« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の8件の記事

2012年2月23日 (木)

3月の日光分室営業日。

今日の宇都宮は朝からしとしと雨模様。
雨音が心地よいこんな日は、私的な絶好のうたた寝日和でございます(笑)
(もちろん、仕事中なので寝ませんが。汗笑)

水分を含んだ大地から匂いが立ち上る、雨水(うすい)の頃。
今日の恵みの雨のおかげで、土の匂いをいっそう感じられるかもしれませんね。
ちょっと立ち止まって、深呼吸してみるのもよいかもしれませんよ~。


さて、早いもので、来週には3月に突入。
そして、3月の日光分室の営業日のお知らせです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日光分室

★日時:
3月4日(日)11:00-17:00
3月18日(日)11:00-17:00

・最終受付/15:00
・完全予約制/前日20時までご予約受付致します。

★場所/ハーブ茶屋 そっと・ぼーちぇ2階
日光東照宮への通り道にある、素敵な日本家屋の佇まいです。
Img_8352ss


普段は開放されていない、貴重な2階のスペースをお借りして、セッションを行っています。もちろん、そっと・ぼーちぇさんの美味しいハーブティー付きです♪
Img_8280ss

ご予約はののはなまで。
詳しくは、日光分室ページをご覧下さいませ。
PC版HPはコチラから。
携帯版HPはコチラから。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

実は、2月の日光は一年で一番寒い時期。
(私としては、その空気の冷たさが心地よかったりするのですが♪)
寒い季節をようやく通り過ぎ、少しずつ、春らしさを感じられるようになる頃の日光へ、是非いらしてくださいね。

皆様とお愛(逢い)できますことを、こころより楽しみにお待ちしております♪


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


先日、そっとぼーちぇさんでいただいた、季節のフレッシュフルーツティー とちおとめver.。
その日はなんだか足元が冷えびえとしていたので、店主の大藤さんにお願いして、紅茶→ハーブティーに変えていただきました。
いちごとハーブティーの素敵なハーモニー~♪
↓↓↓
Sottovoce

そして、とちおとめのなんと甘いこと!
甘みの中にも程よい酸味を感じて、ワタクシは感動を覚えました。大袈裟ではなく。
いちご食べて感動するなんて、いちごの国栃木に産まれ住んで、初めてだったかも!
大藤さん!ごちそう様でした。ありがとうございます♪

3月末までの限定メニューだそうなので、気になった方は、是非味わいに行かれてみてくださいね。


それでは、ご予約お待ちしております!
たくさんの愛と感謝を込めて☆


************************************************************
 こころとからだの和みサロン ののはな@栃木県宇都宮市砥上町

 ★毎月第1&第3日曜日は、日光分室営業日
 
PC版→http://nonohana8.com/nikko_bunshitsu.html
 携帯版→http://nonohana8.com/i/ireserve.html
 ★お客様からのお便り日記

| | コメント (0)
|

2012年2月22日 (水)

ののはなに野の花。

ののはなに「野の花」がやってきました。
白いお花がフランス小菊。ピンクのお花がクモマソウ。
↓↓↓
Harunohana

暦の上では春とはいっても、まだまだ寒い日が続いています。。。
(昨日今日と暖かい日が続いて、ちょっと寒さも小休止、という感じですね。)
でも、そんなときこそ、春を感じられるお花を!とにこぐささんから連れて帰って来ました。
どちらも蕾がたくさんあるので、これから本格的な春に向けて、どんどんお花が咲き誇るのかと思うと、ワクワクです。


ゴージャスなお花はそれはそれで素敵だけど、やっぱり、サロン名がののはなですから、野に咲く小さなお花がサロンの雰囲気にも合うよね~、と私的に思うワケです。
早速、リピーターのTさまも「可愛い♪」と反応してくださって、私も嬉しい。しあわせ♪

ちなみに、まん中のグリーンはオープン祝にと、リピーターのYさまからいただいたモノ。
いただいてから2年近く経つけど、元気に育ってますよ~。
ありがとうございます。


お店の外でしゃがみこんで、どの子を連れて帰ろうと「う~ん。」とうなっていた私に、やさしくお声を掛けてくださったスタッフさん!本当にありがとうございます♪
また季節のお花を買いに寄らせていただきますね。


にこぐさ
宇都宮市小幡2丁目6-16
tel/028-643-5113
営業時間/10:00-19:00
定休日/日曜日・第1&第3火曜日



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


今日はうお座の新月ですね。
今月もしっかりと、新月の祈りをいたしました☆

新月は何か新しいことを始めるのにも、とってもよいタイミングです。
私も改めて、自分で決めたことは最後までやり抜く!という小学生のような目標をしっかり胸に刻みました(笑)
というワケで、ここ最近は日記の更新がマメなのですよ~。


それでは、そろそろ、産婦人科のお仕事へ行ってまいります!
皆さまも引き続き、よい一日を~。
たくさんの愛と感謝を込めて☆


♪本日のBGM・・・大貫妙子/春の手紙(アルバム「palette」より)

