて頂いております。

そんなワケで、ののはなのインテリアは、キセキ☆の集合体なのでございます(笑)

 

 さて、だいぶ片付けも進み、サロンのインテリアも揃ってきました。

この物件で、リビング部分をサロンとして使用するのに一番鍵となる、キッチンを隠すための“間仕切り”選びという重要な仕事が残されておりました。

これが・・・、意外と難航するのでありました。。。

→つづく。

 

 ♪本日のBGM・・・/We can make it!

|
|

« 自宅サロン ののはなへの道⑧ | トップページ | 自宅サロン ののはなへの道⑩ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自宅サロン ののはなへの道⑧ | トップページ | 自宅サロン ののはなへの道⑩ »