« 原点回帰。その1。 | トップページ | 「ミツバチの羽音と地球の回転」と「エンディングノート」。 »

2012年2月11日 (土)

原点回帰。その2。

前回のつづき日記です。
Kobutatokortori

これまた、先日の話。
実家の母から、「リフレの社長さんが、久しぶりにテレビ出てるよ~。」との電話が。
急いでチャンネルを回すと、あら、ホント。相変わらずのパワフルな姿を見せてくださってました(笑)

サロンで働いていたときはいろいろ思うこともあったけど、今も第一線でバリバリ活躍されている姿には、スゴイなぁ~、と素直に思えずにはいられません。
リフレクソロジーがここまで世の中に浸透したのも、やっぱり、社長の存在があったからこそだと、私は思っていますので。
なんたって、社長は「英国式リフレクソロジー」の産みの親なのです。
(と、こんなコト書いておきながら、過酷なサロン勤務時代、陰では「ケイコ(藤田桂子社長)」と呼んでいたのは内緒です。笑)


そういえば・・・、私も13年前にこんな風に、テレビの情報番組を通して、リフレクソロジーの学校の存在を知ったのだったっけ。
栃木の片田舎に住んでいた私は、世の中にこんな職業、(足ツボとは異なる)セラピーがあるってことをそのとき初めて知って、衝撃を受けました。
もちろん近くにサロンなんてなかったですから、どんな技術なのかを知りたくて、わざわざ御茶ノ水の直営店にリフレを受けに行ったのでした。
う~ん、情熱。

そうか、そうか、あれから13年も経つんだね~。干支が1周しちゃったね~(笑)
そして、私はこうして今も、リフレのお仕事を続けているんだね。
自分のことではあるけれど、時の流れの速さにビックリするし、なんだかんだあっても、こうしてお仕事として成り立っていることには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。


ここのところ、続けて、シンプルなリフレクソロジーをお受けになられるお客様がいらっしゃいました。
ワタクシ、ここ最近の世の中の流れなどを見るうちに、今時リフレクソロジーサロンて、そんなに需要があるのかな。。。とか、疑心暗鬼になっていまして・・・。
そんなときの、シンプルリフレでのお客様。
広い世の中から見たら、確かにニーズは大きくないかもしれないけれど、こうして必要としてくださる方もいる。
そもそも・・・、私はどこを目指しているの??

確かに、リフレクソロジーはとってもシンプルな手技だけど、実はその地味さ加減は、(地味顔で素朴な)私に向いていると思ってます(笑)
(そして、シンプルゆえに、いろんなセラピーとの相性も◎(・∀・)イイ!)
地味は「慈味」でもあると思うんですよね。

足裏という小さな世界は、からだのほんの一部だけれども、そこにどんな意思を乗せて触れるかで、こころやからだに伝わっていくものも全然変わってくる。
リフレを学んだ方が口を揃えて言うのは、「足って、全身触れられるのとは違う気持ちよさがなんだかあるんだよね~。」と。
特に頭でグルグル考えやすい私は、足をじっくり触れてもらうと、意識がフッと足元に下りて、そこから穏やか~な時間が流れていくのです。
きっとそこが、私がリフレクソロジーに魅せられたエッセンスの一つでもある。
そうだよ、そうだよ、リフレって素晴らしい手技じゃない!
看板メニューに自信持てなくて、どうすんのよ!私のバカ~!!