************************************************************
 こころとからだの和みサロン ののはな@栃木県宇都宮市砥上町

 ★毎月第1&第3日曜日は、日光分室営業日
 
PC版→http://nonohana8.com/nikko_bunshitsu.html
 携帯版→http://nonohana8.com/i/ireserve.html
 ★お客様からのお便り日記

| | コメント (0)
|

2012年2月17日 (金)

科学界のインディ・ジョーンズ。

以前は深夜番組大好きっ子だったワタクシも、最近はめっきり観ることがなくなりました。
(目指せ!12時前就寝な生活を送ってますので。)

なんですが、たまたまの夜更かし時に観た番組「ナダールの穴」で、科学界のインディ・ジョーンズこと、生物学者の長沼毅先生が、とっても興味深いことをお話しされていました。

「私たちは、星屑からできている。」と。

要するに、生命の起源を辿っていくと、最初の最初はビックバンにより宇宙が誕生し、その爆発したときのチリ(星屑)が進化を遂げて、わたしたち人類に辿り着いた、というようなお話です。


チャクラセラピーを初めてお受けになられる方には、この生命の起源のお話を必ずさせていただいてます。
なんですが。
セラピストが「宇宙」とか言い出すと、聞く人によっては、若干宗教チックに聞こえてしまうような気がしないでもない(汗笑)

でも、こうして生命の起源を研究し続けている科学者の方がお話されると、なんだかすごく説得力がございます(笑)
私としては、大変ありがたいです。


まぁ、だから、「人類みな兄弟」というのも、うなずけますよね。
みんな、同じところ(星屑)から生まれてきたワケですから。

ちょっと苦手な相手も、電車の隣に座ったバーコードなおじさまも、みんなおんなじ。
そんな風に思えたら、愛おしく感じる・・・かもしれません(笑)


実は、「ナダールの穴」を観たのはその日で2度目で、その2回とも、長沼先生がゲストだったのでした!
偶然も偶然。すごい確率にビックリ。

やはり、何かを究めていらっしゃる方は、変態のニオイがしますね(笑)
あ、これ、私にとっての誉め言葉です!
早速、私のイケメンリストに入りました~(笑)

長沼先生のインタビュー記事をたまたま見つけたのですが、その変人っぷりの経緯もすごくおもしろいです。
→記事はコチラから。

記事を読んでいたら、先生の著書もいろいろ読んでみたくなりました。

14歳の生命論 ~生きることが好きになる生物学のはなし (tanQブックス) 14歳の生命論 ~生きることが好きになる生物学のはなし (tanQブックス)
長沼 毅

技術評論社 2011-11-08
売り上げランキング : 85725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しかし、学生時代のワタクシは、生物も科学も大の苦手でした(苦笑)
それが、今ではこんな風に興味津々なんて、なんだか不思議です。
やっぱり、その先には、「私たちはどこからきたのか?」という生命の起源を知りたい、という気持ちがあるからなのかな~。
学生時代もそんな風な観点で、授業してくれたら、もっと好きになったかもしれないな。。。

ま、でも、学びは年齢に関係なく、本気で知りたいと思ったときが学び時ですものね。
これからも、ワクワクしたり、楽しみながら、学びを深めていきたいです!


それでは、これから産婦人科のお仕事へ行ってまいります!
皆さまも引き続き、よい一日を~。
たくさんの愛と感謝を込めて☆


♪本日のBGM・・・キセル/ベガ(アルバム「近未来」より)

************************************************************
 こころとからだの和みサロン ののはな@栃木県宇都宮市砥上町

 ★毎月第1&第3日曜日は、日光分室営業日
 
PC版→http://nonohana8.com/nikko_bunshitsu.html
 携帯版→http://nonohana8.com/i/ireserve.html
 ★お客様からのお便り日記

| | コメント (0)
|

2012年2月15日 (水)

「深呼吸の必要。」

またまた、観たモノ日記です。

前々から観たかった、「深呼吸の必要。」
↓↓↓

深呼吸の必要 [DVD] 深呼吸の必要 [DVD]
長谷川康夫

バンダイビジュアル 2005-01-28
売り上げランキング : 40721

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先日から、このジャケ写がマントラのようにぐるぐると脳内ループ。
ちょうど近所にGEOもできたことだし、久々にレンタルというシステムを利用しました。
(ワタクシ、どうも、レンタルのシステムが苦手なのです。。。期日内に返さないといけない!というプレッシャーに負けそうになるので。汗)
しかし、入会金なし、旧作なら100円って、今はすごいコトになっちゃってるのですねー。ビックリしました。


