« 木・土・日の営業終了時間の変更です。 | トップページ | 自宅サロン ののはなへの道⑧ »

2010年10月17日 (日)

自宅サロン ののはなへの道⑦

『そして、砥上になりました。①』の巻。

Yamayama

↑サロンに飾っている、父が描いた日光の山々。幼い頃から当たり前のように眺めていた、日光の美しい山々を忘れたくなくて、父にリクエストして描いてもらいました。父は画家ではありませんが、ライフワークとして、ずっーと絵を描いています。私も、昔は絵心が多少はあったんですけどね。今ではすっかり・・・、ヒドイもんです(苦笑)

 

 ワケあって、一度契約した物件をキャンセルし、一から物件探しをスタートするコトになった、ワタクシ。

(→前回までの内容は、コチラから。)

 

 引越しまでは、ちょうどきっかり2週間。

その頃の私の心情は、この2週間で、サロンにふさわしい物件と巡り逢えたら、それはそれはラッキー!!という感じで、半分、いや、8割方は引越しを延ばして、腰を据えてゆっくり探そうと思っていました。

だって、なんたって、2週間ですから(苦笑)

 

 ひとまず、PCの前に座り、ひたすら物件の検索です。

そのときのノートに書いていた、希望していた条件が↓です。

 ①鶴田~戸祭、鹿沼街道~大谷街道間、環状線内側エリア

 ②バス通り

 ③低層マンション

 ④駐車場2台付き

 ⑤2LDK~3DK

階数とお家賃に関しては内緒ですけど、もちろん、条件にちゃんと含まれてます。

 

 この条件で検索していったところ、物件自体はまぁまぁヒットしたのですが、サロンとして機能するという点でNGな物件が、なんとまぁ、多いコト。。。

一番多かったのは、玄関開けたら、すぐキッチン。物件です。

以前にも書きましたが、自宅サロンですから、キッチンなどの水周りが一番生活感が出てしまうところ。

キッチンを隠しようがなくて、丸見えになってしまうような造りですと、正直、厳しいです。。。

 

 それと、今はオサレなカウンターキッチンが主流ですが、意外とコレがくせ者だったりするんですよね~。

賃貸物件ですと、窓部分を隠すのが大変ではなかろうかと。

さすがに、勝手にカーテンレールとか付けられないですよね(汗)

 

 だから、必然的にカウンターキッチンになっている物件をはぶいていくと、かなり限定されました(汗)

手元に残った物件の資料は、わずか、5件くらいだったでしょうか。。。

 

 そして、不動産屋さんの営業の方と実際に打ち合わせ出来たのが、2月13日。

この日は朝から雪が降っていまして、ものすごく寒い一日でした(涙)

自分で調べた物件の資料を持ち込み、その中から、営業さんのお見立てでたった2件に絞られてしまいました・・・。

(マンションだと、管理会社の審査が厳しいところもあり、鼻から商用NGそうなところは、更にはぶかれたのです汗)

 

 その中に、今現在、ののはなが自宅サロンとして契約している物件がありました。

正直、エリアとしてはちょっとだけ外れてしまっていたのですが、この辺までは範疇(はんちゅう)でした。

 

 というのも、私が以前からお世話になっている美容院が同じく砥上町内でして、こちらの店主さんから、砥上はなかなかいいよぉ~、と伺っていたのです。

正直、砥上は、宇都宮でも結構マイナーな地です。

宇都宮市民の方に「砥上」と言っても、「??」な反応が返ってくるコトって、よくあります(笑)

 

 それでも、砥上がイイ!という理由。

まず、治安がよい、というコト。

そして、大きな幹線道路が周りを走っているので、意外とアクセスがよい、というコト。

それから、道案内するのに、目印になる建物がたくさんある、というコト。

(例えば、東京インテリアとか、ユニクロとか、トイザらスとか、です。)

「砥上」と言って、ピンと来なくても、「鶴田の隣、鹿沼の手前」と言うと、大抵の方はわかってくれますしね。

 

 実は、美容院の店主さんから、隣の店舗物件が空いてるから、ここでやれば??とお声を掛けて頂いたりもしてたのです。

とっても人気のある美容院なので(←とにかく、店主さんの技術&信念が素晴らしいのです☆)、そのお隣で営業出来たら・・・、なぁ~んて、正直いやらしい考えが浮かんだりもしましたが(汗笑)、

やっぱり現実的に考えて、自宅サロンという選択肢が分相応だと、お断り致しました。

 

 で、話は戻りまして、砥上の物件と、街中の物件の2件を実際内見するコトに。

そんな簡単に条件に見合う物件が見つかるはずはない、というキモチと、一刻も早く見つかってくれ!というキモチが複雑に入り混じりながら、一つ目の物件に到着。

まずは、街中の物件からです。

 

 物件に足を踏み入れると、なんとなく天井が低いような、圧迫される感じがあって、中も多少暗いような。。。そんな印象を持ちました。

お隣さんとの音も、結構聞こえてしまいそうな予感。(←壁が薄そう。)

家賃はこちらの方がお安いのですが、何といいますか、家賃相応な気がしました。

直感的に、ここはないな、と感じたので、早めに退散。 

私のテンションの低さを、営業さんも感じ取ってくださったようです(笑)

 

 それに比べて、砥上の物件は天井も高く、開放感があって、その分明るく感じます。

一番気になっていたキッチン部分も、キッチリと隠せます!

新築ではないですが、外観も内観もとてもキレイ。

何よりも、環状線がすぐそばを走っているのに、ものすごく静かです。

私のテンションも、一気に上がります。

 

 ただ、収納スペースが少ないような。

ま、それはなんとかなるとして・・・、実は、家賃が希望より少しだけオーバーなのです。。。

家賃オーバーは、毎月のコトなので、やっぱり頭の痛いところです。

一旦上がったテンションも、やや落ち着きを取り戻しますが、それでも、この物件に惹かれる私がいます。

  

 しか~し、いくら気に入っても、前回の失敗がございます(汗)

ここは、冷静且つ沈着な元不動産屋勤務の心友Mちゃんを引き連れて、翌日、改めて内見させて頂くコトにしました。

なんたって、私をよく知る人たちからは、「あんたの目は節穴だ。」と言われているくらいですので(苦笑)

冷静にジャッジしてくれる心友が傍にいてくれるコトは、とても心強いです!

 

 というワケで、熱したキモチを一旦持ち帰り(笑)、私自身もクールダウンしてから、改めての内見です。

ま、いくら気に入ったとしても、“商用OK”かどうかの大きな壁が立ちはだかったいるのですが。

それに、なんたって、家賃オーバーしてますし。

 

 自宅サロンまでの道のりは・・・、まだまだ続きそうな気配です。

→つづく。

 

 ♪本日のBGM・・・斉藤和義/煮えきらない男(アルバム「Because」より)

|
|

« 木・土・日の営業終了時間の変更です。 | トップページ | 自宅サロン ののはなへの道⑧ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木・土・日の営業終了時間の変更です。 | トップページ | 自宅サロン ののはなへの道⑧ »