さらに、産婦人科のお仕事でのこと。
トリートメント後に、「いいお仕事ですよね。人をしあわせな気持ちにするって。」と、産後のママからいただいた一言でハッ!としました。

不安やら、恐れやら、焦りやらを抱え込んでしまっている、今現在の私は、胸を張って、諸手を挙げて、「しあわせです!!」と断言できるような状態では決してない。。。
セラピスト自身が今の自分をしあわせに観じ(感じ)られなかったら、目の前の方を大切にすることなんてできないじゃない!
大体・・・、そんなサロンに誰が行きたいって言うのよ。
あ~、もう、バカバカ~!!(笑)


で、なんだか一気に目が覚めました。

私はもう十分にしあわせだし、満たされている。
生活していけるだろうか?と不安になることもあるけれど、実際に毎月ちゃんと家賃も払えて、美味しいごはんも食べられている。
しかも、それは好きなことで得た報酬で。
それだけで、十分にありがたいし、しあわせじゃない。

物質的に豊かになることはもうとっくに望んでいないけれど、でも、やっぱりまだどこかでそこに執着していたんだなぁ~。
と、改めて気付かされました。あはは~。


そして、意外とね、情報に操作されやすいんですよ、私って。
放射能のことも、右から左へ流れる情報の中で、何を選択してよいのか、ちょっと迷走してしまっていたみたいです。。。

何と言いますか、もう少し肩の力を抜いて放射能と向き合っていこうと思います。
だって、関東に住み続けるのなら、この先ずっーと、お付き合いが続くのですから。
もちろん、自分にできることはこれからも続けていくんですけど、あんまり深刻に、ストイックになり過ぎると、途中で息切れしてしまいますからね。。。

やっぱり、肥田先生がおっしゃられているように、自然に寄り添って、人間らしい生活を送る、ということが一番なのかな~、と私は思っています。


なんとなく・・・、ご縁あって、サロンにいらっしゃるお客様やここを覗いてくださる方の健康を守るために、(放射能のことを)私が伝えなきゃ!!という勝手な使命感のようなモノを感じてました。。。
でも、何と言いますか、人には役割というものがあると思います。
伝えたり、発信することもすごく大切だけど、私の使命は、お越しいただいた方がご自身を大切に感じていただけるようなトリートメントをご提供していくこと。
そして、これからの時代を生き抜いていくためにも、免疫力を高めていくお手伝いをさせていただくこと。
そのために今自分に出来ることを、コツコツとやっていこうと思います!


し、しかし。
同じような内容の迷走日記を随分と書き連ねてしまいました(汗)
(金、金言っちゃって、お恥ずかしい限りです。汗汗)
いやはや、なんだか頼りない店主でスミマセン。。。
でも、そんな私だからこそ、お越しいただいた方の不安にも寄り添えるのかな、とも思ったりしてます。
こんな私に想いを寄せて、足を運んでくださる皆さまには、本当にこころより感謝しております☆
そして、これからも、お付き合いいただけたら、嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!

いろいろと不安になることも多い世の中だけど・・・、
だからこそ、自分の中の光を信じて、一日一日を精一杯生きていきたいと、そんな風に想っています。
そうそう。自分探しなんかしなくたって、自分の好きなことを思い出せば、それでいいのだ。
原点回帰、ですよ♪


最後に、私のグダグダ具合に付き合ってくれた、タピボラン姉さーん!!いつも、本当にありがとう(嬉涙)
こうして、私を理解して、愛してくれる人がいるということは、本当にしあわせです。
今は自分自身に胸張って、しあわせー!!と言ってあげられます。
これからも、地味(慈味)に地道に、しあわせの種を蒔き続けさせていただきます(  ̄^ ̄)ゞ

そして、ここまでお読みくださった皆さま!
長文にお付き合いくださいまして、ありがとうございます♪
たくさんの愛と感謝を込めて☆


♪本日のBGM・・・フィッシュマンズ/頼りない天使


************************************************************
 こころとからだの和みサロン ののはな@栃木県宇都宮市砥上町

 ★毎月第1&第3日曜日は、日光分室営業日
 
PC版→http://nonohana8.com/nikko_bunshitsu.html
 携帯版→http://nonohana8.com/i/ireserve.html
 ★お客様からのお便り日記

|
|

« 原点回帰。その1。 | トップページ | 「ミツバチの羽音と地球の回転」と「エンディングノート」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原点回帰。その1。 | トップページ | 「ミツバチの羽音と地球の回転」と「エンディングノート」。 »