舞台は、沖縄の離島。
そこに、都会からいろんな事情を抱えながら、さとうきびの収穫のアルバイト“きび刈り隊”として集まった、若者7人の物語。

ちなみに、それぞれの「いろんな事情」については、劇中ではほとんど触れません。
若い男女が集まったら、の、ありがちな恋愛話もありません。
ほぼ、ただただ黙々と、さとうきびを刈り続ける姿と食事のシーンで、物語は進んでいきます。

おまけに全体通して、台詞も少ないです。
長澤まさみちゃんなんて、ほとんど台詞がない役どころ(汗笑)
余計な演出は一切なし!な、言ってしまえば、地味な映画です。
ま、基本的に、映画も地味なのが好きなもので(笑)


7万本のさとうきびを、たった35日間で収穫するという、過酷な肉体労働の毎日。
その過酷さを癒してくれるのは、さとうきび畑を所有する、おじいとおばあ。
期日内に収穫できないと、おじいとおばあの生活に直結してしまうのですが、「なんくるないさ~。」と笑って、その深刻さを微塵も感じさせません。
途中で脱走してしまった二人に対しても、決して責めることなく、美味しい食事を用意して、笑顔で温かく迎えてくれます。
この辺りで、ワタクシの涙腺は崩壊(笑)
おじいの「ダメになったら、また最初からやり直せばいいさ~。」というような台詞が、なんとも、こころに沁みました。
こころを閉ざした長澤まさみちゃんとおばあとのやり取りにも、グッ!ときます。
南国の方の懐の深さ、真のオープンハートは、見習うことがいっぱいですね。
(このお二人、実際のご夫婦なのかと思うくらい、すんごく自然なのですが、ちゃんとした俳優さんでした。汗笑)


物語も後半になってくると、やっと、その“こと”の深刻さにみんなが気付いてきます。
最初はなんとなく、きびを刈っていたみんなが、なんとしても、収穫しなければ!という気持ちに変化していくのも、物語の見どころ。
バラバラだったみんなが、目標に向かって一つになり、表情も見違えるほど、たくましく、イキイキとしてくる姿は、演技とはいえ、とってもリアルです。
そのリアルさは、俳優さんたち全員が、あの広大なきび畑で、実際にきびを最後まで刈り取ったからゆえなんでしょうね。

終盤で、ずっとこころを閉ざしていた長澤まさみちゃんが、朝日に向かって、「一生懸命働いて、ぐっすり眠れば、朝が来るんだ。」と語るシーンがとっても印象的。
(ここまで、ほとんど台詞なしです。笑)
それってすごく当たり前のことだけど、生きるって、そんな風にシンプルなことなのかもしれませんね。


当たり前の毎日がどれだけありがたくって、本気になれば、やれないことなんて、何もないんだと、そんなことを改めて感じさせてくれる作品です。
そして、タイトル通り、ときには立ち止まって、深呼吸も必要!
「深呼吸すると、苦手なことでも楽しくなるよ。」という、主演の香里奈さんの台詞と、DVDのジャケに書かれていた「あたしで、いいんだ。」というフレーズが、物語の核になっています。

実は、私自身がちょっと深呼吸したかったので(汗笑)、よいタイミングで観ることができて、本当によかったです。オススメですよ。


と、完全ネタバレ日記ですね(汗)
なんとなく・・・、私がセラピーを行う上で大切にしていることとリンクしているなぁ、なんて思ったり。
で、テーマは違えど、立て続けに同じような内容の映画を観るって、まぁ、ホント、私自身がどうありたいかって、結局こういうことなんだな、と、なんだか納得。
(私の中で納得してるだけなので、伝わってなければ、それはそれでいいです。笑)

ちなみに、コチラの作品は、2004年に公開されたモノ。
ミスター・ハンサムこと、谷原章介さんも出演しているのですが、この頃が一番ハンサムだったな、と、どうでもよいことを思いながら鑑賞いたしました(笑)


こころのお洗濯には、やっぱり、映画っていいですね。
こころが潤って、しあわせ~。
顔晴る力をありがとうー!!
たくさんの愛と感謝を込めて☆


♪本日のBGM・・・Polaris/深呼吸


************************************************************
 こころとからだの和みサロン ののはな@栃木県宇都宮市砥上町

 ★毎月第1&第3日曜日は、日光分室営業日
 
PC版→http://nonohana8.com/nikko_bunshitsu.html
 携帯版→http://nonohana8.com/i/ireserve.html
 ★お客様からのお便り日記

| | コメント (0)
|

2012年2月12日 (日)

「ミツバチの羽音と地球の回転」と「エンディングノート」。

先月は珍しく、1週間に2本も映画を観るという、私的映画週間がございました。
(大体、映画館に映画観に行くのがこのとき以来、実に1年以上ぶりだった。汗)


まずは、以前にこの日記でも紹介した「ミツバチの羽音と地球の回転」。
Photo_3 

中国電力上関原発(山口県)の建設計画と向き合う、建設予定地の対岸に住む祝島の方たちのドキュメンタリー作品。
→公式サイトはコチラから。

そして、もう1作は「エンディングノート」。
ステージ4のガン宣告を受けた、段取り重視、元熱血営業マンのお父さんの「終活」から最期までを、実の娘さんが撮り続けたドキュメンタリー作品。
→公式サイトはコチラから。

2作品とも取り上げているテーマは異なりますが、どちらの作品からも「どう生きるか?」ということを問い掛けられているような、そんな秀作でした。


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


「ミツバチの羽音と地球の回転」は、私の地元・日光(今市地区)の公民館で自主上映会という形で上映されました。
ちょっと遅刻して入場したのですが(汗)、会場は空席がわずか、というくらい人でいっぱい!
意外にも、同世代の方の姿は少なく、ご年配の方がたくさん観に来られていました。

2時間強という長丁場に、途中眠気に襲われる、というハプニングもございましたが(汗)、
(ちょうど、スウェーデンのエネルギー事情を紹介しているあたりで。多分、北欧の美しい景色が私の眠気を誘ったのだと思う~。汗笑)
島民の方たちの、海と山、恵まれた自然環境の中で農業と漁業で生計を立てる生き方には、いろいろと考えさせられるものがありました。


映画の中で、電力会社の方が反対運動をする島民の方たちに向かい、拡声器で「第一次産業だけで暮らしていくことは、あなたたちにとってしあわせなのですか?」というような質問を投げ掛けます。
私からしたら・・・、祝島の方たちの暮らしはシンプルで豊かで、とてもしあわせそうに見えました。

例えば、山で無農薬の枇杷を育て、それを豚が餌とし、その豚が荒れた水田を耕し、そこで米を作る。
なんとも、美しい循環。
というより、これこそが、人間本来の在り方なんじゃないの?と思えました。
(そして、最終的には、働くって何??というところに行き着いてしまった。。。)


しあわせの基準は、人それぞれ。
「しあわせって、こういうものでしょ?」と、誰かに操作されて、決められるものではありません。
そんな、お互いの違いを認められたら、争いもなくなるのかもしれませんね。。。


祝島での反対運動については、原発事故より前から少し知ってはいました。
でも、この映画を通して、地元の方の豊かな暮らしと思いの上に、原発が建設されていた(されようとしている)のかということを初めて理解しました。
そして、こうして私は、ありがたくもその恩恵を受け取っているワケです。

今まで何一つ知ろうとしてこなかった自分が情けなくって、なんだか泣けてきました。。。
その無関心さが、今こうして目の前にしている世の中をつくってきたのだと思うから。
だからと言って、ただ嘆いているだけではしょーがありません。
事実を知った上で、自分が何を選択するか?なんだと思います。
周りがそうしているから、あの人がこう言ってるから、ではなく、自分の基準で。


「ミツバチの羽音と地球の回転」は、東日本大震災、そして原発事故から11ヵ月経った今、改めて、自分の生き方を見つめるきっかけとなりました。
自主上映を企画された、原発問題日光実行委員の皆さま、ありがとうございます。

それから、この日記でも肥田先生のことは何度か紹介してますが、3月3日(土)14時~、日光総合会館で講演会が開催されますよ。
→詳細はコチラから。

まずは知ることからの初めの一歩。
ご興味ある方は、是非足を運ばれてみてはいかがでしょうか?


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


そして、「エンディングノート」。
まだまだ、全国で絶賛上映中ですが、一部ネタバレございますので、ご了承くださいませ~。

誰もがいつかは迎える、自分自身の「死」。
その「死」に正面から向き合う、主人公である、お父さん(砂田知昭さん)。
「死」という一見重いテーマを題材にしているにも関わらず、サラリーマン時代からの段取り重視のお父さんに、アハハと笑ったり、泣いたり。
そこには、愛すべく、THE 日本のお父さん!の姿がありました。


とにかく、お父さんの笑顔がとっても人懐っこくて、観ているこちらも自然と笑顔になってしまうのです。
(ちなみに、若い頃のお父さんは私的イケメンでございました。笑)

死を目の前にしているというのに、どうしてそんなに元気に前向きでいられるのか。
その生命力には、主治医の先生も驚くほど。
そんな風にお父さんを突き動かす原動力は、「家族への無償の愛」に他ならないのだと感じました。


実の娘さんがカメラを回しているので、家族間のやり取りも大変リアルです。
お父さんが病床で、お母さんに対して初めて「愛してる。」と語り掛けると、
「あなたがこんなに優しい人だとは思っていなかった。もっと優しくすればよかった。ごめんね。。。」と泣きながら、お母さんが答える。
このシーンを観ながら、残された方がよっぽど後悔が残るし、夫婦や家族として長い時間一緒にいても、相手の一部しか見えていない(見せていない)んだなぁ、とそんなことをしみじみ思いました。

だからこそ、今目の前にしている人たちを、愛と思いやりをもって、大切にしたい。
私自身がこころをひらいて、相手をジャッジせず、人と関わっていきたい。
と、そんなことを思いました。


最後に読み上げられる、お父さんがつくった、愛に溢れるエンディングノート。
バックに流れるハナレグミの歌声が、これまた沁みました・・・。
エンディングロールが流れる中、ワタクシは自分のくしゃくしゃな泣き顔と高ぶった感情を落ち着けるのに必死でしたが(汗笑)、他の方たちも、誰一人立ち上がることはありませんでした。
(観客が7名ってこともあったと思うけど。汗笑)


私もお父さんのように、愛の人でありたい、と素直に思える、本当に素晴らしい作品でした!オススメです☆
(こういう映画がもっと評価されて、たくさんの人の目に触れるといいのになぁ~、とボソッと独り言。)


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


久しぶりに1週間に2本も映画を観て、私の映画魂に久々に火が着きました(笑)
まだまだ寒い日がつづきますので、今後も私的文化活動を続けて参りたいと思います!

今日も長文にお付き合いくださいまして、ありがとうございます♪
たくさんの愛と感謝を込めて☆


♪本日のBGM・・・キセル/ピクニック(アルバム「SUKIMA MUSICS」より)


************************************************************
 こころとからだの和みサロン ののはな@栃木県宇都宮市砥上町

 ★毎月第1&第3日曜日は、日光分室営業日
 
PC版→http://nonohana8.com/nikko_bunshitsu.html
 携帯版→http://nonohana8.com/i/ireserve.html
 ★お客様からのお便り日記

| | コメント (0)
|

2012年2月11日 (土)

原点回帰。その2。

前回のつづき日記です。
Kobutatokortori

これまた、先日の話。
実家の母から、「リフレの社長さんが、久しぶりにテレビ出てるよ~。」との電話が。
急いでチャンネルを回すと、あら、ホント。相変わらずのパワフルな姿を見せてくださってました(笑)

サロンで働いていたときはいろいろ思うこともあったけど、今も第一線でバリバリ活躍されている姿には、スゴイなぁ~、と素直に思えずにはいられません。
リフレクソロジーがここまで世の中に浸透したのも、やっぱり、社長の存在があったからこそだと、私は思っていますので。
なんたって、社長は「英国式リフレクソロジー」の産みの親なのです。
(と、こんなコト書いておきながら、過酷なサロン勤務時代、陰では「ケイコ(藤田桂子社長)」と呼んでいたのは内緒です。笑)


そういえば・・・、私も13年前にこんな風に、テレビの情報番組を通して、リフレクソロジーの学校の存在を知ったのだったっけ。
栃木の片田舎に住んでいた私は、世の中にこんな職業、(足ツボとは異なる)セラピーがあるってことをそのとき初めて知って、衝撃を受けました。
もちろん近くにサロンなんてなかったですから、どんな技術なのかを知りたくて、わざわざ御茶ノ水の直営店にリフレを受けに行ったのでした。
う~ん、情熱。

そうか、そうか、あれから13年も経つんだね~。干支が1周しちゃったね~(笑)
そして、私はこうして今も、リフレのお仕事を続けているんだね。
自分のことではあるけれど、時の流れの速さにビックリするし、なんだかんだあっても、こうしてお仕事として成り立っていることには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。


ここのところ、続けて、シンプルなリフレクソロジーをお受けになられるお客様がいらっしゃいました。
ワタクシ、ここ最近の世の中の流れなどを見るうちに、今時リフレクソロジーサロンて、そんなに需要があるのかな。。。とか、疑心暗鬼になっていまして・・・。
そんなときの、シンプルリフレでのお客様。
広い世の中から見たら、確かにニーズは大きくないかもしれないけれど、こうして必要としてくださる方もいる。
そもそも・・・、私はどこを目指しているの??

確かに、リフレクソロジーはとってもシンプルな手技だけど、実はその地味さ加減は、(地味顔で素朴な)私に向いていると思ってます(笑)
(そして、シンプルゆえに、いろんなセラピーとの相性も◎(・∀・)イイ!)
地味は「慈味」でもあると思うんですよね。

足裏という小さな世界は、からだのほんの一部だけれども、そこにどんな意思を乗せて触れるかで、こころやからだに伝わっていくものも全然変わってくる。
リフレを学んだ方が口を揃えて言うのは、「足って、全身触れられるのとは違う気持ちよさがなんだかあるんだよね~。」と。
特に頭でグルグル考えやすい私は、足をじっくり触れてもらうと、意識がフッと足元に下りて、そこから穏やか~な時間が流れていくのです。
きっとそこが、私がリフレクソロジーに魅せられたエッセンスの一つでもある。
そうだよ、そうだよ、リフレって素晴らしい手技じゃない!
看板メニューに自信持てなくて、どうすんのよ!私のバカ~!!


さらに、産婦人科のお仕事でのこと。
トリートメント後に、「いいお仕事ですよね。人をしあわせな気持ちにするって。」と、産後のママからいただいた一言でハッ!としました。

不安やら、恐れやら、焦りやらを抱え込んでしまっている、今現在の私は、胸を張って、諸手を挙げて、「しあわせです!!」と断言できるような状態では決してない。。。
セラピスト自身が今の自分をしあわせに観じ(感じ)られなかったら、目の前の方を大切にすることなんてできないじゃない!
大体・・・、そんなサロンに誰が行きたいって言うのよ。
あ~、もう、バカバカ~!!(笑)


で、なんだか一気に目が覚めました。

私はもう十分にしあわせだし、満たされている。
生活していけるだろうか?と不安になることもあるけれど、実際に毎月ちゃんと家賃も払えて、美味しいごはんも食べられている。
しかも、それは好きなことで得た報酬で。
それだけで、十分にありがたいし、しあわせじゃない。

物質的に豊かになることはもうとっくに望んでいないけれど、でも、やっぱりまだどこかでそこに執着していたんだなぁ~。
と、改めて気付かされました。あはは~。


そして、意外とね、情報に操作されやすいんですよ、私って。
放射能のことも、右から左へ流れる情報の中で、何を選択してよいのか、ちょっと迷走してしまっていたみたいです。。。

何と言いますか、もう少し肩の力を抜いて放射能と向き合っていこうと思います。
だって、関東に住み続けるのなら、この先ずっーと、お付き合いが続くのですから。
もちろん、自分にできることはこれからも続けていくんですけど、あんまり深刻に、ストイックになり過ぎると、途中で息切れしてしまいますからね。。。

やっぱり、肥田先生がおっしゃられているように、自然に寄り添って、人間らしい生活を送る、ということが一番なのかな~、と私は思っています。


なんとなく・・・、ご縁あって、サロンにいらっしゃるお客様やここを覗いてくださる方の健康を守るために、(放射能のことを)私が伝えなきゃ!!という勝手な使命感のようなモノを感じてました。。。
でも、何と言いますか、人には役割というものがあると思います。
伝えたり、発信することもすごく大切だけど、私の使命は、お越しいただいた方がご自身を大切に感じていただけるようなトリートメントをご提供していくこと。
そして、これからの時代を生き抜いていくためにも、免疫力を高めていくお手伝いをさせていただくこと。
そのために今自分に出来ることを、コツコツとやっていこうと思います!


し、しかし。
同じような内容の迷走日記を随分と書き連ねてしまいました(汗)
(金、金言っちゃって、お恥ずかしい限りです。汗汗)
いやはや、なんだか頼りない店主でスミマセン。。。
でも、そんな私だからこそ、お越しいただいた方の不安にも寄り添えるのかな、とも思ったりしてます。
こんな私に想いを寄せて、足を運んでくださる皆さまには、本当にこころより感謝しております☆
そして、これからも、お付き合いいただけたら、嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!

いろいろと不安になることも多い世の中だけど・・・、
だからこそ、自分の中の光を信じて、一日一日を精一杯生きていきたいと、そんな風に想っています。
そうそう。自分探しなんかしなくたって、自分の好きなことを思い出せば、それでいいのだ。
原点回帰、ですよ♪


最後に、私のグダグダ具合に付き合ってくれた、タピボラン姉さーん!!いつも、本当にありがとう(嬉涙)
こうして、私を理解して、愛してくれる人がいるということは、本当にしあわせです。
今は自分自身に胸張って、しあわせー!!と言ってあげられます。
これからも、地味(慈味)に地道に、しあわせの種を蒔き続けさせていただきます(  ̄^ ̄)ゞ

そして、ここまでお読みくださった皆さま!
長文にお付き合いくださいまして、ありがとうございます♪
たくさんの愛と感謝を込めて☆


♪本日のBGM・・・フィッシュマンズ/頼りない天使


************************************************************
 こころとからだの和みサロン ののはな@栃木県宇都宮市砥上町

 ★毎月第1&第3日曜日は、日光分室営業日
 
PC版→http://nonohana8.com/nikko_bunshitsu.html
 携帯版→http://nonohana8.com/i/ireserve.html
 ★お客様からのお便り日記

| | コメント (0)
|

2012年2月 9日 (木)

原点回帰。その1。

先日、急にポコッと時間が空いたので、以前から気になっていた、下野市の日本茶カフェ 茶's cafeさんに足を運んで来ました。

ワタクシ、日本茶好きが高じて、何年か前に日本茶アドバイザーなる資格を取得しました。
と言っても、今はただ取っただけの資格になってますが(汗)
→そのときの記事はコチラから。


そもそも私が資格を取ろうと思ったきっかけは、下北沢にある喫茶つきまささんの店主さんの存在。
以前の店構えだった頃、その素朴な雰囲気の中でいただく美味しいお茶に、日々の慌しさも忘れ、ホッとこころ和んだものでした。
とにかく!店主さんの立ち居振る舞いが自然でとっても美しく、あんな風に美味しい日本茶をサラッと美しく淹れることができたら素敵だな、と思ったからなのでした。

栃木に戻って来て、なかなかつきまささんに足を運ぶことが難しくなり、そんな中で茶's cafeさん(以前は1'PLATEさんとして営業されてました。)の存在を知り、ずっと行きたいと思いつつ、なかなかその機会を持てませんでした。


一度、日本茶インストラクター協会の会員の方たちが集まっての、茶's cafeさんでのお茶会があったのですが、ワタクシ、仕事の都合でドタキャンしてしまいました。。。
(ちなみに、私は協会を抜けてしまいました(汗)アドバイザーとして、全く活動できないので。。。)
なので、今回足を運べたのは、やっとやっと念願叶って、という感じなのです。


会員のYさんから「店主さんが素敵だよ~☆」と、お伺いしていたのですが、お噂通りの素敵な女性でいらっしゃいました♪
ウィスパーボイスに癒される~。

いただいたのは、しょうがほうじ茶と抹茶のパウンドケーキ。
↓↓↓
Photo

濃厚なパウンドケーキに乗っていた、抹茶のクッキーがサク!ホロ!で、これまた絶品でした!
そして、ほうじ茶の味の深みに感動☆
今まで飲んできたほうじ茶と比べものにならないくらい、味も香りも濃くって、ビックリ!!
もちろん、お土産に買って帰って来ましたよ。
サロンでもお出ししますね~。

テーブルには、こんなかわいらしい、毛糸の急須のオブジェも。
↓↓↓
Photo_2

日本茶好きには、たまりませんな!!


帰り際に、店主さんと楽しくお話しする機会を持つことができました。
そしてちゃっかり、サロンのチラシも置かせていただき、宣伝もしてきました(笑)
店主の板橋さん!美味しい日本茶と温かいお心遣い、本当にありがとうございます♪


こちらでは、日本茶や抹茶の淹れ方の講座を単発でも受けることができます。
そう。ワタクシ、以前からずっと、抹茶の淹れ方教室をチェックしていたのです。
時間的に難しそうだと思っていたのですが(微妙に店休日が重なっている。汗)、お話したら、うまい具合に時間の都合が着けられそうなことが判明。

やっぱりね、こうやって自ら足を運んで動かないと、わからないこと、得られないことがあるってことですよ。


日々の生活に精一杯で、ついつい、自分がワクワクする気持ちを後回しにしてきた、私。
いつしか楽しむことより、ちゃんと生活していけるか、ということばっかりにベクトルが向いて、気持ちも内向きになり、すっかり出無精になっていた。。。
もう何回も書いてるけど、いや、ホント、お金との向き合い方、お金への不安や恐れを手放すことは、ずーっと課題なんですよ。

でも、そうやって、そこにずっと留まっていても、な~んにも変わらない。
もちろん、それでもよいのですが、私はそれを望んでいるワケではないので・・・。

それと・・・、原発事故以降、自分の気持ちもキューッ。と縮こまっていたんだなぁ~、と妙に実感しました。。。
知らず知らずに、日々を楽しむことに制限を掛けていたと言いますか。
今までも、自分にできること(放射能対策)をしてきたつもりですが、それでも、なんとなく不安な気持ちがずっと続いていたんですね。。。
大好きな日本茶をいただいて、ホッと一息ついたら、そんなことにふと気付かされました。


やっぱり、自分を見つめる時間は必要だし、とっても大切。
私は日本茶が好き!という原点に立ち返ったら、そんなことが改めて見えてきました。

そう、ここ最近の私は、原点回帰というキーワードをめちゃくちゃ受け取っているのです。
というワケで、まだ続きがありますので、2回に分けて書こうと思います。
いつもイチイチ長くって、スミマセン(汗)


その日の最後に、これまた大好きな和雑貨屋のさんで、湯呑み茶碗を購入して帰りました。
もちろん、サロン用です~。
↓↓↓
Photo_3

ホントは蕎麦猪口(ちょこ)なんですが、湯呑みとしても利用できるとのこと。
九州地方の焼き物で、ことりの絵柄がキュートです♪
あ、誰も気付いてないと思いますが、ウチのサロン、コブタだけでなく、ことりモチーフの雑貨も密かに散りばめられてるんですよ。
なんたって、サロンのロゴにことりちゃんがいるくらいですから!

こちらでも、ののはなのチラシを手に取っていただけます。
(露さんからのご来店率は何気に高いのです!なので、ご自宅に同じ雑貨がある方率も高しです。笑)
可愛らしいスタッフさん!いつもありがとうございます♪


私の原点回帰の旅は、まだ続きます。
もう少し、お付き合いくださいね。
ここまでお読みくださって、ありがとうございます!
たくさんの愛と感謝を込めて☆


茶's cafe

下野市小金井1-27-8
Tel/0285-44-7888
営業時間/13:00-18:00
定休日/火曜・水曜


宇都宮市西川田71-5
Tel/028-684-6121
営業時間/12:00-21:00
定休日/火曜・水曜


♪本日のBGM・・・キセル/柔らかな丘(アルバム「SUKIMA MUSICS」より)


************************************************************
 こころとからだの和みサロン ののはな@栃木県宇都宮市砥上町

 ★毎月第1&第3日曜日は、日光分室営業日
 
PC版→http://nonohana8.com/nikko_bunshitsu.html
 携帯版→http://nonohana8.com/i/ireserve.html
 ★お客様からのお便り日記

| | コメント (0)
|

2012年2月 4日 (土)

デコルテ&ヘッド→ヘッドリフレ50に名称変更いたしました。

HPでは既にお知らせ済みですが、秋から導入した新メニュー「デコルテ&ヘッド」の名称を「ヘッドリフレ50」に変更いたしました。
内容は全くもって、変わっていません。
名称のみの変更です。ややこしくって、スミマセン。。。
→ヘッドリフレ50の内容はコチラから。


思うことあって、HPを修正しているうちに、なんとなく・・・、デコルテのオイルマッサージにヘッドリフレをプラスした新メニュー、より、
既存メニューのヘッドリフレにデコルテのオイルマッサージがプラスになった、という考え方の方がシンプルだし、伝わりやすいかと、ふと思いましたもので。

メニューのネーミングセンスが残念な自分に、少々ガッカリ気味(;´д`)トホホ…


そして、和みのセットメニューにも、コース名を付けてみました。
ボディ&リフレ60→れんげ
フェイシャル&リフレ90→すみれ
ヘッド&リフレ90(旧デコルテ&リフレ90)→なずな
ボディ&リフレ90→あやめ

→セットメニューの内容はコチラから。

サロン名がののはなですから、せっかくなので、野の花の名前から付けました。
皆さんもパッと頭に浮かぶような馴染みのある、可愛らしい名前の野の花たちです。
この可愛らしい野の花のように、ののはなのトリートメントも可愛がっていただけたら、嬉しいです♪


何気に、野の花って、可愛らしさゼロ、みたいな名前も多いです。
例えば、へくそかずらとか。
名前に「へ、くそ」って付いてますが、その名のごとく、超臭いらしい(^-^;
私も実際に観たことありますが、花自体はとっても可愛いんですけどね。
チキンハートゆえに、その臭さをこの鼻で確認する勇気はございませんでした。。。


ちなみに、野の花の名前を選ぶのに参考にした本はこの2冊。
↓↓↓

にほんのいきもの暦 にほんのいきもの暦
日本生態系協会 ECO-JAPAN=

アノニマスタジオ 2008-12
売り上げランキング : 305390

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

草手帖 草手帖
かわしま よう子

ポプラ社 2008-03
売り上げランキング : 440328

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

かわしまさんの「草手帖」はこの日記でも何度か紹介している、私の雑草バイブルです。
そして、「にほんのいきもの暦」も、私にとっては同じようは位置付け。
ページを開くと、日本の昔ながらの原風景がそこかしこに写し出されています。
読み返しているうちに、何度も何度も懐かしい気持ちがこみ上げてきて、胸の奥をギュッと掴まれるような、そんな感覚になってしまいます。
(ここに還りたい、と、私の魂が訴えているような感覚。。。なのかな。)
日本て、本当に美しい自然に恵まれた土地なのだと再確認できる、素晴らしい一冊ですよ。


そして、最後に。
妊婦さん向けのトリートメントメニューに、首肩ケア(オプション)を新しく追加いたしました!
→マタニティ首肩ケアの内容はコチラから。

せっかくデコルテのオイルマッサージをメニューに加えたのですから、妊婦さんへも還元させていただきたく思います!
何かとお辛い時期に、少しでもお疲れが緩和されますように☆


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


昨日は節分。そして、今日は立春。
暦の上では、もう春です。
気温はまだまだ冬本番ですが、陽射しは春そのものですね。

なんとなく・・・、先日の旧暦の元旦から、ずっとぼんやりしていた自分の方向性が、くっきりと輪郭を帯びてきたような感覚があります。

・・・まだまだ悩み多きお年頃です(苦笑)
でも今は、こんな風に揺れることも、自分の成長の糧になっていくのだな、と思えるから、たとえゆらゆら揺れたとしても、不安でいっぱいで苦しくなることはなくなりました。

この肉体をもって、酸いも甘いも経験させていただけることに、ただただ感謝。
自分を許して、もっともっと、こころ豊かに、しあわせに生きていきたい!と想う、今日この頃です。


************************************************************
 こころとからだの和みサロン ののはな@栃木県宇都宮市砥上町

 ★毎月第1&第3日曜日は、日光分室営業日
 
PC版→http://nonohana8.com/nikko_bunshitsu.html
 携帯版→http://nonohana8.com/i/ireserve.html
 ★お客様からのお便り日記

| | コメント (0)
|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »